病因・病態解析部門

2011年7月

2011年7月の記事一覧です。

業績

論文

|2018|2017|2016|2015|2014|2013|2012|2011| 2010| 2009| 2008| 2007| 2006| 2005| 2004| 2003| 2002

特許

受賞

学会発表、講演活動、研究費など

国際学会| 国内学会

講演
記事掲載
公的研究費
民間助成金

論文

2018

Sukari A, Nagasaka M, Abdallah N.
Responses in patients receiving sequential paclitaxel post progression on PD1 inhibitors.
Oral Oncol, 2018 in press. new

Nagasaka M, Gadgeel SM.
Role of chemotherapy and targeted therapy in early-stage non-small cell lung cancer.
Expert Rev Anticancer Ther, 18(1):63-70, 2018.new

Sato T, Coler-Reilly ALG, Yagishita N, Araya N, Inoue E, Furuta R, Watanabe T, Uchimaru K, Matsuoka M, Matsumoto N, Hasegawa Y, Yamano Y.
Mogamulizumab (Anti-CCR4) in HTLV-1-Associated Myelopathy.
N Engl J Med, 378(6):529-538, 2018.new

Shimizu J, Yamano Y, Yudoh K, Suzuki N.
Organ Involvement Pattern Suggests Subgroups within Relapsing Polychondritis.
Arthritis Rheumatol, 70(1):148-149, 2018.

2017

Sawada L, Nagano Y, Hasegawa A, Kanai H, Nogami K, Ito S, Sato T, Yamano Y, Tanaka Y, Masuda T, Kannagi M.
IL-10-mediated signals act as a switch for lymphoproliferation in Human T-cell leukemia virus type-1 infection by activating the STAT3 and IRF4 pathways.
PLOS Pathogen, 13(9):e1006597, 2017.

Kuramitsu M, Sekizuka T, Yamochi T, Firouzi S, Sato T, Umeki K, Sasaki D, Hasegawa H, Kubota R, Sobata R, Matsumoto C, Kaneko N, Momose H, Araki K, Saito M, Nosaka K, Utsunomiya A, Koh K, Ogata M, Uchimaru K, Iwanaga M, Sagara Y, Yamano Y, Okayama A, Miura K, Satake M, Saito S, Itabashi K, Yamaguchi K, Kuroda M, Watanabe T, Okuma K, and Hamaguchi I.
Proviral features of human T cell leukemia virus type 1 in carriers with indeterminate western blot analysis results.
Journal of Clinical Microbiology, 55(9):2838-2849, 2017.

Kawano N, Kuriyama T, Yoshida S, Kawano S, Yamano Y, Marutsuka K, Minato S, Yamashita K, Ochiai H, Shimoda K, Ishikawa F, Kikuchi I.
The Impact of a Humanized CCR4 Antibody (Mogamulizumab) on Patients with Aggressive-Type Adult T-Cell Leukemia-Lymphoma Treated with Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation.
J Clin Exp Hematop, 56(3):135-144, 2017.

Coler-Reilly ALG, Sato T, Matsuzaki T, Nakagawa M, Niino M, Nagai M, Nakamura T, Takenouchi N, Araya N, Yagishita N, Inoue E, Yamano Y.
Effectiveness of Daily Prednisolone to Slow Progression of Human T-Lymphotropic Virus Type 1-Associated Myelopathy/Tropical Spastic Paraparesis: A Multicenter Retrospective Cohort Study.
Neurotherapeutics, 14(4):1084-1094, 2017.

Terada Y, Kamoi K, Ohno-Matsui K, Miyata K, Yamano C, Coler-Reilly A, Yamano Y.
Treatment of rheumatoid arthritis with biologics may exacerbate HTLV-1-associated conditions: A case report.
Medicine (Baltimore), 96(6):e6021, 2017.

Willems L, Hasegawa H, Accolla R, Bangham C, Bazarbachi A, Bertazzoni U, Carneiro-Proietti AB, Cheng H, Chieco-Bianchi L, Ciminale V, Coelho-Dos-Reis J, Esparza J, Gallo RC, Gessain A, Gotuzzo E, Hall W, Harford J, Hermine O, Jacobson S, Macchi B, Macpherson C, Mahieux R, Matsuoka M, Murphy E, Peloponese JM, Simon V, Tagaya Y, Taylor GP, Watanabe T, Yamano Y. 
Reducing the global burden of HTLV-1 infection: An agenda for research and action. 
Antiviral Res, 137:41-48, 2017.

Yamano Y, Coler-Reilly A.
HTLV-1 induces a Th1-like state in CD4+ CCR4+ T cells that produces an inflammatory positive feedback loop via astrocytes in HAM/TSP.
Journal of Neuroimmunology, 304:51-55, 2017.

Yagishita N, Aratani S, Fujita H, Yamano Y, Nishioka K and Nakajima T.
Synoviolin is a Novel Pathogeniicc Factor of Arthropathy and Chronic Inflammattiion.
New Developments in the Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis, 123-135/162, INTECH, February 22, 2017.

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症に対するヒト化抗CCR4抗体療法開発の背景
神経治療学, 34(4)453-457, 2017.

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症.
CareNet希少疾病ライブラリ, 2017.

八木下尚子、 山野嘉久.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」によるリアルワールドデータの活用.
月刊PHARMSTAGE, 17(6):19-22, 2017.

八木下尚子、中島利博.
関節リウマチ発症因子 シノビオリン
アレルギーの臨床, 37(9):72-78, 2017.

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症の診断と治療.
日本内科学会雑誌, 106(7):1404-1409, 2017.

新谷奈津美、山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の分子病態と治療
血液内科, 74(3):373-379, 2017.

2016

Shimizu J, Oka H, Yamano Y, Yudoh K, Suzuki N. 
Cutaneous manifestations of patients with relapsing polychondritis: an association with extracutaneous complications. 
Clin Rheumatol, 35(3):781-783, 2016.

Fujita H, Aratani S, Fujii R, Yamano Y, Yagishita N, Araya N, Izumi T, Azakami K, Hasegawa D, Nishioka K, Nakajima T.
Mitochondrial ubiquitin ligase activator of NF-kB regulates NF-kB signaling in cells subjected to ER stress.
Int J Mol Med, 37(6):1611-8, 2016.

Coler-Reilly ALG, Yagishita N, Suzuki H, Sato T, Araya N, Inoue E, Takata A, Yamano Y. 
Nation-wide epidemiological study of Japanese patients with rare viral myelopathy using novel registration system (HAM-net).
Orphanet Journal of Rare Diseases, 11(1):69, 2016.

Terao C, Yoshifuji H, Yamano Y, Kojima H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Handa H, Ohmura K, Saji H, Mimori T, Matsuda F.
Genotyping of relapsing polychondritis identified novel susceptibility HLA alleles and distinct genetic characteristics from other rheumatic diseases.
Rheumatology, 55(9):1686-1692, 2016.

Yasuma K, Matsuzaki T, Yamano Y, Takashima H, Matsuoka M, Saito M.
HTLV-1 subgroups associated with the risk of HAM/TSP are related to viral and host gene expression in peripheral blood mononuclear cells, independent of the transactivation functions of the viral factors. 
J Neurovirol, 22(4):416-30, 2016.


八木下尚子、中島利博.
関節リウマチ発症因子シノビオリン.
アレルギーの臨床, 36(13):84-90,2016.

山野嘉久, 齋藤滋. 
HTLV-1.
産科と婦人科, 83(9):1021-1026, 2016. (2016年9月1日発行)

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症の病態に基づいた疾患修飾薬の開発.
Modern Physician, 36(7):682-687, 2016.

新谷奈津美、佐藤知雄、アリエラ・コラライリー、八木下尚子、山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の分子病態解明による治療薬開発の新展開.
Jpn J Clin Immunol, 39 (3):207-212, 2016.

八木下尚子、中島利博.
関節リウマチ発症因子シノビオリン.
別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患, 5(3):137-143, 2016.

山野嘉久.
HAMに対するヒト化CCR4抗体の医師主導治験.
臨床評価, 43(2):418-421, 2016.

山野嘉久.
痙性対麻痺(HAMを含む).
今日の治療指針2016、山口 徹、北原光夫 監修.P964-965、医学書院、東京、2016.

2015

Martin F, Inoue E, Cortese ICM, de Almeida Kruschewsky R, Adonis A, Grassi MFR, Galvao-Castro B, Jacobson S, Yamano Y, Taylor GP, Bland M.
Timed walk as primary outcome measure of treatment response in clinical trials for HTLV-1-associated myelopathy: a feasibility study.
Pilot and Feasibility Studies 2015, 1:35, 2015.

Yamauchi J, Coler-Reilly A, Sato T, Araya N, Yagishita N, Ando H,  Kunitomo Y, Takahashi K, Tanaka Y, Shibagaki Y, Nishioka K, Nakajima T, Hasegawa Y, Utsunomiya A, Kimura K, Yamano Y.
Mogamulizumab, an anti-CCR4 antibody, targets human T-lymphotropic virus type 1-infected CD8+ and CD4+ T cells to treat associated myelopathy.
J Infect Dis, 211(2):238-248, 2015.

Bangham C, Taylor G, Yamano Y, Araujo A.
HTLV-I-Associated Myelopathy/Tropical Spastic Paraparesis (HAM/TSP).
Nature Reviews Disease Primers, 1, 2015.

Yamano Y.
How does human T-lymphotropic virus type 1 cause central nervous system disease? The importance of cross-talk between infected T cells and astrocytes.
Clin Exp Neuroimmunol, 6(4):395-401, 2015.

Kuramitsu M, Okuma K, Yamochi T, Sato T, Sasaki D, Hasegawa H, Umeki K, Kubota R, Sobata R, Matsumoto C, Kaneko N, Naruse I, Yamagishi M, Nakashima M, Momose H, Araki K, Mizukami T, Mizusawa S, Okada Y, Ochiai M, Utsunomiya A, Koh KR, Ogata M, Nosaka K, Uchimaru K, Iwanaga M, Sagara Y, Yamano Y, Satake M, Okayama A, Mochizuki M, Izumo S, Saito S, Itabashi K, Kamihira S, Yamaguchi K, Watanabe T, Hamaguchi I.
Standardization of Quantitative PCR for Human T-cell Leukemia Virus Type 1 in Japan: A Collaborative Study.
J Clin Microbiol, 53(11):3485-3491, 2015.

Usuba A, Yamashiro T, Handa H, Matsuoka S, Yamano Y, Miyazawa T, Mineshita M.
Quantitative Computed Tomography Measurement of Tracheal Cross-Sectional Areas in Relapsing Polychondritis: Correlations with Spirometric Values.
Respiration, 90(6):468-473, 2015.

Ishihara M, Araya N, Sato T, Saichi N, Fujii R, Yamano Y, Sugano S, Ueda K.
A plasma diagnostic model of human T-cell leukemia virus-1 associated myelopathy.
Ann Clin Transl Neurol, 2(3):231-240, 2015.

Fujita H, Yagishita N, Aratani S, Saito-Fujita T, Morota S, Yamano Y, Hansson MJ, Inazu M, Kokuba H, Sudo K, Sato E, Kawahara KI, Nakajima F, Hasegawa D, Higuchi I, Sato T, Araya N, Usui C, Nishioka K, Nakatani Y, Maruyama I, Usui M, Hara N, Uchino H, Elmer E, Nishioka K, Nakajima T.
The E3 ligase synoviolin controls body weight and mitochondrial biogenesis through negative regulation of PGC-1β.
EMBO J, 34(8):1042-1055, 2015.

Usuba A, Handa H, Inoue T, Azagami S, Yamano Y, Mineshita M, Miyazawa T, Baumbach JI.
Breath analysis for relapsing polychondritis assessed by ion mobility spectrometry.
Int J Ion Mobil Spec, 18(3):177-183, 2015.

石塚賢治、山野嘉久、宇都宮與、内丸薫.
HTLV-1キャリア外来の実態調査.
臨床血液, 56(6):666-672, 2015.

山野嘉久. 
HTLV-1関連脊髄症(HAM)-分子病態解明による治療薬開発の新展開. 
医学のあゆみ, 255(5):485-490, 2015.

山野嘉久、新谷奈津美、八木下尚子、佐藤知雄. 
免疫性神経疾患-基礎・臨床研究の最新知見-. 
日本臨牀, 73(7):546-553, 2015.

山野嘉久.
日本初、希少難病HAMに対する革新的治療薬の開発.
ビオフィリア電子版, 4(2):43-49, 2015.

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM).
難病事典, 編集責任:尾崎承一, 2-5/511, 2015.

2014

Araya N, Sato T, Ando H, Tomaru U, Yoshida M, Coler-Reilly A, Yagishita N, Yamauchi J, Hasegawa A, Kannagi M, Hasegawa Y, Takahashi K, Kunitomo Y, Tanaka Y, Nakajima T, Nishioka K, Utsunomiya A, Jacobson S, Yamano Y.
HTLV-1 induces a Th1-like state in CD4+CCR4+ T cells.
J Clin Invest, 124(8):3431-3442, 2014.

Coler-Reilly A, Ando H, Yamano Y.
Positive feedback loop via astrocytes causes chronic inflammation in human T lymphotropic virus type 1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis.
Clin Exp Neuroimmunol, 5(108-109),2014. 

Wu T, Zhao F, Gao B, Tan C, Yagishita N, Nakajima T, Wong PK, Chapman E, Fang D, Zhang DD.
Hrd1 suppresses Nrf2-mediated cellular protection during liver cirrhosis.
Genes Dev, 28(7):708-22, 2014.

Sato T., Yamano Y., Tomaru U., Shimizu Y., Ando H., Okazaki T,. Nagafuchi H., Shimizu J., Ozaki S., Miyazawa T., Yudoh K., Oka H., Suzuki N.
Serum level of soluble triggering receptor expressed on myeloid cells-1 as a biomarker of disease activity in relapsing polychondritis.
Modern Rheumatology, 24(1): 129-136, 2014.  clip詳しくはコチラ

Suzuki N, Shimizu J, Oka H, Yamano Y, Yudoh K.
Neurological involvement of relapsing polychondritis in Japan: An epidemiological study.
Inflammation and Regeneration, 34(4):206-208, 2014.

Kawamata T, Ohno N, Sato K, Kobayashi M, Jo N, Yuji K, Tanosaki R, Yamano Y, Tojo A, Uchimaru K.
A case of post-transplant adult T-cell leukemia/lymphoma presenting myelopathy similar to but distinct from human T-cell leukemia virus type I (HTLV- I)-associated myelopathy.
SpringerPlus, 3:581, 2014.

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM).
別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ 神経症候群(第2版), 30:153-156, 2014.

山野嘉久.
HTLV-1の神経障害.
内科, 113(6):1431, 2014.

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の分子病態に基づく治療戦略.
細胞, 46(6):258-261, 2014.

山野嘉久.
ヒト細胞白血病ウイルスⅠ型関連脊髄症.
神経関連感染症 最新医学 別冊, 200-205,最新医学社, 2014.

新谷奈津美、山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)に対する分子標的治療薬開発の現状と将来.
血液内科, 68(1)30-35,  2014.

山野嘉久.
希少な慢性進行性の神経難病HAMにおける治療有効性評価モデルの探索. 
臨床評価 別冊, 41(3):504-508, 2014.

半田寛, 薄場彩乃, 岡本真理子, 井上哲兵, 延山誠一, 井上健男, 峯下昌道, 山野嘉久, 宮澤輝臣.
気道病変を有する再発性多発軟骨炎に対するチオトロピウムの効果.
聖マリアンナ医科大学雑誌 , 41(4):315-321, 2014.

2013

Ando H., Sato T., Tomaru U., Yoshida M., Utsunomiya A., Yamauchi J., Araya N., Yagishita N., Coler-Reilly A., Shimizu Y., Yudoh K., Hasegawa Y., Nishioka K., Nakajima T., Jacobson S., Yamano Y.
Positive feedback loop via astrocytes causes chronic inflammation in virus-associated myelopathy.
Brain, 136(Pt 9):2876-87, 2013. clip詳しくはコチラ

Sato T., Coler-Reilly A., Utsunomiya A., Araya N., Yagishita N., Ando H., Yamauchi J., Inoue E., Ueno T., Hasegawa Y., Nishioka K., Nakajima T., Jacobson S., Izumo S., Yamano Y.
CSF CXCL10, CXCL9, and Neopterin as Candidate Prognostic Biomarkers for HTLV-1-Associated Myelopathy/Tropical Spastic Paraparesis.
PLoS Negl Trop Dis, 7(10): e2479, 2013.

Ishihara M., Araya N., Sato T., Tatsuguchi A., Saichi N., Utsunomiya A., Nakamura Y., Nakagawa H., Yamano Y., Ueda K.
Preapoptotic protease calpain-2 is frequently suppressed in adult T-cell leukemia.
Blood, 121(21): 4340-4347, 2013. clip詳しくはコチラ

Tamai Y., Hasegawa A., Takamori A., Sasada A., Tanosaki R. Choi I., Utsunomiya A., Maeda Y., Yamano Y., Eto T., Koh K., Nakamae H., Suehiro Y., Kato K., Takemoto S., Okamura J., Uike N., Kannagi M.
Potential contribution of a novel Tax epitope-specific CD4+ T cells to graftversus-Tax effects in adult T-cell leukemia patients after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.
Journal of Immunology, 190(8):4382-4392, 2013. clip詳しくはコチラ

Grassi MF, Olavarria VN, Kruschewsky Rde A, Silva MT, Yamano Y, Jacobson S, Taylor GP, Martin F, Galvão-Castro B.
Utility of HTLV proviral load quantification in diagnosis of HTLV-1-associated myelopathy requires international standardisation.
J Clin Virol, 58(3): 584-6, 2013.

Usui C, Hatta K, Aratani S, Yagishita N, Nishioka K, Okamura S, Itoh K, Yamano Y, Nakamura H, Asukai N, Nakajima T, Nishioka K.
Vulnerability to traumatic stress in fibromyalgia patients: 19 month follow-up after the great East Japan disaster.
Arthritis Res  Ther, 15(5):R130, 2013.

Usui C, Hatta K, Aratani S, Yagishita N, Nishioka K, Kanazawa T, Itoh K, Yamano Y, Nakamura H, Nakajima T, Nishioka K.
The Japanese version of the modified ACR Preliminary Diagnostic Criteria for Fibromyalgia and the Fibromyalgia Symptom Scale: reliability and validity.
Mod Rheumatol. 23(5):846-850, 2013. 

宇都宮與, 山野嘉久.
慢性型ATLの自然寛解後にHTLV-1関連脊髄症を発症した症例.
血液フロンティア, 23(3): 5(301)-10(306), 2013.

山内淳司、八木下尚子、安藤仁、佐藤知雄、新谷奈津美、Ariella, Coler-Reilly、今井直彦、中澤龍斗、佐々木秀郎、柴垣有吾、安田隆、力石辰也、木村健二郎、山野嘉久.
Human T-lymphotropic virus type 1感染者における腎移植の影響.
日本臨床腎移植学会雑誌,  1(1), 55-60, 2013.

山野嘉久、佐藤知雄、宇都宮與. 
白血病 非定型白血病および特殊型 HTLV-1関連脊髄症(HAM). 
別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ 血液症候群(第2版), 23(Ⅲ):195-199, 2013.

山野嘉久、他.
線維筋痛症診療ガイドライン2013
日本線維筋痛症学会編, 全219ページ, 日本医事新報社, 2013.

山野嘉久、佐藤知雄 
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の病態・治療とバイオマーカー
日本臨牀, 71(5):870-875, 2013.

山野嘉久
HAM(HTLV-1関連脊髄症)
すべての内科医が知っておきたい神経疾患の診かた、考え方とその対応, 279-281, 2013.

2012

Yamano Y., Sato T.
Clinical pathophysiology of human T-lymphotropic virus-type1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis
Front Microbiol  3(389):1-10, 2012.    clip詳しくはコチラ

Yagishita N., Aratani S., Leach C., Amano T., Yamano Y., Nakatani K., Nishioka K. and Nakajima T.
RING-finger type E3 ubiquitin ligase inhibitors as novel candidates for the treatment of rheumatoid arthritis.
Int. J. Mol. Med  30:1281-1286, 2012.     clip詳しくはコチラ

Usui C, Hatta K, Aratani S, Yagishita N, Nishioka K, Kanazawa T, Ito K, Yamano Y, Nakamura H, Nakajima T, Nishioka K.
The Japanese version of the 2010 American College of Rheumatology Preliminary Diagnostic Criteria for Fibromyalgia and the Fibromyalgia Symptom Scale: reliability and validity.
Mod Rheumatol  22(1):40-44, 2012.    clip詳しくはコチラ

山野嘉久、佐藤知雄、安藤仁、新谷奈津美、八木下尚子
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の治療法を確立していくために―その現状と展望―
日本臨牀  70(4):705-713, 2012. 

Fujii R, Komatsu R, Sato T, Yagishita N, Araya N, Aratani S, Nishikawa H, Yamano Y, Yudoh K, Beppu M, Nishioka K, Nakajima T.
Analysis of a Core Promoter Context of Synoviocyte Proliferation-Associated in Collagen Induced Arthritis 1 (SPACIA1) Gene Associated with Synovitis.
J St. Marianna Univ 2012; 40: 51-56, 2012.

〔症例報告〕
大石裕樹,安藤仁,高橋昌明,高濱宗一郎,喜安純一,南留美,石橋誠,山本政弘
エファビレンツ、テノホビル/エムトリシタビンを大量服用した症例の血中濃度推移について.
日本エイズ学会誌. 14(1), 42-45, 2012.

2011

Araya N, Sato T, yagishita N, Ando H, Utsunomiya A, Jacobson S, Yamano Y. 
Human T-Lymphotropic Virus Type 1 (HTLV-1) and Regulatory T Cells in HTLV-1-Associated Neuroinflammatory Disease.
Viruses 3:1532-1548, 2011.     clip詳しくはコチラ

Sato T, Fujii R, Konomi K, Yagishita N, Aratani S, Araya N, Aono H, Yudoh K, Suzuki N, Beppu M, Yamano Y, Nishioka K, Nakajima T. 
Overexpression of SPACIA1/SAAL1, a newly identified gene that is involved in synoviocyte proliferation, accelerates the progression of synovitis in mice and humans.
Arthritis Rheum  63 (12): 3833-3842, 2011.     clip詳しくはコチラ

Araya N, Takahashi K, Sato T, Nakamura T, Sawa C, Hasegawa D, Ando H, Aratani S, Yagishita N, Fujii R, Oka H, Nishioka K, Nakajima T, Mori N and Yamano Y.
Fucoidan therapy decreases the proviral load in patients with human T-lymphotropic virus type1-associated neurological disease.
Antivir Ther 16 (1): 89-98, 2011.

Sato T, Konomi K, Fujii R, Aono H, Aratani S, Yagishita N, Araya N, Yudoh K, Beppu M, Yamano Y, Nishioka K and Nakajima T.
Prostaglandin EP2 receptor signalling inhibits the expression of matrix metalloproteinase 13 in human osteoarthritic chondrocytes.
Ann Rheum Dis 70 (1): 221-226, 2011.     clip詳しくはコチラ

Sato T., Araya N., Yagishita N., Ando H., Yamano Y.
Host Immune System Abnormalities Among Patients with Human T-Lymphotropic Virus Type 1 (HTLV-1)- Associated Disorders.
T-Cell Leukemia 65-80/234, InTech, 2011, Oct.

Takamori A., Hasegawa A., Utsunomiya A., Maeda Y., Yamano Y., Masuda M., Shimizu Y., Tamai Y., Sasada A., Zeng N., Choi I., Uike N., Okamura J., Watanabe T.,  Masuda T., Kannagi M.
Functional impairment of Tax-specific but not cytomegalovirus-specific CD8+ cytotoxic T lymphocytes in a minor population of asymptomatic human T-cell leukemia virus type 1-carriers.
Retrovirology  2011 7(8):100(1-15), 2011 Dec.

Kitazono T., Araya N., Yamano Y., Yamada Y., Nakamura T., Tanaka Y., Inoue M., Ozaki S. Corresponding Author:Okazaki T.
Advantage of higher-avidity CTL specific for Tax against human T-lymphotropic virus-1 infected cells and tumors.
Cellular Immunology 272(1):11-17, 2011 Oct.

Sato T, Azakami K, Ando H, Araya N and Yamano Y.
Human T-lymphotropic virus type 1 (HTLV-1) and innate immunity.
Inflammation and Regeneration 31 (1): 110-115, 2011.

山野嘉久、佐藤知雄、新谷奈津美、安藤仁、八木下尚子
HAM専門外来の取り組み
神経内科 75(4)387-392, 2011.

鈴木登、遊道和雄、岡寛、山野嘉久
再発性多発軟骨炎
リウマチ科 45(5):510-514, 2011.

山野嘉久 
HTLV-1キャリアー,HTLV-1-associated myelopathy(HAM)患者診療の現状と問題点
血液内科 63(1):81-86, 2011.

安藤仁、八木下尚子、新谷奈津美、佐藤知雄、山野嘉久 
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の病態と治療
医療と検査機器・試薬 34(4):472-477, 2011.

山野嘉久、他21名.
線維筋痛症と神経内科的疾患の鑑別.
線維筋痛症診療ガイドライン2011, 日本線維筋痛症学会編, 65-69, 2011年, 日本医事新報社.

2010

Yamano Y and Nishioka K.
The contribution of Asian researchers to the field of rheumatology.
Nat Rev Rheumatol 6 (2): 106-111, 2010.

Hasegawa D, Fujii R, Yagishita N, Matsumoto N, Aratani S, Izumi T, Azakami K, Nakazawa M, Fujita H, Sato T, Araya N, Koike J, Tadokoro M, Suzuki N, Nagata K, Senoo H, Friedman SL, Nishioka K, Yamano Y, Itoh F and Nakajima T.
E3 Ubiquitin Ligase Synoviolin Is Involved in Liver Fibrogenesis.
PLoS One 5 (10): e13590, 2010.

Yamano Y and Jacobson S.
HTLV-1 infected CD4+CD25+CCR4+T-cells disregulate balance of inflammation and tolerance in HTLV-1 associated neuroinflammatory disease.
Immunologic Signatures of Rejection 1st Edition, 189-198, Springer Science, 2010.

Matsuura E, Yamano Y and Jacobson S.
Neuroimmunity of HTLV-I Infection.
J Neuroimmune Pharmacol 5 (3): 310-325, 2010.

Kamihira S, Yamano Y, Iwanaga M, Sasaki D, Satake M, Okayama A, Umeki K, Kubota R, Izumo S, Yamaguchi K and Watanabe T.
Inter-and intra-laboratory Variability in HTLV-1 Proviral Load Quantification Using Real-Time Polymerase Chain Reaction Assays: A Multi-Center Study.
Cancer Sci 101 (11): 2361-2367, 2010.

Omurzakova NA, Yamano Y, Saatova GM, Alybaeva MS, Nishioka K, Nakajima T.
Prevalence of Group A b-Hemolytic Streptococcus Among Children with Tonsillopharyngitis in Kyrgyzstan: The Difficulty of Diagnostics and Therapy.
Open Rheumatol J 13;4:39-46, 2010.

岡寛、山野嘉久、遊道和男、鈴木登、須賀万智
再発性多発軟骨炎の全国疫学調査
リウマチ科 44 (3): 381-383, 2010.

佐藤知雄、中島利博、山野嘉久
プロスタグランジン関連分子標的薬---とくに抗炎症薬について
日本臨床 68 (10): 1835-1839, 2010.

2009

Azakami K, Sato T, Araya N, Utsunomiya A, Kubota R, Suzuki K, Hasegawa D, Izumi T, Fujita H, Aratani S, Fujii R, Yagishita N, Kamijyuku H, Kanekura T, Seino K, Nishioka K, Nakajima T and Yamano Y.
Severe loss of invariant NKT cells exhibiting anti-HTLV-1 activity in patients withHTLV-1-associated disorders.
Blood 114 (15): 3208-3215, 2009.

Yamano Y, Araya N, Sato T, Utsunomiya A, Azakami K, Hasegawa D, Izumi T, Fujita H, Aratani S, Yagishita N, Fujii R, Nishioka K, Jacobson S and Nakajima T.
Abnormally high levels of virus- infected IFN-γ+CCR4+CD4+CD25+ T cells in a retrovirus-associated neuroinflammatory disorder.
PLoS One 4 (8): e6517, 2009.

Shimizu Y, Takamori A, Utsunomiya A, Kurimura M, Yamano Y, Hishizawa M, Hasegawa A, Kondo F, Kurihara K, Harashima N, Watanabe T, Okamura J, Masuda T and Kannagi M.
Impaired Tax-specific T-cell responses with insufficient control of HTLV-1 in a subgroup of individuals at asymptomatic and smoldering stages.
Cancer Sci 100 (3): 481-489, 2009.

Izumi T, Fujii R, Nakazawa M, Yagishita N, Tsuchimochi K, Yamano Y, Sato T, Fujita H, Aratani S, Araya N, Azakami K, Hasegawa D, Kasaoka S, Tsuruta R, Yokouti M, Ijiri K, Beppu M, Maruyama I, Nishioka K, Maekawa T, Komiya S and Toshihiro Nakajima T.
Activation of Synoviolin Promoter in Rheumatoid Synovial Cells by a Novel Transcription Complex of Interleukin Enhancer Binding Factor 3 and GA Binding Protein.
Arthritis Rheum 60 (1): 63-72, 2009.

Maeda T, Marutani T, Zou K, Araki W, Tanabe C, Yagishita N, Yamano Y, Amano T, Michikawa M, Nakajima T and  Komano H.
An E3 ubiquitin ligase, Synoviolin is involved in the degradation of immature Nicastrin, and regulates the production of amyloid β-protein.
FEBS J 276 (20): 5832-5840, 2009.

Omurzakova NA, Yamano Y, Saatova GM, Shukurova SM, Mirzakhanova MI, Kydyralieva RB, Jumagulova AS, Mirrakhimov EM, Seisenbaev ASh, Nishioka K, Nakajima T.
Rheumatologic services in Central Asian countries: current state of development of rheumatology in Central Asia.
Int J Rheum Dis Dec;12(4):288-92, 2009.

Araya N, Arimura H, Kawahara K, Yagishita N, Ishida J, Fujii R, Aratani S, Fujita H, Sato T, Yamano Y, Higuchi I, Osame M, Nishioka K, Fukamizu A, Arimura K, Maruyama I and Nakajima T.
A role of Kenae/CCDC125 in cell motility through the deregulation of RhoGTPase.
Int J Mol Med 24 (5) :605-611, 2009.

Omurzakova NA, Yamano Y, Saatova GM, Mirzakhanova MI, Shukurova SM, Kydyralieva RB, Jumagulova AS, Seisenbaev ASh, Nishioka K and Nakajima T.
High incidence of rheumatic fever and rheumatic heart disease in the republics of Central Asia.
Int J Rheum Dis 12 (2): 79-83, 2009.

新谷奈津美、佐藤知雄、加藤智啓、山野嘉久
T細胞の分化・成熟機構
血液・腫瘍科 58 (6): 631-639, 2009.

吉福明日香、植木ゆり、玉井真理子、三好逸男、東裕子、金蔵拓郎、山野嘉久
髄膜脳炎を合併した帯状疱疹の1例
西日本皮膚科 71 (5): 494-496, 2009.

2008

Grant C, Oh U, Yao K, Yamano Y and Jacobson S.
Dysregulation of TGF-beta signaling and regulatory and effector T cell function in virus-induced neuroinflammatory disease.
Blood 111 (12): 5601-5609, 2008.

Yagishita N, Yamasaki S, Nishioka K and Nakajima T.
Synoviolin, protein folding and the maintenance of joint homeostasis.
Nature Clin Prac Rheum 4 (2): 91-7, 2008.

Imaizumi T, Arikawa T, Sato T, Uesato R, Matsumiya T, Yoshida H, Ueno M, Yamasaki S, Nakajima T, Hirashima M, Sakata K, Ishibashi Y, Toh S, Ohyama C and Satoh K.
Involvement of retinoic acid-inducible gene-I in inflammation of rheumatoid fibroblast-like synoviocytes.
Clin Exp Imunol 153 (2): 240-244, 2008

Omurzakova NA, Yamano Y, Sato T, Izumi T, Azakami K, Hasegawa D, Fujii R, Yagishita N, Aratani S, Kabaeva ZS, Mirrakhimov MM, Kami M, Maruyama I, Osame M, Yokota S, Nishioka K and Nakajima T.
Increased prevalence of group A b-hemolytic streptococcus among an ethnic population in Kyrgyzstan detected by the rapid antigen detection test.
Mol Med Report 1 (6): 869-874, 2008.

Aratani S, Kageyama Y, Nakamura A, Fujita H, Fujii R, Nishioka K and Nakajima T.
MLE activates transcription via the minimal transactivation domain in Drosophila.
Int J Mol Med 21 (4): 469-476, 2008.

山野嘉久、ナズグル オムルザコワ、西岡久寿樹、中島利博
現代キルギスの健康問題の一側面
世界の発酵乳 84-91, 2008.

山野嘉久
HTLV-1ウイルスと免疫の関係
教えて!HTLV-1のこと 169-181, 2008

2007

Puccioni-Sohler M, Yamano Y, Rios M, Carvalho SMF, Vasconcelos CCF, Alvarenga RP and Jacobson S.
Differentiation of HAM/TSP from patients with multiple sclerosis infected with HTLV-I.
Neurology 68 (3): 207-213, 2007.

Yamasaki S, Yagishita N, Nishioka K and Nakajima T.
The roles of Synoviolin in crosstalk between endoplasmic reticulum stress-induced apoptosis and p53 pathway.
Cell Cycle 6 (11): 1319-1323, 2007.

Wu W, Nishikawa H, Hayami R, Sato K, Honda A, Aratani S, Nakajima T, Fukuda M and Ohta T.
BRCA1 Ubiquitinates RPB8 in Response to DNA Damage.
Cancer Res 67 (3): 951-58, 2007.

Yamasaki S, Yagishita N, Sasaki T, Nakazawa M, Kato Y, Yamadera T, Bae E, Toriyama S, Ikeda R, Zhang L, Fujitani K, Yoo E, Tsuchimochi K, Ohta T, Araya N, Fujita H, Aratani S, Eguchi K, Komiya S, Maruyama I, Higashi N, Sato M, Senoo H, Ochi T, Yokoyama S, Amano T, Kim J, Gay S, Fukamizu A, Nishioka K, Tanaka K, Nakajima T.
Cytoplasmic destruction of p53 by theendoplasmic reticulum-resident ubiquitin ligase ‘Synoviolin’
EMBO J 26 (1): 113-122, 2007.

山野嘉久、尾崎承一
Wegener肉芽腫症
総合臨床 56: 1529-1535, 2007.

佐藤知雄、八木下尚子、西岡久寿樹、中島利博
関節リウマチ制御の新規標的分子
炎症と免疫 15 (6): 25-29, 2007.

八木下尚子、中島利博
シノビオリンと関節リウマチ
最新医学 62 (6): 1226-31, 2007.

中島利博
私が名付けた遺伝子シノビオリンその滑らかな音色とともに
実験医学 25 (3): 2007.

2006

Yao K, Hisada M, Maloney E, Yamano Y, Hanchard B, Wilks R, Rios M and Jacobson S.
Human T lymphotropic virus type I and II western blot seroindeterminate and its association with exposure to prototype HTLV-I.
J Infect Dis 193 (3): 427-437, 2006.

Maloney EM, Yamano Y, Vanveldhuisen PC, Sawada T, Kim N, Cranston B, Hanchard B, Jacobson S and Hisada M.
Natural history of viral markers in children infected with human T lymphotropic virus type I in Jamaica.
J Infect Dis 194 (5): 552-560, 2006.

Aratani S, Oishi T, Fujita H, Nakazawa M, Fujii R, Imamoto N, Yoneda Y, Fukamizu A and Nakajima T.
The nuclear import of RNA helicase A is Mediated by importin-α3.
Biochem Biophys Res Commun 340 (1): 125-133, 2006.

Sato T, Konomi K, Yamasaki S, Aratani A, Tsuchimochi K, Yokouchi M, Masuko-Hongo K, Yagishita N, Nakamura H, Komiya S, Beppu M, Nishioka K and Nakajima T.
Comparative Analysis of Gene Expression Profiles in Intact Versus Damaged Regions of Human Osteoarthritic Cartilage.
Arthritis Rheum 54 (3): 808-817, 2006.

Yagishita N, Yamasaki S, Nishioka K and Nakajima T.
Role of Synoviolin in rheumatoid arthritis: possible clinical relevance.
Future Rheumatology 1(1): 31-36, 2006.

Yamasaki S, Yagishita N, Tsuchimochi K, Kato Y, Sasaki T, Amano T, Beppu M, Aoki H, Nakamura H, Nishioka K and Nakajima T.
Resistance to endoplasmic reticulum stress is an acquired cellular characteristic of rheumatoid synovial cells.
Int J Mol Med 18 (1): 113-117, 2006.

八木下尚子、中島利博
ERAD (ER associated degradation)亢進症としての関節リウマチ
ホルモンと臨床 54 (9): 75-79, 2006.

八木下尚子、中島利博
シノビオリンと関節リウマチ
蛋白質核酸酵素 51 (10): 1298-1303, 2006.

八木下尚子、西岡久寿樹、中島利博
滑膜細胞の秘めたポテンシャル
分子リウマチ 3 (3): 47-54, 2006.

中島利博
オピニオン(対談)
バイオテクノジージャーナル 6 (2): 131, 2006.

杉浦明子、八木下尚子、中島利博
滑膜細胞増殖制御の鍵を握る新規因子:シノビオリン
リウマチ科 34 (3): 336-340, 2006.

2005

Yamano Y, Takenouchi N, Li HC, Tomaru U, Yao K, Grant CW, Maric DA and Jacobson S.
Virus-induced dysfunction of CD4+CD25+ T cells in patients with HTLV-I-associated neuroimmunological disease.
J Clin Invest 115 (5): 1361-1368, 2005.

Oh U, Yamano Y, Mora CA, Ohayon J, Bagnato F, Butman JA, Dambrosia J, Leist TP, McFarland H and Jacobson S.
Interferon-beta 1a therapy in human-T-lymphotropic virus type-I associated neurologic disease.
Ann Neurol 57 (4): 526-534, 2005.

Bagnato F, Butman J., Mora CA, Gupta S, Yamano Y, Tasciyan TA, Solomon JM, Santos WJ, Stone RD, McFarland HF and Jacobson S.
Conventional magnetic resonance imaging features in patients with tropical spastic paraparesis.
J Neurovirol 11 (6): 525-534, 2005.

Tomaru U., Yamano Y., Jacobson S.
HTLV-I infection and the nervous system.
Clinical Neuroimmunology, Second Edition, 285-299, 2005.

Yamasaki S, Yagishita N, Tsuchimochi K, Nishioka K, and Nakajima T.
Rheumatoid Arthritis as a hyper-endoplasmic reticulum-associaetd degradation disease.
Arthritis Res Ther 7 (5): 181-186, 2005.

Tsuchimochi K, Yagishita N, Yamasaki S, Amano T, Kato Y, Kawahara K, Aratani S, Fujita H, Ji FY, Sugiura A, Izumi T, Sugamiya A, Maruyama I, Fukamizu A, Komiya S, Nishioka K and Nakajima T.
Identification of a crucial site for Synoviolin expression.
Mol Cell Biol 25 (16): 7344-56, 2005.

Fujita H, Ohshima T, Ohishi T, Aratani S, Fujii R, Fukamizu A, and Nakajima T.
Relevance of nuclear localization and functions of RNA helicase A.
Int J Mol Med 15 (4): 555-560, 2005.

Yagishita N, Ohneda K, Amano T, Yamasaki S, Sugiura A, Tsuchimochi K, Shin H, Kawahara K, Ohneda O, Ohta T, Tanaka S, Yamamoto M, Maruyama I, Nishioka K,Fukamizu A and Nakajima T.
Essential Role of Synoviolin in Embryogenesis.
J Biol Chem 280 (9): 7909-7916, 2005.

菅宮朝子、八木下尚子、中島利博
関節リウマチとシノビオリン
Medical Technology 33 (4): 341-344, 2005.

泉俊彦、八木下尚子、西岡久寿樹、中島利博、土持兼之、小宮節郎
関節ホメオスタシスのregulator:シノビオリン
THE BONE 19 (6): 49-58, 2005.

八木下尚子、中島利博
新規関節リウマチ病因遺伝子シノビオリン
リウマチ科 34 (2): 214-220, 2005.

土持兼之、八木下尚子、中島利博
シノビオリン転写制御と滑膜細胞恒常性維持
Molecular Medicine 42 (9): 995-1000, 2005.

加藤幸裕、山崎聡士、八木下尚子、土持兼之、中島利博
膠原病研究の進歩 関節リウマチの滑膜増殖機構
臨床免疫学(下) 63(増刊5): 199-204, 2005.

2004

Yamano Y, Cohen CJ, Takenouchi N, Yao K, Tomaru U, Li HC, Reiter Y and Jacobson S.
Increased Expression of Human T Lymphocyte Virus Type I (HTLV-I) Tax11-19 Peptide-Human Histocompatibility Leukocyte Antigen A*201 Complexes on CD4+ CD25+ T Cells Detected by Peptide-specific, Major Histocompatibility Complex-restricted Antibodies in Patients with HTLV-I-associated Neurologic Disease.
J Exp Med 199 (10): 1367-1377, 2004.

Monsurro V, Wang E, Yamano Y, Migueles SA, Panelli MC, Smith K, Nagorsen D, Connors M, Jacobson S and Marincola FM.
Quiescent phenotype of tumor-specific CD8+ T cells following immunization.
Blood 104 (7): 1970-1978, 2004.

Daitoku H, Hatta M, Matsuzaki H, Aratani S, Ohshima T, Miyagishi M, Nakajima T and Fukamizu A.
Sir2 potentiates Foxo1-mediated transcription via its deacetylase.
Proc Natl Acad Sci USA 101(27): 10042-10047, 2004.

Nakajima T, Aratani S, Nakazawa M, Hirose T, Fujita H and Nishioka K.
Implications of transcriptional coactivator CREB binding protein complexes in rheumatoid arthritis.
Mod Rheumatol 14 (1): 6-11, 2004.

山野嘉久
HTLV-IによるCD4+CD25+制御性T細胞の抑制機能低下~レトロウイルスは自己免疫疾患を引き起こす?
臨床免疫 42 (3): 341-345, 2004.

外丸詩野、山野嘉久、吉木 敬
ペプチド/HLA複合体の抗原特異的T細胞による獲得:新たなHTLV-I特異的T細胞の検出法
血液フロンティア 14 (1): 49-58, 2004.

八木下尚子、中島利博
関節リウマチとシノビオリン
感染・炎症・免疫 34 (4): 64-66 ,2004.

八木下尚子、山崎聡士、天野徹也、土持兼之、加藤幸裕、西岡久寿樹、中島利博
シノビオリンによる滑膜細胞増殖とその人為的制御
臨床免疫 42 (5): 541-546, 2004.

土持兼之、中島利博
OAと滑膜
医学のあゆみ 211 (4): 289-293, 2004.

八木下尚子、中島利博
関節リウマチ発症の病因分子シノビオリン
医学のあゆみ 211 (1): 124-128, 2004.

中島利博
研究生活の因果は巡る
癌と人 31: 33-34, 2004.

荒谷聡子、藤井亮爾、藤田英俊、中島利博
HIV遺伝子発現に関与する宿主システムの解明
臨床薬理の進歩 25: 120-125, 2004.

荒谷聡子、中島利博
滑膜細胞増殖と転写因子
医学のあゆみ 209 (10): 765-769, 2004.

中島利博
研究生活の因果は巡る―15年間の研究生活を振り返って―
聖マリアンナ医科大学雑誌 32 (1): 2004.

天野徹也、中島利博
関節リウマチ発症に関わる新たなる因子シノビオリン
Bioベンチャー 3 (4): 54-55, 2004.

2003

Tomaru U*, Yamano Y*, Nagai M, Maric D, Kaumaya P, Biddison W and Jacobson S. (*equally contributed first author)
Detection of virus-specific T cells and CD8+ T-cell epitopes by acquisition of peptide-HLA-GFP complexes: analysis of T-cell phenotype and function in chronic viral infections.
Nat Med 9 (4): 469-475, 2003.

Cohen CJ, Sarig O, Yamano Y, Tomaru U, Jacobson S and Reiter Y.
Direct Phenotypic Analysis of Human MHC Class I Antigen Presentation: Visualization, Quantitation, and In Situ Detection of Human Viral Epitopes Using Peptide-Specific, MHC-restricted Human Recombinant Antibodies.
J Immunol 170 (8): 4349-4361, 2003.

Yamano Y, Tomaru U and Jacobson S.
Role of HTLV-I specific CTL in HAM/TSP.
Gann Monograph on Cancer Reserch 50: 171-182, 2003.

Takenouchi N, Yamano Y, Usuku K, Osame M and Izumo S.
Usefulness of proviral load measurement for monitoring of disease activity in individual patients with human T-lymphotropic virus type I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis.
J Neurovirol 9 (1): 29-35, 2003.

Abeyama K, Kawahara K, Iino S, Hamada T, Arimura S, Matsushita K, Nakajima T and Maruyama I.
Antibiotic cyclic AMP signaling by "primed" leukocytes confers anti-inflammatory cytoprotection.
J Leukoc Biol 74 (5): 908-115, 2003.

Aratani S, Fujii R, Fujita H, Fukamizu A and Nakajima T.
Aromatic residues are required for RNA helicase A mediated transactivation.
Int J Mol Med 12 (2): 175-180, 2003.

Araya N, Hirota K, Shimamoto Y, Miyagishi M, Yoshida E, Ishida J, Kaneko S, Kaneko M, Nakajima T and Fukamizu A.
Cooperative Interaction of EWS with CREB -binding Protein Selectively Activates Hepatocyte Nuclear Factor 4-mediated Transcription.
J Biol Chem 278 (7): 5427-5432, 2003.

Taniguchi N, Kawahara K, Yone K, Hashiguchi T, Yamakuchi M, Goto M, Inoue K, Yamada S, Ijiri K, Matsunaga S, Nakajima T, Komiya S and Maruyama I.
High mobility group box chromosomal protein 1 plays a role in the pathogenesis of rheumatoid arthritis as a novel cytokine.
Arthritis Rheum 48 (4): 971-981, 2003.

Hirose T, Fujii R, Nakamura H, Aratani S, Fujita H, Nakazawa M, Nakamura K, Nishioka K and  Nakajima T.
Regulation of CREB-mediated transcription by association of CDK4 binding protein p34SEI-1 with CBP.
Int J Mol Med 11 (6): 705-712, 2003.

Fujita H, Fujii R, Aratani S, Amano T, Fukamizu A and Nakajima T.
Antithetic effects of MBD2a on gene regulation.
Mol Cell Biol 23 (8): 2645-2657, 2003.

Kawahara K, Kawabata H, Aratani S and Nakajima T.
Hyper nuclear acetylation (HNA) in proliferation, differentiation and apoptosis.
Ageing Res Rev 2 (3): 287-297, 2003.

Nakajima T.
Novel therapeutic target identified in fight against rheumatoid arthritis.
Science Daily (Cold Spring Harbor Laboratory) 2003-9-17, 2003.

Amano T, Yamasaki S, Yagishita N, Tsuchimochi K, Shin H, Kawahara K, Aratani S, Fujita H, Zheng L, Ikeda R, Fujii R, Miura N, Komiya S, Nishioka K, Maruyama I,fukamizu A and Nakajima T.
Synoviolin/Hrd1, an E3 ubiquitin ligase, as a novel pathogenic factor for arthropathy.
Genes Dev 17(19): 2436-2449, 2003.

八木下尚子、中島利博
関節リウマチの発症の鍵を握る分子:シノビオリン
細胞工学 22 (12): 1352-1353, 2003.

荒谷聡子、中島利博
転写とリウマチ
整形外科の最新医療 22: 120-125, 2003.

山崎聡士、土持兼之、中島利博
滑膜細胞のネイチャー
医学のあゆみ 205 (3): 213-5, 2003.

座談会 司会 中島利博  出席者 田中栄、妻木範行、高柳広
運動器科学の黎明
カレントテラピー 21(3): 80-87, 2003.

山崎聡士、西岡久寿樹、中島利博
“Bone and Joint Decade”運動器疾患の研究に新しい展開は可能か?
細胞工学 22 (1): 86-87, 2003.

山崎聡士、土持兼之、中島利博
総合科学としての運動器科学
カレントテラピー 21(3): 8-11, 2003.

2002

Yamano Y, Nagai M, Brennan M, Mora CA, Soldan SS, Tomaru U, Takenouchi N, Izumo S, Osame M and Jacobson S.
Correlation of human T-cell lymphotropic virus type I (HTLV-I) mRNA with proviral DNA load, virus-specific CD8+ T cells, and disease severity in HTLV-I-associated myelopathy (HAM/TSP).
Blood 99 (1): 88-94, 2002.

Ohkubo R, Nakagawa M, Ikeda K, Kodama T, Arimura K, Akiba S, Saito M, Ookatsu Y, Atsuchi Y, Yamano Y and Osame M.
Cerebrovascular disorders and genetic polymorphisms: mitochondrial DNA5178C is predominant in cerebrovascular disorders.
J Neurol Sci 198 (1-2): 31-35, 2002.

Nishimura S, Maeno N, Matsuo K, Nakajima T, Kitajima I, Saito H and Maruyama I.
Human lactiferous mammary gland cells produce vascular endothelial growth factor (VEGF) and express the VEGF receptors, Flt-1 and KDR/Flt-1.
Cytokine 18 (4): 191-198, 2002.

Nakazawa M, Aratani S, Hatta M, Araya N, Daitoku H, Kawahara K, Watanabe S, Nakamura H, Yoshino S, Fukamizu A, Nishioka K and Nakajima T.
TNFα induces acetylation of p53 but attenuates its transcriptionalactivation in rheumatoid synoviocytes.
Int J Mol Med 10 (3): 269-275, 2002.

Imaizumi T, Aratani S, Nakajima T, Carlson M, Matsumiya T, Tanji K, Ookawa K, Yoshida H, Tsuchida S, McIntyre TM, Prescott SM, Zimmerman GA and Satoh K.
Retinoic Acid-Inducible Gene-I Is Induced in Endothelial Cells by LPS and Regulates Expression of COX-2.
Biochemi Biophys Res Commun 292 (1): 274-279, 2002.

Nquyen NC, Nakamura H, Nakazawa M, Hirose T, Kobata T, Nishioka K and Nakajima T.
Expression of HOXD9 in fibroblast-like synoviocytes from rheumatoid arthritis patients.
Int J Mol Med 10 (1): 41-48, 2002.

Kitagawa H, Yanagisawa J, Fuse H, Ogawa S, Yogiashi Y, Okuno S, Nagasawa H, Nakajima T Matsumoto T and Kato S.
Ligand Selective Potentiation of Rat Mineralocorticoid Receptor Activation Function-1 (AF-1) by ACBP-containing HAT complex.
Mol Cell Biol 22 (11): 3698-3706, 2002.

Kawabata H, Kawahara K, Kanekura T, Araya N, Daitoku H, Hatta M, Miura N, Fukamizu A, Kanzaki T, Maruyama I and Nakajima T.
Possible role of transcriptional coactivator P/CAF and nuclear acetylation in calcium induced keratinocyte differentiation.
J Biol Chem 277 (10): 8099-8105, 2002.

特許

PCT出願:PCT/JP2018/1301、発明者:荒木一司、山野嘉久、新谷奈津美、出願人:第一三共株式会社、出願日:2018/1/16、HTLV-1関連脊髄症を治療することに用いるための医薬組成物new

特願2017-171605、発明者:山野嘉久(聖マリアンナ医科大学)、東久世裕太、永井豪(以上、協和メデックス)、出願人:聖マリアンナ医科大学、協和メデックス株式会社、出願日:2017年9月6日
ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)プロウイルスDNAの測定方法および測定キット

特願2017-039506、発明者:山野嘉久、協和発酵キリン株式会社、出願年月日:2017年3月2日
低用量抗CCR4抗体を用いたHTLV-1関連脊髄症の予防または治療剤
PCT出願:PCT/JP2018/008166, 出願日:2018/3/2new

特願2017-007887、発明者:荒木一司(第一三共株式会社)、山野嘉久、新谷奈津美、出願年月日:2017年1月19日
HTLV-1関連脊髄症を治療することに用いるための医薬組成物

特願2016-158190、発明者:山野嘉久、張黎臨、出願年月日:2016年8月10日
HTLV-1関連炎症性疾患を治療する医薬組成物

特許番号:第5963233号、登録日:2016年7月8日
特願2011-268019、発明者:山野嘉久、佐藤知雄、安藤仁、出願年月日:2011年12月7日
HTLV-1関連脊髄症を治療または予防するための医薬および前記医薬を用いた抗体療法の治療効果の確認方法

PCT出願:PCT/JP2015/78911, 出願日:2015/10/13, Yoshihisa Yamano, Ken-ichiro Seino, Masato Muto, 出願人:St.Marianna University School of Medicine,
Production method of gamma delta T cell and use thereof (γδT細胞の製造方法および医薬)

特願2014-226719、発明者:山野嘉久、植田幸嗣、石原誠人、出願年月日:2014年11月7日
ヒトTリンパ好性ウイルス-1(HTLV-1)関連脊髄症(HAM/TSP)の検査方法、及び検査用キット

特願2014-209669、発明者:山野嘉久、清野研一郎、武藤真人、出願年月日:2014年10月14日
γδT細胞の製造方法および医薬

特許番号:第5552630号、登録日:2014年6月6日、
出願番号:特願2008-274514、発明者:山野嘉久、新谷奈津美、出願年月日(2008年10月24日)
HAM(HTLV-Ⅰ関連脊髄症)に対する抗CCR4抗体療法

特願2013-121694、発明者:中島利博、荒谷聡子、臼井千恵、山野嘉久、西岡健弥、藤田英俊、八木下尚子、伊藤健司、中村郁朗、西岡久寿樹、出願年月日:2013年6月10日
小胞体ストレスシグナルを抑制することによる,薬剤の副作用としての体重増加や肥満を防止するために用いられる肥満防止剤

特願2012-189318、発明者:植田幸嗣、石原誠人、山野嘉久、出願年月日(2012年8月29日)
ヒトTリンパ球向性ウイルスI型関連疾患検出用ポリペプチドとその利用 

US61/668,686、Yoshihisa Yamano、出願年月日(2012年7月6日)
HAM(HTLV-Ⅰ関連脊髄症)に対する抗CCR4抗体療法の少量ステロイド併用による有効性と安全 性の向上
〔英文名称:A Therapeutic Method And Medicament For HTLV-1 Associated Myelopathy(HAM)〕

61/391,094. Yoshihisa Yamano, Kusuki Nishioka.
Diagnostic Agent for Fibromyalgia, Method For  Diagnosingfibromyalgia and Medicament for Fibromyalgia.
8 Oct 2010

特願2010-240868、発明者:山野嘉久、清野研一郎、出願年月日(2010年10月27日)
γδT 細胞の製造方法および医薬

特許番号:第5499405号、登録日:2013年3月20日、
出願番号:特願2010-126487、発明者:山野嘉久、鈴木登、出願年月日(2010年6月2日)、
再発性多発軟骨炎の検査方法およびそれに用いられる検査キット

特願2010-94641、発明者:山野嘉久、佐藤知雄、新谷奈津美、出願年月日(2010年4月16日)
HTLV-I関連脊髄症の予防及び/又は治療のための医薬

特願2008-180580、発明者:山野嘉久、出願年月日(2008年7月10日)
自己免疫疾患の病因細胞の分離方法および自己免疫疾患の診断補助方法

E-084-2003/0-US-01. Steven Jacobson, Utano Tomaru, Yoshihisa Yamano.
Detection of Antigen-Specific T Cells and Novel T Cell Epitopes by Acquisition of Peptide/HLA-GFP 
Complexes. 24 Mar 2003

enterこのページの先頭へ

受賞

佐藤知雄
第26回日本神経免疫学会学術集会 ベストポスター賞受賞 2014年9月4日~6日 石川
「HAMにおけるTh1様異常T細胞の発生機構および病態への関与」

新谷 奈津美
第1回日本HTLV-1学会学術集会  Young Investigator Award 2014年8月22~24日 東京
「HTLV-1によるTh1-like CD4+CCR4+ T細胞の発生機構の解析」

安藤仁
第17回日本神経感染症学会総会学術集会 2012年度最優秀口演賞受賞 2012年10月19・20日 京都
「HTLV-1関連脊髄症(HAM)の炎症慢性化に果たすCXCL10の役割と治療応用への解析」

山野嘉久
平成22年度聖マリアンナ医科大学前田賞 「ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-1)とその関連疾患の研究推進および社会的貢献」

enterこのページの先頭へ

学会発表

国際学会

Yamano Y, Sato T, A. Coler-Reilly, Yanagisawa N, Araya N, Inoue E, Furuta R, Watanabe T, Uchimaru K, Matsuoka M, Matsumoto N, Hasegawa Y.
Phase 1/2a study of Mogamulizumab, an anti-CCR4 monoclonal antibody, in patients with HTLV-1-associated myelopathy (HAM/TSP).
XXIII World Congress of Neurology, 20 September 2017, Kyoto, Japan.〔国立京都国際会館〕new

Yamano Y.
Establishment of a platform to accelerate rare disease data registries in Japan.
The Office of Rare Disease Research (ORDR) of the National Center for Advancing, 28 June 2017, Bethesda, Maryland, U.S.A.〔National Institutes of Health (NIH)〕

Kawano N, Yamano Y, Kawano S, Kawamata T, Yoshida S, Kuriyama T, Uchimaru K, Marutsuka K, Minato S, Yamashita K, Ochiai H, Shimoda K, Ishikawa F, Kikuchi I.
The Development of Human T-cell Leukemia Virus Type 1 (HTLV-1)-Associated Myelopathy (HAM)-Mimicking Myelitis Following Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Acute Type Adult T-cell Leukemia-lymphoma (ATL).
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Tada M, Yamano Y, Sato T, Sasaki M, Sakate R, Hinomura A, Hirata M, Tanaka H, Kojima H, Kohara A, Matsuyama A.
Investigation of Human Leukocyte Antigen on Human T-Lymphotropic Virus Type-1 Associated Myelopathy (HAM) by the Rare Disease Bank.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Matsuzaki T, Saito M, Yamano Y, Nagai M, Takashima H, Izumihara T, Yoshitama T, Kubota R.
Effect of Biologic Agents on HAM/TSP with Rheumatoid Arthritis.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Tamaki K, Sato T, Coler-Reilly A, Inoue E, Tsugawa J, Yamano Y, Tsuboi Y.
Biomarkers for Predicting Treatment Response in Patients with HTLV-1-Associated Myelopathy/Tropical Spastic Paraparesis (HAM/TSP).
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Yamagishi M, Nakano K, Fujikawa D, Kobayashi S, Araya N, Sato T, Yagishita N, Iwanaga M, Utsunomiya A, Tanaka Y, Yamano Y, Watanabe T, Uchimaru K.
Comparative Transcriptome Analysis of HTLV-1-infected Cells and ATL Cells.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Sawada L, Nagano Y, Hasegawa A, Ito S, Sato T, Yamano Y, Tanaka Y, Masuda T, Kannagi M.
IL-10-mediated Signals as a Switch to Proliferation in HTLV-1-infected T Cells.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Oral)

Yuzawa K, Matsuoka M, Yamano Y, Ichimaru N, Nishikido M, Shibagaki Y, Sugitani A, Nakamura N, Mieno M, Yamauchi J.
High Risk with Human T-cell Leukemia Virus Type 1 for HTLV-1 Associated Myelopathy after Living Kidney Transplantation in Japan.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Oral)

Higashikuse Y, Nagai G, Araya N, Yagishita N, Sato T, Yamano Y.
Development of a New Assay for Quantification of HTLV-1 Proviral DNA.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Suzuki H, Sato K, Kikuchi T, Kimura M, Arifuku H, Komita M, Shimada K, Seki K, Tachibana M, Yagishita N, Coler-Reilly A, Sato T, Araya N, Ishikawa M, Koike M, Saito Y, Takata A, Yamano Y.
Patient Satisfaction Survey for HAM-net Registrants.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Inoue E, Coler-Reilly A, Araya N, Yagishita N, Sato T, Takata A, Yamano Y.
Progression Patterns of Osame’s Motor Disability Score for HAM/TSP Patients.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Yamakawa N, Amano S, Kawakami H, Yamashita H, Yagishita N, Araya N, Sato T, Takata A, Matsuo T, Yamano Y.
A New Index Describing Urinary Dysfunction in Patients with Human T-lymphotropic Virus Type 1-associated Myelopathy.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Coler-Reilly A, Sato T, MatsuzakiT, Nakagawa M, Niino M, Nagai M, Nakamura T, Takenouchi N, Araya N, Yagishita N, Yamano Y.
Daily Prednisolone Slows the Progression of HAM/TSP.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Sato T, Inoue E, Yagishita N, Araya N, Takata A, Yamano Y.
Effectiveness of Low-Dose Oral Prednisolone to Treat and Slow Progression of HAM/TSP: A Nationwide Prospective Cohort Study.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Poster)

Araya N, Sato T, Yagishita N, Coler-Reilly A, Uchimaru K, Yamano Y.
Prevalence, Incidence, and Evidence of High ATL Risk among HAM/TSP Patients.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕(Oral)

Yamano Y.
The New Phase of HAM/TSP Research.
18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 7-10 March 2017, Tokyo, Japan〔Grand Arc Hanzomon グランドアーク半蔵門〕

Yamano Y.
Viruses in neuroimmunological disorders.
13th International Congress of Neuroimmunology(ISNI 2016), 26-29 September 2016, Jerusalem, Israel.

Ishihara M, Araya N, Sato T, Saichi N, Fujii R, Yamano Y, Ueda K.
Membrane Proteome Profiling to Discover Therapeutic Targets for HTLV-1 Associated Myelopathy.
14th Human Proteome Organization 27-30 September 2015, Vancouver, BC, Canada.

Yamano Y.
How does HTLV-1 cause CNS disease? - The importance of cross-talk between infected T-cells and astrocytes.
The Inaugural Asia-Pacific School of Neuroimmunology Meeting〔APSNI〕(第一回アジア太平洋神経免疫学国際シンポジウム), 30 August 2015, Tokyo, Japan.

Ishihara M, Araya N, Sato T, Saichi N, Fujii R, Yamano Y, Ueda K. 
A three-factor plasma diagnostic model of human T -cell leukemia virus-1 associated myelopathy.
17th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 18-21 June 2015, Trois-Ilets, Martinique, French West Indies (FWI).

Kikuchi T, Sawabe A, Negishi Y, Noda A, Hirai Y, Inoue E, Kimura M, Sato K, Araya N, Yagishita N, Sato T, Yamano Y. 
Evaluation of clinical outcome measures for HAM/TSP. 
17th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 18-21 June 2015, Trois-Ilets, Martinique, French West Indies (FWI).

Sato K, Kikuchi T, Kimura M, Komita M,Shimada K, Seki K, Tachibana M, Yagishita N, Coler-Reilly A, Sato T, Arayta N, Ishikawa M, Koike M, Saito Y, Suzuki H, Takata A, Yamano Y.
Patient Satisfaction Survey for HAM-net Registrants.
17th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 18-21 June 2015, Trois-Ilets, Martinique, French West Indies (FWI).

Kimura M, Yamauchi J, Taisho H, Sato T, Yagishita N, Araya N, Sato K, Kikuchi T, Hasegawa Y, Chikaraishi T,  Shibagaki Y, Yamano Y.
Characteristics of HAM/TSP after kidney transplantation from HTLV-1 positive living donors.
17th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 18-21 June 2015, Trois-Ilets, Martinique, French West Indies (FWI).

Coler-Reilly A, Yagishita N, Sato T, Araya N, Ishikawa M, Koike M, Saito Y, Suzuki H, Yamano Y, Takata A. HAM-net national patient registration system reveals details of how Japanese patients with HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis progress over time.
17th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 18-21 June 2015, Trois-Ilets, Martinique, French West Indies (FWI).

Araya N, Sato T, Tomaru U, Coler-Reilly A, Yagishita N, Yamauchi J, Hasegawa A, Kannagi M, Akiyama H,Hasegawa Y, Takahashi K, Kunitomo Y, Tanaka Y, Utsunomiya A, Jacobson S, Yamano Y.
HTLV-1 Tax induces Th1 master regulator T-bet and thus IFN-γ in CD4+CCR4+ T-cells of virus-associated myelopathy patients.
17th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 18-21 June 2015, Trois-Ilets, Martinique, French West Indies (FWI).

Yamano Y, Yamauchi J, Coler-Reilly A, Sato T, Araya N, Yagishita N, Kunitomo Y, Takahashi K, Tanaka Y, Akiyama H, Hasegawa Y, Utsunomiya A.
Humanized anti-CCR4 antibody KW0761 targets HTLV-1-infected CD4+CCR4+ and CD8+CCR4+ T-cells to treat HAM/TSP.
17th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 18-21 June 2015, Trois-Ilets, Martinique, French West Indies (FWI).

Yamano Y.
HTLV-1 induces a Th1-like state in CD4+CCR4+ T cells that produces an inflammatory positive feedback loop via astrocytes in HAM/TSP.
40Years of Neuroimmunology, 19-20 April 2015, Bethesda, Maryland, USA.

Yamauchi J, Sato T, Yagishita N, Araya N, Chikaraishi T, Shibagaki Y, Yamano Y.
HTLV-1-Associated Myelopathy in Preoperatively HTLV-1 Negative Recipients after  Kidney Transplantation from HTLV-1 Positive Donors.
52nd ERA-EDTA Congress, 28-31 May 2015, London, United Kingdom.

Ishihara M, Araya N, Sato T, Fujii R, Tatsuguchi A, Saichi N, Nakagawa H, Yamano Y, Ueda K.
Quantitative membrane proteome profiling to discover therapeutic targets for adult T-cell leukemia (ATL).
AACR Annual Meeting 2014, 5-9 April, 2014, San Diego, USA.

Komatsu R, Fujii R, Sato T, Yamano Y, Yudoh K, Beppu M, Nishioka K, Nakajima T.
CDK6 transcripts expression control by the synoviocyte proliferation gene, SPACIA1.
American College of Rheumatology October 2013, California,USA.

Ishihara M, Araya N, Sato T, Fujii R, Tatsuguchi A, Saichi N, Nakagawa H, Yamano Y, Ueda K.
Label free quantitative proteome analysis on cerebrospinal fluid to discover severity grade markers for Human T-cell leukemia virus type 1 associated myelopathy/tropic spastic paraparesis (HAM/TSP).
HUPO 2013 12th Annual World Congress, 17 Sep(Tue) , 2013, Yokohama, Pacifico Yocohama, Kanagawa, Japan.

Yamano Y., Sato T., Coler-Reilly A., Ando H., Araya N., Yagishita N., Yamauchi J., Utsunomiya A., Jacobson S., Izumo S.
CXCL10, CXCL9 and Neopterin in cerebrospinal fluid as Candidate Prognostic Biomarkers for HAM/TSP.
The 16th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 26-30 June, 2013,  Montreal, Canada.

Coler-Reilly A., Hashimoto M., Yagishita N., Sato T., Ando H., Yamauchi J., Araya N., Kimura M., Yamano Y., Takata A.
Nation-wide epidemiological study in Japan on HTLV-1 associated myelopathy/tropical spastic paraparesis using HAM-net, a novel patient registration system.
The 16th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 26-30 June, 2013,  Montreal, Canada.

Sato T., Ando H., Tomaru U., Yoshida M., Utsunomiya A., Yamauchi J., Araya N., Yagishita N., Coler-Reilly A., Jacobson S., Yamano Y.
Virus-induced CXCL10-CXCR3 positive feedback loop via astrocytes is critical for maintaining chronic inflammatory lesions in HAM/TSP.
The 16th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, 26-30 June, 2013,  Montreal, Canada.

Yamano Y, Sato T, Ando H, Araya N, Yagishita N, Yamauchi J, Coler-Reilly A, Utsunomiya A, Jacobson S, Izumo S.
CXCL10 and Neopterin in cerebrospinal fluid are Candidate Prognostic Biomarkers for HTLV-1-Associated Myelopathy/Tropical Spastic Paraparesis.
The 16th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, June 2013, Montreal, Canada.

Hasegawa A., Tamai Y., Takamori A., Sasada A., Tanosaki R., Choi I., Utsunomiya A., Maeda Y., Yamano Y., Eto T., Koh K., Nakamae H., Suehiro Y., Kato K., Takemoto S., Okamura J., Uike N., Kannagi M.
Identification of a novel HLA-DR1-restricted dominant epitope recognized by HTLV-1 Tax-specific CD4+ T-cells augmenting HTLV-1-specific CTL expansion in ATL patients after allogeneic HSCT.
AACR/JCA Joint Conference: Breakthroughs in Basic and Translational Cancer Research, 21-25 February, 2013, Maui, HI, U.S.A.

Yamano Y., Yudo K., Oka H., Shimizu J., Suzuki N.
Epidemiologic study of Relapsing polychondritis in Japan: Results of 239 cases.
International Conference on Orphan Drugs and Rare Diseases(ICORD) 2012 Conference, February 2012, Tokyo.

Yagishita N, Hasegawa D, Aratani S, Yamano Y, Nakajima T.
Importance of E3 ubiquitin ligase Synoviolin in fibrogenesis.
The 2011 ACR/ARHP Annual Scientific Meeting. November 2011, Chicago, U.S.A.

Yamano Y.
Human retrovirus promotes the plasticity of regulatory T cells into T helper type 1-like cells through the T-bet transcriptional activation in neuroinflammatory disease.
Bio-Rheumatology International Congress (BRIC) Tokyo:The 8th GARN Meeting November 2011, Tokyo.

Sato T, Fujii R, Konomi K, Yagishita N, Aratani S, Araya N, Aono H,  Yudoh K, Suzuki N, Beppu M, Yamano Y, Nishioka K, Nakajima T.
SPACIA1/SAAL1: A newly identified gene associated with aberrant proliferation of synovial fibroblasts.
Bio-Rheumatology International Congress (BRIC) Tokyo:The 8th GARN Meeting November 2011, Tokyo.

Yagishita N, Aratani S, Yamano Y, Nishioka K, Nakajima T. 
ER stress signaling as a chronic inflammation.
2nd Tokyo-Shanghai Workshop on Rheumatology 2011, November 2011, Tokyo, Japan.

Yamano Y.
The contribution of Asian researchers to the field of rheumatology.
Tokyo-Shanghai Workshop on Rheumatology 2011. November 2011, Tokyo.

Ishihara M., Araya N., Sato T., Utsunomiya A., Yamano Y., Nakamura Y., Nakagawa H., Ueda, K.
Quantitative proteome profiling of CD4+CD25+CCR4+ T-cells to identify potential therapeutic targets for Human T-lymphotropic virus type-1 associated myelopathy (HAM) and adult T-cell leukemia.
HUPO 2011, 10th World Congress, Sep 2011, Geneva, Swiss.

Ueda K., Ishihara M., Ohsawa A., Senkoji N., Araya N., Sato T., Utsunomiya A., Yamano Y., Nakamura Y., Nakagawa, H.
Proteomic profiling of HTLV-1 infected T-cells for the Identification of potential biomarkers and therapeutic targets for HTLV-1 associated myelopathy/ tropical spastic paraparesis and adult T-cell leukemia.
15th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, June, 2011, Leuven, Belgium.

Araya N, Sato T, Utsunomiya A, Ando H, Yagishita N, Kannagi M, Nakamura T, Tanaka Y, Jacobson S, Yamano Y.
The plasticity of HTLV-1 infected CD4+CD25+CCR4+ T-cells through HTLV-1 tax in HAM/TSP.
15th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, June 2011, Leuven, Belgium.

Sato T, Muto M, Araya N, Maekawa R, Suzuki N, Utsunomiya A, Seino K, Yamano Y.
Possibility of γδT cell immunotherapy for HTLV-1-infected individuals.
15th International conference on human retrovirology: HTLV and related Viruses, June 2011, Leuven, Belgium.

Yamano Y, Sato T, Araya N, Yagishita N, Shimizu Y, Ando H, Utsunomiya A, Izumo S, Jacobson S, Suzuki N.
Clinical subtype of HAM/TSP based on clinical course and laboratory findings.
15th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses, June 2011, Leuven, Belgium.

2010年以前の 国際学会 はこちら»»» memo過去の 国際学会.pdf

 

enterこのページの先頭へ

国内学会

山野嘉久.
HAM患者悉皆登録システムと連動した臨床ゲノム情報基盤の構築.
HAM&HTLV-1診療ガイドライン班(山野班)・「ヒトとウイルスのゲノム情報と臨床情報の統合による HTLV-1関連疾患の診療支援全国ネットワークの確立」班(松田班)平成29年度合同班会議. 2018年2月27日, 京都(京都府京都市上京区河原町)〔KKR京都くに荘〕new

山野嘉久.
HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成.
平成29年度厚生労働省&AMED委託研究開発費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会. 2018年2月24日, 東京(港区白金台)〔東京大学医科学研究所講堂〕new

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
平成29年度厚生労働省&AMED委託研究開発費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会. 2018年2月24日, 東京(港区白金台)〔東京大学医科学研究所講堂〕new

山野嘉久.new
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
難治性疾患実用化研究事業及び免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)2017年度合同成果報告会, 2018年2月9日, 神奈川(神奈川県横浜市西区)〔パシフィコ横浜〕【ポスター】new

山岸誠、新谷奈津美、石崎伊純、佐藤知雄、八木下尚子、中村龍文、渡邉俊樹、山野嘉久、内丸薫.
HAM発症に至る遺伝子発現異常の推移とATL発症リスク因子の同定の試み.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議, 2018年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)〔都市センターホテル〕new

佐藤賢文、宮里パオラ、勝屋弘雄、稲田優紀、宇都宮與、佐藤和雄、山野嘉久.
HTLV-1感染者末梢血中プロウイルス配列の網羅的解析.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議, 2018年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)〔都市センターホテル〕new

佐藤知雄、八木下尚子、玉木慶子、井上永介、長谷川大輔、新谷奈津美、長谷川泰弘、坪井義夫、高田礼子、山野嘉久.
HAMの新しい疾患活動性分類基準の提案.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議, 2018年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)〔都市センターホテル〕new

山野嘉久、佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、井上永介、古田梨愛、渡邉俊樹、内丸薫、松岡雅雄、松本直樹、長谷川泰弘.
HAM患者に対するヒト化抗CCR4抗体の第1/2a相試験.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議, 2018年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)〔都市センターホテル〕new

長谷川大輔, 高田礼子
HAM患者における生命予後に関する免疫疫学的解析
第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年11月1日, 鹿児島県(鹿児島市)〔かごしま県民交流センター〕

山野嘉久.
HAMに対する新規治療薬の開発.
第22回日本神経感染症学会, 10月13・14日〔14日〕, 福岡(北九州市)〔北九州国際会議場〕

山野嘉久.
●HAMに対する抗CCR4抗体の第1/2a相試験の結果ならびに開発進捗報告
●HAMに対するステロイドの医師主導治験の背景と進捗報告
●難病プラットフォーム(RADDAR-J)研究班の活動内容について
●診療ガイドラインの作成方針と役割分担、進捗状況について
●HAM患者の生命予後、ATL発症リスクについて
HAM関連研究班合同班会議, 2017年10月9日, 東京(千代田区)〔グランドアーク半蔵門〕≪HAM治験研究班・HTLVガイドライン班≫

山野嘉久.
希少難病HAMの患者レジストリを活用した治療薬開発への取り組みと展望.
第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017, 2017年9月2・3日〔2日〕, 愛知(名古屋市)〔名古屋国際会議場〕

佐藤知雄, 井上永介, 八木下尚子, 新谷奈津美, 長谷川大輔, 高田礼子, 山野嘉久.
HAM患者レジストリを活用した低用量経口プレドニゾロン維持療法の有効性と安全性に関する検討.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日, 大阪府(枚方市)〔関西医科大学〕【ポスター】

八木下尚子, 佐藤知雄, 長谷川大輔, 新谷奈津美, 井上永介, 高田礼子, 山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の新たな運動障害重症度評価指標の提案.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日, 大阪府(枚方市)〔関西医科大学〕【ポスター】

Sawada L, Nagano Y, Hasegawa A, Ito S, Sato T, Yamano Y, Tanaka Y, Masuda T, Kannagi M.
Potential contribution of IL-10-mediated STAT3 signals to push HTLV-1-infected cells towards proliferation by enhancing survivin and IRF4 expression.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日〔19日〕, 大阪府(枚方市)〔関西医科大学〕

平野光人, 今井陽一, 神保光児, 小川弥穂, 越智清純, 川俣豊隆, 横山和明, 大野伸広, 山野嘉久, 福田隆浩, 内丸薫, 東條有伸.
ATL患者の同種造血幹細胞移植後に慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーを発症した3症例の解析.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日〔20日〕, 大阪府(枚方市)〔関西医科大学〕

長谷川大輔, 八木下尚子, 井上永介, 新谷奈津美, 髙田 礼子, 長谷川泰弘, 佐藤知雄, 山野嘉久.\
臨床経過とバイオマーカーに基づくHAMの疾患活動性分類基準の提案.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日〔19日〕, 大阪府(枚方市)〔関西医科大学〕

宮地恵子, 東久世裕太, 小野達也, 永井豪, 篠田達也, 関野久邦, 井上恵, 三浦清徳, 小林誠一郎, 内丸薫, 山野嘉久.
HTLV-1 プロウイルスDNA検出キットの臨床的有用性の検討.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日(20日), 大阪府(枚方市)〔関西医科大学〕【ポスター】

山野嘉久.
HAMの患者レジストリによるリアルワールドデータを活用した治療薬開発の展望.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日〔20日〕, 大阪府(枚方市)〔関西医科大学〕

夛田まや子、佐々木光穂、平田誠、樋野村亜希子、坂手龍一、山野嘉久、吉良潤一、小島裕人、小原有弘、松山晃文.
難病バンクにおける遺伝子探索導入による難病研究推進,
日本薬学会第137年会, 2017年3月24日~27日, 宮城県(仙台市)〔仙台国際センター〕

山野嘉久. 
・重要臨床課題とCQについて 
・HAMねっとの概要とその疫学情報の活用について\
・スコープ案について
・重要臨床課題とCQの再考
HAM関連研究班合同班会議, 2017年3月6日, 東京(千代田区)〔グランドアーク半蔵門〕≪山野班・病態研究班・ガイドライン班≫

山野嘉久. 
・HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究. 
・HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
HAM関連研究班合同班会議 活動報告, 2017年3月6日, 東京(千代田区)〔グランドアーク半蔵門〕≪山野・病態研究班≫

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 2016年度合同成果報告会, 2017年2月10日, 東京(千代田区内幸町)〔イイノホール&カンファレンスセンター〕【ポスター】

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 2016年度合同成果報告会, 2017年2月10日, 東京(千代田区内幸町)〔イイノホール&カンファレンスセンター〕【ポスター】

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 2016年度合同成果報告会, 2017年2月10日, 東京(千代田区内幸町)〔イイノホール&カンファレンスセンター〕

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
HTLV-1関連疾患研究領域 研究班合同発表会, 2017年2月4日, 東京(港区白金台)〔東京大学医科学研究所附属病院 トミーホール〕

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
HTLV-1関連疾患研究領域 研究班合同発表会, 2017年2月4日, 東京(港区白金台)〔東京大学医科学研究所附属病院 トミーホール〕

山野嘉久.
HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成.
HTLV-1関連疾患研究領域 研究班合同発表会, 2017年2月4日, 東京(港区白金台)〔東京大学医科学研究所附属病院 トミーホール〕

山野嘉久. 
・重要臨床課題とCQについて 
・HAMねっとの概要とその疫学情報の活用について
・スコープ案について
・重要臨床課題とCQの再考
平成28年度第3回HTLVガイドライン班班会議, 2017年1月20日, 東京(千代田区)〔グランドアーク半蔵門〕≪ガイドライン班≫

山川 奈津子, 天野佐亞哉, 川上仁美, 山下瞳, 八木下尚子, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 松尾朋博, 山野嘉久.
HAMの新しい排尿障害重症度評価指標の提案.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議, 2017年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)〔都市センターホテル〕

新谷奈津美, 佐藤知雄, 八木下尚子, 渡邉俊樹, 内丸薫, 山野嘉久.
HAMにおけるATLの合併率、発症率および高リスク群に関する解析.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議, 2017年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)〔都市センターホテル〕

山岸誠, 新谷奈津美, 中野和民, 佐藤知雄, 八木下尚子, 渡邉俊樹, 山野嘉久, 内丸薫.
HAMとATLの発症機構と病態の解明に向けた遺伝子発現の網羅的比較解析. 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議, 2017年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)〔都市センターホテル〕

佐藤賢文, 宮里パオラ, 山野嘉久.
DNAプローブと次世代シークエンスを活用した高精度HTLV-1プロウイルス解析法の開発.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議, 2017年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)〔都市センターホテル〕

山野嘉久.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」による難病医療の向上を目指して.
AMED連携シンポジウム, 2017年1月6日, 東京(千代田区大手町)〔国立研究開発法人日本医療研究開発機構会議室〕

山野嘉久.
HAMにおけるATLの発症率および高リスク群の解析.
高嶋班班会議 12月16日, 日本医療研究開発機構難治性疾患実用化研究事業「神経筋疾患の原因究明および革新的治療法開発に関する研究」(高嶋班)平成28年度研究班会議, 2016年12月16日, 鹿児島〔JR九州ホテル鹿児島〕≪高嶋班≫

山野嘉久.
生体腎移植におけるHTLV-1感染リスクについて.
第53回大阪腎移植病理組織研究会, 2016年11月11日, 大阪(大阪市北区)〔ホテルグランヴィア大阪〕

Sawada L, 永野佳子, 長谷川温彦, 金井光, 佐藤知雄, 山野嘉久, 田中勇悦, 神奈木真理.
IL-10はsurvivinとIRF4の誘導を介してHTLV-1感染細胞の増殖を促進する.
第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月6日~8日〔7日〕, 神奈川(横浜市西区)〔パシフィコ横浜〕

山野嘉久.
HAMのCCR4モノクローナル抗体療法,
第34回日本神経治療学会総会, 2016年11月3日~5日〔4日〕, 鳥取(米子市)〔米子市文化ホール〕

山野嘉久.
・ガイドラインのスコープについて
・HTLV-1 PCR検査(定性試験)について
・HAMにおけるATL発症リスクの頻度とHAS-Flow法を用いた予測
平成28年度厚生労働科学研究費「HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成」(山野班)「HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築「(岡山班)合同班会議, 2016年10月30日, 東京都(港区)〔東京大学医科学研究所〕. ≪山野班・岡山班≫

藤田英俊、荒谷聡子、八木下尚子、山野嘉久、須藤カツ子、内野博之、西岡久寿樹、中島利博.
リウマチ発症因子シノビオリンによる新規エネルギー代謝機構の解明,
第3回JCRベーシックリサーチカンファレンス, 2016年10月14-15日, 東京.

荒谷聡子、藤田英俊、八木下尚子、山野嘉久、西岡久寿樹、中島利博.
関節リウマチにおける転写後修飾による多重化シグナル調節機構の解析,
第3回JCRベーシックリサーチカンファレンス, 2016年10月14-15日, 東京.

津川浩一郎、山野嘉久、中島貴子、上野隆彦、牛谷真由美、桑原理恵、藤原佐百合、小林理々子.
聖マリアンナ医科大学臨床研究データセンターの現状,
第1回日本臨床薬理学会関東・甲信越地方会, 2016年9月3日, 神奈川(横浜)

山野嘉久. 
希少難病HAMの分子病態解明による治療薬開発の新展開, 
第1回日本臨床薬理学会関東・甲信越地方会, 2016年9月3日, 神奈川(横浜)

玉木慶子、佐藤知雄、津川潤、山野嘉久、坪井義夫. 
HAM患者における治療効果を予測するバイオマーカーの検討, 
第3回日本HTLV-1学会学術集会, 2016年8月26日~28日, 鹿児島

佐藤知雄、Ariella Coler-Reilly、新谷奈津美、八木下尚子、中村龍文、永井将弘、新野正明、竹ノ内徳博、中川正法、松崎敏男、山野嘉久. 
HAM患者に対する経口ステロイド維持療法の長期的効果, 
第3回日本HTLV-1学会学術集会, 2016年8月26日~28日, 鹿児島

井上永介、Ariella Coler-Reilly、新谷奈津美、八木下尚子、佐藤知雄、高田礼子、山野嘉久. 
HAM発症から診断までの期間における納の運動障害重症度の経時推移の解析, 
第3回日本HTLV-1学会学術集会, 2016年8月26日~28日, 鹿児島

新谷奈津美、佐藤知雄、八木下尚子、高橋克典、内丸薫、山野嘉久. 
HTLV-1関連脊髄症(HAM)におけるHAS-Flow法を用いたATL発症高危険度患者の予測, 
第3回日本HTLV-1学会学術集会, 2016年8月26日~28日, 鹿児島

山野嘉久.
腎移植患者のHTLV-1感染とHAM発症,
第49回日本臨床腎移植学会, 2016年3月25日, 鳥取(米子市)

山野嘉久, 長谷川泰弘, 松本直樹, 井上永介3、松岡雅雄4、内丸薫, 髙田礼子, 中島孝, 森豊隆志.
HAMに対するヒト化抗CCR4抗体の医師主導治験,
2015年度AMED 6事業合同成果報告会, 2016年2月12日, 東京

山野嘉久, 長谷川泰弘, 新野正明, 藤原一男, 中川正法, 竹之内徳博, 永井将弘, 吉良潤一, 中村龍文, 髙嶋博, 渡嘉敷崇, 米澤久司, 坪井義夫, 髙田礼子, 齊藤峰輝, 外丸詩野, 植田幸嗣、松田文彦, 井上永介.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究,
2015年度AMED 6事業合同成果報告会, 2016年2月12日, 東京

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
平成27年度厚生労働科学研究費&日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発費 HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2016年2月6日, 東京

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品の開発促進に関する研究.
平成27年度厚生労働科学研究費&日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発費 HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2016年2月6日, 東京

佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、山野嘉久.
HAMの進行度の特徴と関連バイオマーカーの検討.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成27年度合同班会議, 2016年1月21日, 東京

玉木慶子, 津川潤, 佐藤知雄, 山野嘉久, 坪井義夫.
HAMにおける治療効果を予想するバイオマーカーの検討.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成27年度合同班会議, 2016年1月21日, 東京

山野嘉久、山内淳司、佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、大勝秀樹、長谷川泰弘、湯沢賢治.
HTLV-1陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植によるHAMの特徴.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成27年度合同班会議, 2016年1月21日, 東京

山野嘉久.
HTLV-1陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植によるHAMの特徴について.
日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)「神経筋疾患の原因究明および革新的治療法開発に関する研究」平成27年度班会議, 2015年12月18日, 鹿児島

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
革新的医療技術創出拠点プロジェクト統合戦略会議, 2015年11月10日, 東京(東京都千代田区)

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)に対する抗CCR4抗体療法の開発.
第43回日本臨床免疫学会総会, 2015年10月22日~24日, 兵庫(神戸市中央区)

石原誠人, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 藤井理沙, 最知直美, 宇都宮與, 山野嘉久, 植田幸嗣.
定量膜プロテオーム解析による成人 T 細胞性白血病に対する治療標的の探索, 
第74回日本癌学会学術集会, 2015年10月9日, 名古屋(名古屋市熱田区)

山野嘉久.
臓器移植後に伴うHTLV-1関連疾患発症の実態について.
第9回HTLV-1対策推進協議会, 2015年9月30日, 東京(東京都千代田区)

山野嘉久.
HAMの治療展望.
第27回日本神経免疫学会学術集会, 2015年9月15~16日〔15日〕, 岐阜(岐阜市)

山野嘉久.
希少難病HAM患者レジストリー「HAMねっと」の臨床研究・治験への応用 ~運営事務局の立場から~.
第15回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2015 inKOBE. 2015年9月12日, 兵庫(神戸市中央区)

夛田まや子, 佐々木光穂, 平田誠, 樋野村亜希子, 坂手龍一, 西下直希, 山野嘉久, 吉良潤一, 小原有弘, 松山晃文.
難病バンクにおけるHLAタイピング導入による難病研究推進.
第24回日本組織適合性学会, 2015年9月10日~12日, 茨城(水戸市)

倉光球, 大隈和, 矢持忠徳, 山野嘉久, 長谷川寛雄, 上平憲, 岡山昭彦, 久保田龍二, 出雲周二, 成瀬功, 相良康子, 佐竹正博, 渡邉俊樹, 山口一成, 浜口功.
HTLV-1核酸検査の標準化および検出感度の検討:多施設共同研究.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

石原誠人, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 藤井理沙, 最知直美, 宇都宮與, 山野嘉久, 植田幸嗣.
末梢血CD4陽性T細胞を用いた膜プロテオーム解析によるHTLV-1関連疾患に対する新規治療標的の探索.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

山内淳司, 佐藤知雄, 八木下尚子, 新谷奈津美, 大勝秀樹, 長谷川泰弘, 力石辰也, 柴垣有吾, 湯沢賢治, 山野嘉久. 
HTLV-1陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植によるHAMの特徴.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

佐藤知雄, 安藤仁, 高橋克典, 國友康夫, Ariella Coler-Reilly, 新谷奈津美, 八木下尚子, 山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)における髄液細胞のケモカイン受容体解析.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

鈴木弘子, 石川美穂, 小池美佳子, 齊藤祐美, 八木下尚子, 山野嘉久.
HAM患者の思いを知る~SEIQoL-DW(個人の生活の質評価法)を用いた関わりを通して~.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

八木下尚子, 鈴木弘子, 石川美穂, 小池美佳子, 齊藤祐美, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 高田礼子, 山野嘉久.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」の経年的患者満足度調査.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

山野嘉久.
希少難病を知る-再発性多発軟骨炎の病態-.
第20回日本難病看護学会学術集会, 2015年7月25日, 東京(大田区)

石原誠人, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 藤井理沙, 最知直美, 宇都宮與, 山野嘉久, 植田幸嗣.
定量膜プロテオーム解析によるヒト T 細胞性白血病ウイルス1型(HTLV-1)関連疾患に対する新規治療標的の探索.
日本プロテオーム学会2015年会(JHUPO 第13会大会), 2015年7月23日~24日, 熊本

山内淳司, 柴垣有吾, 佐藤知雄, 八木下尚子, 新谷奈津美, 山野嘉久, 力石辰也.
HTLV-1陽性ドナーからの生体腎移植によりレシピエントに発症するHAMの特徴.
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月26日~28日, 横浜

山野嘉久, 山内淳司, 大勝秀樹, 佐藤知雄, 八木下尚子, 新谷奈津美, 長谷川泰弘, 力石辰也, 柴垣有吾.
HTLV-1陽性ドナーからの生体腎移植によるHAMの発症率と特徴.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟(新潟市中央区)

野妻 智嗣, 松浦 英治,  久保田 龍二, 児玉 大介 松崎 敏男, 渡邊 修, 三井 純, 石浦 浩之, 山野 嘉久, 辻 省次, 出雲 周二, 髙嶋 博. 
エクソーム関連解析によるHAM疾患感受性遺伝子の探索.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟(新潟市中央区)

佐藤健太郎, 菊池崇之, 木村未祐奈, 込田みどり, 島田奏, 関来未, 橘茉莉花, 八木下尚子, 佐藤知雄, 新谷奈津美, 石川美穂, 小池美佳子, 齋藤祐美, 鈴木弘子, 高田礼子, 山野嘉久.
患者レジストリへの介入方法と患者満足度の変化.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟

木村未祐奈, 佐藤健太郎, 菊池崇之, 八木下尚子, 新谷奈津美, 石川美穂, 小池美佳子, 齋藤祐美, 佐藤知雄, 鈴木弘子, 木村美也子, 高田礼子, 山野嘉久.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」を活用した経年的前向き調査.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟(新潟市中央区)

沢辺愛加, 根岸由衣, 野田和里, 平井祐士, 井上永介, 新谷奈津美, 八木下尚子, 佐藤知雄, 山野嘉久.
希少難病HAMの臨床的有効性評価指標の検討.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟(新潟市中央区)〔朱鷺メッセ

山野嘉久.
・山野班(HAM治験研究班/HAM病態研究班)の概要について(山野班)
・HAM多施設共同前向き臨床研究の概要(山野班)
・HAMに対するステロイド医師主導治験について(岡山班)
日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)「HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築」「HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究」「HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究」
平成27年度第1回岡山班/山野班合同班会議, 平成27年5月17日, 東京都(千代田区)

山野嘉久.
HAMに対するヒト化抗CCR4抗体の医師主導治験/Investigator-initiated clinical trial of humanized anti-CCR4 antibody in HAM.
平成26年度厚生労働科学特別研究事業 進捗管理班 成果報告会, 2015年3月13日, 東京都(中央区)

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
平成26年度厚生労働科学特別研究事業 進捗管理班 成果報告会, 2015年3月13日, 東京都(中央区)

山野嘉久.
HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発.
平成26年度厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会, 2015年2月7日, 東京都(港区)

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
平成26年度厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会, 2015年2月7日, 東京都(港区)

山野嘉久.
HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発班およびHAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究班 概要説明.
平成26年度厚生労働科学研究費難病政策および実用化研究班合同班会議, 2015年1月21日~22日, 東京都(千代田区)

新谷奈津美, 山野嘉久.
HAMにおけるTh1-like CD4+CCR4+ T細胞の発生機構と病態形成への関わり.
平成26年度厚生労働科学研究費難病政策および実用化研究班合同班会議, 2015年1月21日~22日, 東京都(千代田区)

佐藤知雄, 山内淳司, アリエラ・コラーライリー, 新谷奈津美, 八木下尚子, 安藤仁, 齊藤祐美, 國友康夫, 高橋克典, 山野嘉久.
HAMに対する抗CCR4抗体の有用性およびCCR4+CD8+T細胞の病的意義に関する検討.
平成26年度厚生労働科学研究費難病政策および実用化研究班合同班会議, 2015年1月21日~22日, 東京都(千代田区)

八木下尚子, 鈴木弘子, 石川美穂, 小池美佳子, 齊藤祐美, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 木村美也子, 山野嘉久, 高田礼子.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」を活用した経年的前向き調査の概要報告.
平成26年度厚生労働科学研究費難病政策および実用化研究班合同班会議, 2015年1月21日~22日, 東京都(千代田区)

山野嘉久.
希少な神経難病:HTLV-1関連脊髄症(HAM)の新薬開発への挑戦,
第35回日本臨床薬理学会学術総会 シンポジウム24, 2014年12月4日, 愛媛県(松山市)

Kawamata T, Ohno N, Sato K, Kobayashi M, Jo N, Yuji K, Tanosaki R, Yamano Y, Uchimaru K and Tojo A.
Differential diagnosis of by flowcytometric analysis of post allo-SCT myelopathy; a case report.
第76回日本血液学会学術集会 , 2014年10月31日~11月2日(11月1日), 大阪府(大阪市北区)

山野嘉久.
重症な慢性疲労症候群患者の日常生活困難度に関する調査の紹介.
厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(障害者対策総合研究開発事業(神経・筋疾患分野))慢性疲労症候群の病因病態の解明と画期的診断・治療法の開発研究班, 平成26年度第2回班会議, 2014年10月12日, 大阪府(大阪市北区)

夛田まや子, 平田誠, 佐々木光穂, 樋野村亜希子, 前畑みどり, 高橋一朗, 増井徹, 山野嘉久, 吉良潤一, 米田悦啓, 坂手龍一.
難病研究資源バンクにおける収集試料のHLAタイピング実施による難病研究の推進.
第23回日本組織適合性学会大会, 2014年9月13日~15日, 長崎県(長崎市)

佐藤知雄、新谷奈津美、安藤仁、山内淳司、國友康夫、高橋克典、斎藤祐美、石川美穂、八木下尚子、山野嘉久.
HAMにおけるTh1様異常T細胞の発生機構および病態への関与,
第19回日本神経感染症学会総会学術集会・第26回日本神経免疫学会学術集会合同学術集会, 2014年9月4日~6日, 石川県(金沢市)

山内淳司, 新谷奈津美, 安藤仁, Ariella Coler-Reilly, 國友康夫, 高橋克典, 八木下尚子, 佐藤知雄, 宇都宮與, 山野嘉久.
HAMにおける抗CCR4抗体療法の有用性およびCCR4+CD8+T細胞の異常に関する検討.
第19回日本神経感染症学会総会学術集会・第26回日本神経免疫学会学術集会合同学術集会, 2014年9月4日~6日, 石川県(金沢市)

余郷麻希子,大本周作,向井泰司,安部宏,相澤良夫,高橋利幸,山野嘉久,鈴木正彦. 慢性C型肝炎に対するインターフェロン療法後に、抗アクアポリン4抗体及び抗HTLV-1抗体陽性の脊髄長大病変を呈した49歳女性例.
第210回日本神経学会関東・甲信越地方会, 2014年9月6日, 東京都(千代田区)

山野嘉久, 木村美也子, 八木下尚子, 鈴木弘子, 石川美穂, 小池美佳子, 齊藤 祐美, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 高田礼子.
HAM患者登録システム「HAMねっと」を用いた疫学的解析.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

佐藤知雄, 井上永介, 新谷奈津美, 高橋克典, 國友康夫, Ariella Coler-Reilly, 山内淳司, 八木下尚子, 山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の臨床的評価指標の有用性に関する検討.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

新谷奈津美, 佐藤知雄, 安藤仁, 外丸詩野, Ariella Coler-Reilly, 八木下尚子, 山内淳司, 長谷川温彦, 神奈木真理, 田中勇悦, 宇都宮與, 山野嘉久.
HTLV-1によるHTLV-1関連脊髄症(HAM)病原性T細胞の発生機構の解析.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

八木下尚子, 有福厚孝, 菊池崇之, 木村未祐奈, 佐藤健太郎, 石川美穂, 鈴木弘子, 小池美佳子, 齊藤祐美, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 木村美也子, 高田礼子, 山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)患者登録システム「HAMねっと」の患者満足度調査.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

山内淳司, 新谷奈津美, 安藤仁, 國友康夫, 高橋克典, Ariella Coler-Reilly, 八木下尚子, 佐藤知雄, 宇都宮與, 山野嘉久.
HAMにおける抗CCR4抗体療法の有用性およびCCR4+CD8+T細胞の異常に関する検討.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

遠藤寿子, 中島孝, 池田哲彦, 大田健太郎, 會田泉, 米持洋介, 山野嘉久.
HAMの歩行不安定症に対する歩行改善プログラムに関する検討.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

寺田裕紀子, 鴨居功樹, 山野ちなみ, 山野嘉久.
HTLV-1キャリアに合併した関節リウマチに対する生物学的製剤の使用でHTLV-1ぶどう膜炎とHTLV-1関連脊髄症が悪化した1例.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

石原誠人, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 藤井理沙, 最知直美, 宇都宮與, 山野嘉久, 菅野純夫, 植田幸嗣.
CD4陽性T細胞を用いた膜プロテオーム解析によるHTLV-1関連脊髄症に対する新規治療標的分子の探索.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

山野嘉久.
HAMに対する標準治療の確立に資する臨床試験実施を目指した研究. 厚生労働科学研究委託業務 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾患実用化研究事業))「HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築」班,
平成26年度第1回班会議, 2014年8月 東京

山野嘉久.
・研究班活動の全体像について
・HAMに対するKW-0761第I/IIa相臨床試験(医師主導治験)の進捗状況
・HAMの有効性評価指標に関する前向き多施設共同臨床試験について~主旨と概要~
・HAMねっとの進捗状況と平成25年度疫学調査結果について
・HAMに対するステロイドの国際共同臨床試験について~背景について~
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾患実用化研究事業)「HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発」班・厚生労働科学研究委託業務 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾患実用化研究事業))「HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究」班,
平成26年度第1回合同班会議, 2014年7月 東京

菊池崇之, 有福厚孝, 木村未祐奈, 佐藤健太郎, 本橋隆子, 木村美也子, 網中雅仁, 高田礼子, 八木下尚子, 山野嘉久.
患者QOLの改善に向けた患者レジストリの満足度調査. 第55回日本神経学会学術大会,
2014年5月 福岡

山野嘉久.
HAMの炎症慢性化におけるastrocyteを介した炎症悪性ループの重要性.
第55回日本神経学会学術大会,
2014年5月 福岡

菊池崇之, 有福厚孝, 木村未祐奈, 佐藤健太郎, 本橋隆子, 木村美也子, 網中雅仁, 高田礼子, 八木下尚子, 山野嘉久.
患者QOLの改善に向けた患者レジストリの満足度調査.
第55回日本神経学会学術大会,
2014年5月 福岡

Yagishita N, Aratani S, Fujita H, Yamano Y, Nishioka K, Nakajima T. 
The role of E3 ubiquitin ligase Synoviolin in bone destruction of rheumatoid arthritis.
第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,
2014年4月 東京

山野嘉久.
HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発.
平成25年度厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会,
2014年2月 東京

山野嘉久.
FM患者における抗電位依存性K+チャネル(VGKC)複合体抗体の高い陽性率.
平成25年度厚生労働科学研究費補助金慢性の痛み対策研究事業「線維筋痛症をモデルとした慢性疼痛機序の解明と治療法の確立に関する研究」班総括班会議,
2014年2月 三重

山野嘉久.
HAMの治験にむけて.(座長)
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「希少性難治性疾患-神経・筋難病疾患の進行抑制治療効果を得るための新たな医療機器、生体電位等で随意コントロールされた下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)に関する医師主導治験の実施研究」平成25年度第2回班員会議,
2014年1月 東京

山野嘉久. 
HAMの炎症慢性化におけるアストロサイトを介した炎症増幅ループの重要性. 
平成25年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「免疫性神経疾患に関する調査研究」班平成25年度班会議,
2014年1月 東京

山野嘉久.
HAMの炎症慢性化におけるアストロサイトを介した炎症増幅ループの重要性. 
厚生労働科学研究費補助金 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業「次世代遺伝子解析技術を用いた希少難治性疾患の原因究明及び病態解明に関する研究」班平成25年度班会議, 
2013年12月 鹿児島

山野嘉久, Ariella Coler-Reilly, 八木下尚子, 佐藤知雄, 新谷奈津美, 橋本充代, 木村美也子, 高田礼子.
HAM患者登録システム(HAMねっと)の構築による疫学調査と満足度調査の概要報告,
第34回日本臨床薬理学会学術総会,
2013年12月 東京

山野嘉久.
HAMにおけるバイオマーカーと炎症慢性化機構,
厚生労働省科学研究費補助金障害者対策総合研究事業「慢性疲労症候群の病因病態の解明と画期的診断・治療法の開発」班 平成25年度第2回班会議,
2013年12月 大阪

山野嘉久, 山内淳司, 新谷奈津美, 安藤仁, Ariella Color-Reilly, 八木下尚子, 宇都宮與, 佐藤知雄.
HAMにおける抗CCR4抗体製剤の有用性に関する検討,
第25回日本神経免疫学会学術集会,
2013年11月 山口

山野嘉久.
HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発,
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発」 班 平成25年度第1回班会議,
2013年11月 東京

石原誠人、新谷奈津美、佐藤知雄、宇都宮與、中川英刀、山野嘉久、植田幸嗣.
成人T細胞白血病ウイルス関連疾患における新規治療標的同定を目的とした定量膜プロテオームプロファイリング.
第72回日本癌学会学術総会,
2013年10月 神奈川

Hasegawa A, Tamai Y, Takamori A, Sasada A, Tanosaki R, Choi I, Utsunomiya A, Suehiro Y, Maeda Y, Yamano Y, Uike N, Kannagi M.
同種造血幹細胞移植後ATL患者からの新規HTLV-1特異的CD4エピトープの同定(Identification of novel HTLV-1-specific CD4 epitopes in ATL patients after hematopoietic stem cell transplantation.)
第72回日本癌学会学術総会,
2013年10 神奈川

山野嘉久、渡邊修、西岡健弥、臼井千恵、長田賢一、荒谷聡子、藤田英俊、八木下尚子、伊藤健司、中村郁朗、岡寛、中島利博、西岡久寿樹.
FM患者における抗電位依存性K+チャネル(VGKC)複合体抗体の高い陽性率.
日本線維筋痛症学会第5回学術集会,
2013年10月 神奈川

山野嘉久.
HAMについての総論,
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「希少性難治性疾患-神経・筋難病疾患の進行抑制治療効果を得るための新たな医療機器、生体電位等で随意コントロールされた下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)に関する医師主導治験の実施研究」平成25年度第1回班員会議,
2013年9月 茨城

Yamano Y.
Development of novel molecular targeted therapies for HAM/TSP.
第6回HTLV-1研究会・シンポジウム/第3回HTLV-1国際シンポジウム
2013年8月 東京

佐藤知雄、新谷奈津美、安藤仁、Ariella Coler-Reilly、山内淳司、八木下尚子、山野嘉久. 
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の治療標的としてのCCR4+CD4+T細胞. 
第6回HTLV-1研究会・シンポジウム 
2013年8月 東京

Coler-Reilly A, Hashimoto M, Yagishita N, Sato T, Ando H, Yamauchi J, Araya N, Kimura M, Yamano Y, and Takata A.
The “HAM-net” HAM/TSP Patient Registration System and its Applications: A Sampling of Epidemiological Findings in Japan.
第6回HTLV-1研究会・シンポジウム 
2013年8月 東京

石原 誠人、新谷奈津美、佐藤知雄、山野嘉久、中川英刀、植田幸嗣.
脳脊髄液プロテオーム解析によるヒトTリンパ好性ウイルス関連脊髄症(HAM/TSP)に対する重症度診断アルゴリズムの構築.
第6回HTLV-1研究会・シンポジウム 
2013年8月 東京

山野嘉久、橋本充代、佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、高田礼子.
HAM患者登録システム(HAMねっと)の構築および登録患者の調査概要報告.
第54回日本神経学会学術大会,
2013年5月 東京

小松梨恵, 藤井亮爾, 佐藤知雄, 山野嘉久, 遊道和雄, 別府諸兄, 西岡久寿樹, 中島利博.
滑膜炎関連因子SPACIA1によるCDK6の遺伝子発現調節機構の解析.
第57回日本リウマチ学会総会・学術集会,
2013年4月 京都.

Fujii R, Komatsu R,  Sato T, Yamano Y, Yudoh K, Beppu M, Nishioka K, Nakajima T.
Analysis of a transcriptional complex on the core promoter of SPACIA1 gene, which associated with synovitis.
第57回日本リウマチ学会総会・学術集会,
2013年4月 京都.

山野 嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の新規医薬品開発に関する研究
平成24年度厚生労働科学研究費HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会
2013年2月 東京

山野嘉久
線維筋痛症患者における抗VGKC複合体抗体の測定
厚生労働科学研究費補助金慢性の痛み対策研究事業「線維筋痛症をモデルとした慢性疼痛機序の解明と治療法の確立に関する研究」班平成24年度第2回班会議
2013年2月 三重

高田礼子、橋本充代、佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、山野嘉久
HAM患者登録システム(HAMねっと)の構築および登録患者の調査概要報告
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「免疫性神経疾患に関する調査研究」班平成24年度班会議
2013年1月 東京

佐藤知雄、新谷奈津美、安藤仁、山内淳司、八木下尚子、山野嘉久
HAMにおけるCCR4+CD4+T細胞の異常 
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「免疫性神経疾患に関する調査研究」班平成24年度班会議
2013年1月 東京

山野嘉久
HAMにおける免疫異常ならびに家族内発症について
厚生労働科学研究費補助金 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業(難病関係研究分野)「次世代遺伝子解析技術を用いた希少難治性疾患の原因究明及び病態解明に関する研究」班平成24年度班会議
2012年12月 鹿児島

山野嘉久
HAMの新規バイオマーカー候補分子髄液CXCL10の病態における重要性 
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)出雲班班会議「重症度別治療指針作成に資すHAMの新規バイオマーカー同定と病因細胞を標的とする新規治療法の開発」平成24年度第2回班会議
2012年11月 鹿児島

山内淳司、安藤仁、新谷奈津美、佐藤知雄、八木下尚子、山野嘉久.
ステロイドのHAM患者血中HTLV-1プロウイルス量に対する影響と免疫抑制によるHTLV-1関連疾患発症リスクに関する検討
第17回日本神経感染症学会
2012年10月 京都 

佐藤知雄、安藤仁、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、出雲周二、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の進行度に関連するバイオマーカーの同定
第17回日本神経感染症学会
2012年10月 京都 

山野嘉久 座長:レトロウイルス:HIV,HTLV-1
第17回日本神経感染症学会
2012年10月 京都 

安藤仁、佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、山内淳司、アリエラ・コラーライリー、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の炎症慢性化に果たすCXCL10の役割と治療応用への解析
第17回日本神経感染症学会 2012年10月 京都
【2012年度最優秀口演賞受賞】 

山野嘉久、安藤仁、佐藤知雄、外丸詩野、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、吉田眞理、宇都宮與
HAMにおけるCXCL10の炎症慢性化機構における重要性と治療標的としての可能性
第24回日本神経免疫学会学術集会
2012年9月 長野 

中島利博、荒谷聡子、臼井千恵、八木下尚子、西岡健弥、山野嘉久、藤田英俊、伊藤健司、長田賢一、中村郁朗、岡寛、西岡久寿樹
線維筋痛症研究プラットフォームの確立と疼痛シグナル解析モデルの構築
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎 

山野嘉久、渡邉修、荒谷聡子、八木下尚子、藤田英俊、臼井千恵、西岡健弥、伊藤健司、長田賢一、中村郁朗、岡寛、中島利博、西岡久寿樹
線維筋痛症患者における抗VGKC複合体抗体の測定
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎 

西岡健弥、中村郁朗、臼井千恵、山野嘉久、長田賢一、西岡久寿樹
FAS-31を用いた線維筋痛症の治療評価
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎 

中村郁朗、西岡健弥、臼井千恵、長田賢一、山野嘉久、友利新、一林久雄、石田光裕、松本美富士、西岡久寿樹
本邦における線維筋痛症のインターネットによる疫学調査
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎 

西岡健弥、臼井千恵、岡寛、長田賢一、山野嘉久、西岡久寿樹
線維筋痛症におけるRestless legs syndromeの合併と治療について
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎 

荒谷聡子、臼井千恵、八木下尚子、西岡健弥、山野嘉久、藤田英俊、伊藤健司、長田賢一、中村郁朗、岡寛、西岡久寿樹、中島利博
線維筋痛症における疼痛シグナル解析モデルの構築
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎 

岡寛、臼井千恵、西岡健弥、山野嘉久、中村郁朗、荒谷聡子、中島利博、西岡久寿樹
線維筋痛症におけるプレガバリンとCPKの上昇について-臨床例からの解析-
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎 

山野嘉久 座長:教育講演「小児期の線維筋痛症の特徴と問題点」
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎 

佐藤知雄、安藤仁、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、出雲周二、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の進行度に関連する新規バイオマーカーとしての髄液CXCL10の重要性
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京 

齊藤祐美 高田礼子、菊地誠志、藤原一男、中川正法、竹之内徳博、永井将弘、吉良潤一、中村龍文、髙嶋博、齊藤峰輝、渡嘉敷崇、法化図陽一、松崎敏男、出雲周二、山野嘉久
HAM患者登録システム(HAMねっと)の構築
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京 

安藤仁、佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、山内淳司、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の炎症慢性化に果たすCXCL10の役割と治療応用への解析
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京 

石原誠人、新谷奈津美、佐藤知雄、山野嘉久、中村祐輔、中川英刀、植田幸嗣
脳脊髄液プロテオームプロファイリングによるHAM/TSP重症度指針マーカーの同定
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京 

山内淳司、安藤仁、新谷奈津美、佐藤知雄、八木下尚子、山野嘉久
ステロイドの血中HTLV-1プロウイルス量に対する影響と免疫抑制によるHTLV-1関連疾患発症リスクに関する検討
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京 

長谷川温彦、高森絢子、宇都宮與、前田裕弘、山野嘉久、増田昌人、清水由紀子、玉井洋太郎、笹田亜麻子、崔日承、鵜池直邦、岡村純、渡邉俊樹、神奈木真理
HTLV-1感染者におけるTax特異的T細胞応答およびATL発症予防
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京 

山野嘉久
HAMにおけるHTLV-1感染T細胞の異常
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京 

山野嘉久 
・HAMに対する抗CCR4抗体を用いた医師主導治験の背景と概要
・急速進行の経過を示したHAM患者の症例提示
・国際共同臨床試験の背景と概要・生物統計学的背景
平成24年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「HAMの新規医薬品開発に関する研究」平成24年度第1回班会議
2012年8月 東京 

山野嘉久
HAM(HTLV-1関連脊髄症)対策に関する現状と課題 第3回HTLV-1対策推進協議会
2012年6月 東京 

山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の臨床経過と関連する疾患活動性マーカーの同定
第53回日本神経学会学術大会
2012年5月 東京 

山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の新規医薬品開発に関する研究 HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会
2012年3月 東京

山野嘉久
線維筋痛症患者における抗VGKC抗体の測定 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 慢性の痛み対策研究事業「線維筋痛症をモデルとした慢性疼痛機序の解明と治療法の確立に関する研究」研究報告会
2012年2月 三重

山野嘉久
CFS実態調査の結果および患者会との交流 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業「自律神経機能異常を伴い慢性的な疲労を訴える患者に対する客観的な疲労診断法の確立と慢性疲労診断指針の作成」研究班 班会議
2012年1月 東京

安藤仁、佐藤知雄、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の慢性炎症におけるCXCL10の重要性に関する解析 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難知性疾患克服研究事業 「免疫性神経疾患に関する調査研究」班会議
2012年1月 東京

佐藤知雄、 安藤仁、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、出雲周二、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の疾患活動性バイオマーカーに関する解析 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難知性疾患克服研究事業 「免疫性神経疾患に関する調査研究」班会議
2012年1月 東京

山野嘉久 基調演説および議事進行
(1)HAM患者ウェブ登録システムの内容とコホート研究の進め方について
(2) サンプルセンターの内容と連携体制の構築について
(3) 治療実態調査の結果ご報告と今後の課題
(4) 国際共同臨床試験の内容
(5) 新規医薬品開発研究の進展状況
平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難知性疾患克服研究事業「HAMの新規医薬品開発に関する研究」平成23年度第1回班会議
2012年1月 東京

山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)患者生体資料の収集保存と難病研究資源バンクとの連携の確立 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難知性疾患克服研究事業「難治性疾患克服のための難病研究資源バンク開発研究」平成23年度班会議
2012年1月 大阪 

2011年以前の 国内学会 はこちら»»» memo過去の 国内学会.pdf

enterこのページの先頭へ

講演

山野嘉久.
HAMについて.
第2回HTLV-1治療研究講演会. 2018年2月28日, 京都(京都府京都市上京区河原町)〔KKR京都くに荘〕new

山野嘉久.
HTLV-1母子感染の予防と対策.
平成29年度不妊・不育・HTLV-1相談に関する研修. 2018年2月14日, 神奈川県(大和市中央)〔神奈川県厚木保健福祉事務所大和センター〕new

山野嘉久.
HTLV-1母子感染予防対策について.
平成29年度神奈川県母子保健対策検討委員会. 2018年1月29日, 神奈川県(横浜市中区海岸通)〔波止場会館〕new

山野嘉久.
HTLV-1の基礎知識とキャリア妊産婦・患者への支援.
平成29年度HTLV-1母子保健感染予防対策研修会. 2018年1月23日, 山梨(甲府市)〔山梨県男女共同参画推進センター〕new

山野嘉久.
医師主導治験の計画と実施~希少難病HAMを例として~.
愛媛大学医学部付属病院第32回創薬育薬セミナー. 2017年12月26日, 愛媛(松山市)〔愛媛大学〕new

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の病態・疫学の特徴とKW-0761の可能性.
協和発酵キリン社内セミナー, 2017年9月1日, 東京(千代田区)〔グランキューブ〕

山野嘉久.
難病患者さんの笑顔を目指して ~臨床と基礎の研究成果を活かした医師主導治験の軌跡~.
京都府立医科大学特別講義, 2017年7月11日, 京都(京都市)〔京都府立医科大学〕

山野嘉久.
患者レジストリがもたらす難病医療の充実と新薬開発について.
中枢性尿崩症(CDI)の会総会・勉強会 難病医療の充実とネットワーク -患者登録サイトHAMねっと-, 2017年6月25日, 東京都(千代田区)〔NATULUCK神田北口駅前店〕

山野嘉久.
患者レジストリを活用した難病医療の充実と新薬開発の促進.
医療ビッグデータコンソーシアム 第1回ライフサイエンス部会. 2017年4月14日, 東京(千代田区)〔全国町村会館〕

山野嘉久.
HAMについて,
第1回HTLV-1治療研究講演会・第1回スマイルリボン全国大会, 2017年3月8日, 東京都(千代田区)〔グランドアーク半蔵門〕

山野嘉久.
HTLV-1の基礎知識と最新情報について、キャリア妊産婦・患者への支援について,
平成28年度山梨県HTLV-1母子感染予防対策研修会, 2017年3月14日, 山梨(甲府市丸の内)〔県庁防災新館〕

山野嘉久.
HTLV-1母子感染の予防,
平成28年度不妊・不育・HTLV-1相談に関する研修, 2017年2月22日, 神奈川(大和市中央)〔厚木保健福祉事務所大和センター〕

山野嘉久.
HTLV-1って何?
第40回聖マリアンナ医科大学公開講座, 2017年1月25日, 神奈川(川崎市多摩区)〔多摩市民館〕

山野嘉久.
医師主導の開発:市販薬の追加適応獲得,
平成28年度大阪大学MEIプロフェッショナルコース, 2017年1月14日, 東京(中央区日本橋本町)〔日本橋ライフサイエンスビルディング〕

山野嘉久.
HAMについて~より良い治療を目指して~.
平成28年度HTLV-1対策講演会「知りましょう!HTLV-1のこと~ヒトT細胞白血病ウイルスとは~」, 2016年12月18日, 鹿児島県(鹿児島市)〔鹿児島県医師会館4階大ホール〕, 主催:鹿児島県, 鹿児島県医師会, 鹿児島市

山野嘉久. 
HAMの病態機序に基づいた疾患修飾薬の開発.
日沼賴夫先生メモリアルシンポジウムHTLV-1 研究の現況と展望, 2016年3月16日, 京都

山野嘉久.
HAMの分子病態解明による治療薬開発の新展開.
長崎大学病院自己免疫・炎症性疾患勉強会, 2016年3月15日, 長崎

山野嘉久.
HTLV-1の基礎知識と最新情報について.キャリア妊産婦・患者への支援について.
平成27年度山梨県HTLV-1母子感染予防対策研修会, 2016年3月11日, 山梨

山野嘉久.
HTLV-1ウイルスを知ってください。母子感染予防から, 相談ができる地域づくりをめざして.
HTLV-1感染予防対策研修会, 宮城県主催, 2016年2月27日, 宮城

山野嘉久.
HTLV-1母子感染予防対策について~現況と展望~,
平成27年度神奈川県母子保健対策検討委員会, 神奈川県主催, 2016年1月18日, 神奈川

山野嘉久.
HTLV-1母子感染の予防.
平成27年度母子保健関連研修, 神奈川県主催, 2016年1月8日, 神奈川

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)について.
GHRCC研究室セミナー, 神奈川県科学技術アカデミー主催, 2016年1月5日, 神奈川

山野嘉久.
ここまで進んでいます!HAM革新的な新薬開発の最新情報.
HTLV-1講演会, NPO法人スマイルリボン・スマイルリボン福岡主催, 2015年12月26日, 福岡

山野嘉久.
医師主導の開発(Workshop-2):市販薬の追加適応獲得.
大阪大学臨床医工学・情報学スキルアップ講座, 2015年12月5日, 東京

山野嘉久. 
HTLV-1 の基礎知識とHAMについて.
鹿児島県HTLV-1対策講演会, 鹿児島県・鹿児島県医師会主催, 2015年11月22日, 鹿児島

山野嘉久.
希少難病の新薬開発への挑戦.
RDD 2015 世界希少・難病性疾患の日, RDDチーム鹿児島主催, 2015年2月28日, 鹿児島

山野嘉久.
HAMの抗CCR4抗体治験について.
厚生労働科学研究費難治性疾患実用化研究事業中島班山野班合同シンポジウムイブニングセミナー, 平成26年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等実用化研究事業「希少性難治性疾患-神経・筋難病疾患の進行抑制治療効果を得るための新たな医療機器、生体電位等で随意コントロールされた下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)に関する医師主導治験の実施研究」主催, 2015年1月31日, 東京

山野嘉久.
HTLV-1の検査陽性・判定保留者への相談支援体制について.
平成26年度神奈川県母子保健対策委員会, 神奈川県主催, 2015年1月13日, 神奈川県(横浜市)

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM),
HTLV-1母子感染予防対策講習会, 厚生労働科学研究成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「HTLV-1母子感染予防に関する研究」「HTLV-1抗体陽性妊婦からの出生児のコホート研究」主催, 2014年12月14日, 東京

山野嘉久.
HTLV-1の基礎知識と最新情報や求められる支援体制について,
平成26年度母子保健研修, 神奈川県主催, 2014年12月2日, 神奈川県(横浜市)

山野嘉久.
HTLV-1の基礎知識と最新情報や求められる支援体制について,
平成26年度山梨県HTLV-1母子感染予防対策研修会, 山梨県主催, 2014年11月26日, 山梨

山野嘉久.
HAMに対する抗CCR4抗体療法の実用化と国際展開「難病HAMの克服への挑戦」,
臨床研究支援業務従事者対象研修会, 公益財団法人先端医療振興財団主催, 2014年11月19日, 兵庫

山野嘉久.
Investigator initiated clinical trial of mogamulizmab in HAM.( HAMに対するモガムリズマブの医師主導治験), 
第76回日本血液学会学術集会 NCCN ガイドライン日本語版 造血器腫瘍領域公開記念シンポジウム, 公益財団法人先端医療振興財団主催, 2014年11月2日, 大阪

山野嘉久. 希少な神経難病HAMの新薬開発への挑戦. PatientsMap セミナー2014~メディカル データ インサイト~, (株)社会情報サービス主催, 2014年10月24日, 東京

山野嘉久.
HAMに対する日本初の革新的治療の実用化に向けて~医師主導治験の概要~.
HAMの新薬とロボットスーツによる治療法についての講演会, NPO法人スマイルリボン主催, 2014年9月23日, 福岡

山野嘉久.
HAMに対する日本初の革新的治療の実用化に向けて~医師主導治験の概要~.
第1回HAM治療研究研修会, 2014年9月14日, 東京

山野嘉久.
HAMに対する日本初の革新的治療の実用化に向けて~医師主導治験の概要~. 
HAMの新薬とロボットスーツによる治療法についての講演会, NPO法人スマイルリボン主催,
2014年4月20日 鹿児島

山野嘉久.
HTLV-1関連疾患HAMの臨床病態とその免疫学的特徴、さらに抗CCR4抗体の治療の可能性.
富士リサーチパークセミナー, 協和発酵キリン㈱・富士リサーチパーク主催,
2014年3月25日 静岡

山野嘉久.
HAMに対する抗CCR4抗体療法の実用化に向けた治験の進捗状況について
第6回HTLV-1対策推進協議会,
2014年3月13日 東京

山野嘉久.
HTLV-1の基礎知識と求められる支援体制とは.
平成25年度HTLV-1母子感染関係者研修会, 山梨県福祉保健部主催,
2014年3月5日 山梨

山野嘉久.
HTLV-1キャリア妊婦への理想的な母子感染予防体制の構築を目指して.
第14回聖マリアンナ医科大学産婦人科学教室同門会総会学術講演会, 聖マリアンナ医科大学産婦人科主催,
2014年2月16日 東京

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM).
平成25年度HTLV-1母子感染予防対策講習会, 厚生労働科学研究費補助金成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「HTLV-1母子感染予防に関する研究・HTLV-1抗体陽性妊婦からの出生児のコホート研究」主催,
2014年2月9日 東京

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)に対する日本初の革新的治療の実用化に向けて.
第80回聖マリアンナ医科大学難治性疾患研修会, 聖マリアンナ医科大学病院メディカルサポートセンター主催,
2014年1月16日 神奈川

山野嘉久.
HTLV-1母子感染予防対策について.
平成25年度神奈川県母子保健対策検討委員会, 神奈川県保健福祉局主催,
2013年12月25日 神奈川

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM).
北里大学臨床研究機構臨床試験コーティネーティング部部内勉強会. 北里大学臨床研究機構主催,
2013年12月18日 東京

山野嘉久.
HTLV-1母子感染の予防,
神奈川県平成25年度母子保健研修, 神奈川県保健福祉局主催,
2013年12月11日 神奈川

山野嘉久.
HAMの治験について. 
HAM患者会シンポジウム・交流会, NPO法人「日本からHTLVウイルスをなくす会」スマイルリボン・厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発」班共催,
2013年12月7~8 静岡

山野嘉久.
新たなHAMの分子標的療法の開発.
第17回血液細胞療法フォーラム, 血液細胞療法研究会、協和発酵キリン㈱共催,
2013年10月19日 大阪

山野嘉久.
HAMについて:HAM治療の最前線.
シンポジウム:知って下さい!HTLV-1のこと, 特定非営利活動法人スマイルリボン主催,
2013年10月14日 愛知

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)について,
HTLV-1感染予防対策医療従事者等研修会, 岩手県保健福祉部主催,
2013年9月21日, 岩手

山野嘉久.
HAM患者登録システム(HAMねっと)を用いた全国疫学調査の概要.
第1回希少疾患登録/国際ワークショップ, 精神・神経疾患研究開発費「遺伝性神経・筋疾患における患者登録システムの構築と遺伝子診断システムの確立に関する研究」Remudy・厚生労働科学研究費補助金( 難治性疾患克服研究事業)「今後の難病対策のあり方に関する研究」共催,
2013年7月26日 東京

山野嘉久.
新たなHAMの分子標的治療法の開発.
第1回ATL疾患検討会, ATL研究会、協和発酵キリン㈱共催,
2013年7月13日, 東京

山野嘉久
線維筋痛症の診断と治療
線維筋痛症友の会九州支部医療講演会, 線維筋痛症九州支部友の会主催
2013年6月9日 鹿児島

山野嘉久
HTLV-1の基礎知識とキャリア妊婦の相談対応
平成24年度HTLV-1母子感染予防対策研修, 神奈川県保健福祉局主催
2013年3月13日 横浜市

山野嘉久
HTLV-1の基礎知識とキャリア妊婦の相談対応 
第401回神奈川産婦人科学会 学術講演会 教育セミナー, 神奈川県産婦人科医会主催
2013年3月9日 横浜市

山野嘉久
HTLV-1母子感染予防対策について
平成24年度神奈川県母子保健対策検討委員会 神奈川県保健福祉局主催
2013年2月18日 横浜市

Yamano Y.
Search for a model of drug efficacy for a rare chronic progressive neurological disease HAM/TSP.
The 3rd International Symposium of Early Stage Clinical Trial,
February 2, 2013, Yokohama, Japan.〔招待講演〕

山野嘉久
パネルディスカッション「HTLV-1、ATL、HAM Q&A」パネリスト
知ってください!HTLV-1のこと スマイルリボンNPO設立7周年記念ATL,HAMシンポジウム 患者会4団体主催 
2012年12月23日 鹿児島

山野嘉久
HAMの研究について
「HAMの新規医薬品開発に関する研究」班 患者会への研究成果報告会・アトムの会(全国HAM患者友の会)関西支部交流会 アトムの会(全国HAM患者友の会)主催 
2012年12月16日 大阪

山野嘉久
HAMにおける免疫異常ならびに家族内発症について
厚生労働科学研究費補助金 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業(難病関係研究分野)「次世代遺伝子解析技術を用いた希少難治性疾患の原因究明及び病態解明に関する研究」班平成24年度班会議
2012年12月7日 鹿児島

山野嘉久
HTLV-1の基礎知識とキャリア妊婦の相談対応・HTLV-1母子感染予防研究について
第26回横浜市西部地域産婦人科研究会 
2012年12月4日 川崎市〔聖マリアンナ医科大学西部病院〕

山野嘉久
HAMの研究について 患者会シンポジウム・交流会 スマイルリボン関東、厚生労働科学研究費難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「HAMの新規医薬品開発に関する研究」班共同主催 2012年12月1日 山梨 

山野嘉久
HAM について
HTLV-1ウイルスとATL、HAM公開講演会・シンポジウム 富山県産科婦人科学会、富山県産婦人科医会、厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」各研究班 共同主催 2012年11月18日 富山

 山野嘉久
HTLV-1キャリア妊婦への支援
平成24年度関東甲信越地区母子保健事業研修会 東京都、(社)日本家族計画協会主催 2012年11月7日 東京

山野嘉久
希少難病のかかえる問題点とその解決に向けて~HTLV-1関連脊髄症(HAM)を通して考える~
平成24年度(第32回)難病講習会 愛知県医師会難病相談室主催 2012年10月30日 愛知

山野嘉久
HAM/HTLV-1について
HAM/HTLV-1関連疾患医療講演会 熊本県難病相談・支援センター主催 2012年10月14日 熊本

山野嘉久
シンポジウム「HTLV-1キャリアについて」 広げたい!スマイルリボンの輪 伝えたい!患者とキャリアの声
NPO法人日本からHTLVウイルスをなくす会主催 2012年7月29日 神奈川

山野嘉久
HAM病態研究の進歩に基づく新規治療薬の可能性
第10会HAM治療研究会 大日本住友製薬株式会社主催 2012年7月27日 大阪

山野嘉久
HAMについて
HTLV-1ウイルスとATL、HAM公開講演会・シンポジウム 北海道大学大学院医学研究科血液内科、厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」各研究班 共同主催 2012年6月23日 北海道

山野嘉久
線維筋痛症の診断と治療
医療講演会 線維筋痛症友の会九州支部主催 2012年6月10日 熊本

山野嘉久
HAMについて
HTLV-1ウイルスとATL、HAM公開講演会・シンポジウム 長崎県ATLウイルス母子感染防止研究協力事業連絡協議会・長崎大学大学院・NPO法人「日本からHTLVウイルスをなくす会」・厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班共同主催 2012年5月13日 長崎

山野嘉久
慢性疲労症候群について
医療制度研究会第二回草津セミナー NPO法人「法人医療制度研究会」主催 群馬県吾妻郡公開講演会・シンポジウム 2012年4月21日 群馬

山野嘉久
HAMについて
HTLV-1ウイルスとATL、HAM医療講演会・シンポジウム 福岡大学病院腫瘍センター・NPO法人「日本からHTLVウイルスをなくす会」・厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班共同主催 2012年4月15日 福岡

山野嘉久
ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-1)の基礎知識とキャリアの相談について
HTLV-1感染症に関する相談検査講習会 山梨県福祉保健部主催 2012年3月15日 甲府

山野嘉久
HTLV-1総合対策とHAMについて
HTLV-1ウイルスとATL、HAM医療講演会 NPO法人「日本からHTLVウイルスをなくす会」 厚生労働省科学研究費補助金がん臨床研究事業「HTLV-1キャリア・ATL患者に対する相談機能の強化と正しい知識の普及の促進」 研究班 共同主催 2012年2月11日 大阪

2011年以前の 講演 はこちら»»» memo過去の 講演.pdf

enterこのページの先頭へ

記事掲載

読売新聞 2018年2月21日(水)夕刊16面
南日本新聞 2018年2月21日(水)日刊2面
南日本新聞 2018年2月9日(金)日刊22面
西日本新聞 2018年2月9日(金)日刊32面
読売新聞 2018年1月14日(日)日刊12面
日経産業新聞 2017年6月6日 日刊8ページ
南日本新聞 2017年3月22日 日刊17面
Medical Tribune 2015年10月22日 vol.48, No.43, P15
公明新聞 2015年1月10日(土)
読売新聞 2014年12月13日(土)日刊37面
朝日新聞 2014年12月13日(土)日刊35面
時事通信 2014年12月13日(土)
西日本新聞 2014年9月24日(水)日刊
西日本新聞 2014年9月22日(月)日刊28面
西日本新聞 2014年6月25日(水)日刊3面
南日本新聞 2014年6月24日(火)日刊32面
Medical Tribune 2014年5月15日 vol.47, No.20, P14
南日本新聞 2013年9月26日(木)日刊1面
西日本新聞 2013年9月26日(木)日刊1面
毎日新聞 2013年9月24日(火)夕刊10面
南日本新聞 2013年7月10日(水)日刊1面
西日本新聞 2013年7月9日(火)日刊1面
週刊ポスト 2013年6月7日号
産学官連携ジャーナル 2012 Vol.8, No.12:8-11
日本経済新聞 2012年10月18日(木)夕刊9面
キャリアブレイン 2012年6月6日(水)医療介護CBニュース(ウエブサイト)
朝日新聞 2012年1月17日(火)日刊35面
南日本新聞 2011年12月10日(土)日刊
月刊壮快 2011年12月16日発行 2012年2月号
月刊安心 2011年12月2日発行 2012年1月号
西日本新聞 2011年12月6日(火)日刊1面
キャリアブレイン 2011年7月6日(水)医療介護CBニュース(ウエブサイト)
Medical Tribune 2011年6月23日 vol.44, No.25, P52-53
週刊日本医事新報 2011年6月18日 No.4547:52-53
公明新聞 2011年5月8日(日)日曜版3面
東京新聞 2011年4月19日(火) 日刊9面
THE MEDICAL&TEST JOURNAL 20011年3月1日(火) 第1149号5-6面
週刊医療界レポート医療タイムス 2011年2月28日 第2002号31-33
健康産業新聞 2011年2月23日 第1378号4面
ナーシングビジネス 2011年Vol.5MARCH:50-51
琉球新報 2011年2月2日(水) 日刊 23面
沖縄タイムス 2011年1月30日(日) 日刊9面
西日本新聞 2011年1月1日(土) 日刊1面、3面
公明新聞 2010年12月21日(火) 日刊1面
女性自身 2010年12月14日号:72-78
朝日新聞 2010年11月8日(月) 日刊3面社説
公明新聞 2010年11月6日(土) 日刊6面
キャリアブレイン 2010年10月23日(土) CBニュース
公明新聞 2010年10月23日(土)日刊2面
朝日新聞 2010年10月21日(木) 日刊37面
西日本新聞 2010年9月20日(月) 日刊31面
西日本新聞 2010年9月20日(月) 日刊33面
読売新聞 2010年9月14日(火) 日刊38面
西日本新聞 2010年9月14日(火)
公明新聞 2010年9月10日(金)日刊1面
毎日新聞 2010年9月9日(木) 日刊25面
読売新聞 2010年9月9日(木) 日刊31面
朝日新聞 2010年9月9日(木)日刊7面
西日本新聞 2010年9月9日(木) 日刊1面
西日本新聞 2010年9月9日(木) 日刊29面
Medical Tribune 2010年8月12日 vol.43, No.32, P44
読売新聞 2010年7月22日(木) 夕刊9面
西日本新聞 2010年6月12日(土) 日刊34面
西日本新聞 2010年6月12日(土) 日刊33面
毎日新聞 2010年6月9日(水)~2010年6月11日(金) 日刊全3回連載
西日本新聞 2010年6月6日(日) 日刊1面
西日本新聞 2010年6月6日(日) 日刊30面朝日新聞 2010年4月19日(月) 日刊1面
朝日新聞ウィークリーAERA 2009年12月21日号
読売新聞 2009年8月15日(土) 夕刊
南日本新聞 2009年8月14日 日刊
南日本新聞 2009年8月14日 日刊22面
朝日新聞 2009年4月28日(火)~2009年5月3日(日 )日刊全6回連載

enterこのページの先頭へ

公的研究費

厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 平成29~31年度
研究分担 山野嘉久「軟骨炎症性疾患の診断と治療体系の確立」new

厚生労働科学研究費 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 平成29~31年度
研究分担 山野嘉久「神経免疫疾患のエビデンスによる診断基準・重症度分類・ガイドラインの妥当性と患者QOLの検証」new

日本医療研究開発機構研究費 感染症実用化研究事業新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 平成29~31年度
研究分担 山野嘉久「HTLV-1の疫学研究及ひ゛総合対策に資する研究」new

日本医療研究開発機構研究費 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 平成29~31年度
研究分担 山野嘉久「ATL/HAMの発症基盤の解明と発症ハイリスクグループの同定」new

日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業 平成29~31年度
研究分担 山野嘉久「ゲノム・転写物・代謝物を融合した統合オミックス解析による稀少難治性疾患の病態解明」
new

日本医療研究開発機構研究費 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業 平成28~30年度研究分担 山野嘉久「ヒトとウイルスのゲノム情報と臨床情報の統合によるHTLV-1関連疾患の診療支援全国ネットワークの確立」

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 平成28~30年度
研究代表 山野嘉久「HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成」

日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B) 平成28~30年度
研究代表 山野嘉久「HAMの病態形成におけるエピゲノム異常の統合的解析と新規制御機構の解明」

日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C) 平成28~30年度
研究代表 佐藤知雄「HAMで同定した制御性T細胞由来異常T細胞のウイルス因子による発生機構の解明」

日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C) 平成28~30年度
研究代表 新谷奈津美「HAM病態形成におけるウイルス感染細胞起因の炎症ループ機構に関する時空間的解明」

日本医療研究開発機構研究費難治性疾患実用化研究事業 平成28~29年度
研究分担 山野嘉久「希少難治性疾患克服のための「生きた難病レジストリ」の設計と構築」

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(免疫アレルギー疾患等政策研究事業(移植医療基盤整備研究分野)) 平成27年度
研究分担 山野嘉久「腎移植患者のHTLV-1感染とHAMおよびATL発症に関する研究」〕

日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業 平成27~29年度
研究分担 山野嘉久「希少難治性脳・脊髄疾患の歩行障害に対する生体電位駆動型下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)を用いた新たな治療実用化のための多施設共同医師主導治験の実施研究」

日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業 平成27~29年度
研究代表 山野嘉久「HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究」関連サイト:HAM(HTLV-1関連脊髄症)患者登録サイト HAMねっと clover

厚生労働科学研究委託業務(難治性疾患等克服研%E

病因病態解析部門の研究内容

臨床に根差したRare Diseases Research

我々は、神経難病であるHTLV-1関連脊髄症(HAM)の病態解明に基づいた診断および治療の向上を目指した研究を主なテーマの一つとして日々取り組んでいます。

診断については、疾患活動性を的確に評価し、”Window of opportunity”(発症早期の適切な治療機会)を逃さないことが重要です。これまでに我々は自然経過と、あるバイオマーカーの値から、HAMには4つの病型(急速進行型、慢性進行性活動型、慢性進行性非活動型、慢性軽症型)が存在することを見出しており、各病型に応じた適切な治療を行うことが予後の改善に重要であると考えています。今後、この考え方をベースにHAMの診療ガイドラインの作成などに貢献し、全国どこでもある一定以上の診断・治療が行われることを目指します。

また治療については、現在行われている経口ステロイドによる治療の長期予後改善効果を確認しているものの、進行を阻止できず、まだまだ不十分であります。したがって、新規治療薬の開発は必­須と考えています。薬剤開発にはシーズ探索から臨床試験に至るまで様々なフェーズがあり、そのなかで我々は化合物ライブラリーを用いたリード化合物スクリーニングから既存の薬剤の臨床治験まで幅広く行っています。この非常に時間のかかる新規治療薬の開発は、いかにスムーズに進めるかが大事であり、他の大学、研究機関および企業の協力を得て、一連の流れをスムーズに進める仕組みづくりを試みています。さらに我々はHAMのみならず、再発性多発軟骨炎や関節リウマチ、慢性疼痛、慢性疲労症候群といった難治疾患に対しても、その病因・病態へ迫り、画期的な治療法の開発へ結びつける研究に取り組んでいます。

難治性疾患の病因・病態解明に対する取り組み

ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-1)は、HTLV-1関連脊髄症(HAM)、ブドウ膜炎、シェーグレン症候群などの免疫性疾患を引き起こす原因ウイルスです。その病態は、HTLV-1感染細胞に起因した過剰な免疫応答によりますが、HTLV-1が宿主に免疫異常を誘発する機構は未だ不明です。

我々は最近、HAM患者においてHTLV-1の感染により異常となったT細胞を同定し、その細胞が増加して過剰な免疫病態を引き起こす原因となっている事を報告しました。我々は、このHAM病原性T細胞に着目し、HTLV-1がT細胞に感染して可塑的な変化を誘導する機構や、その異常T細胞が脊髄病変を惹起し、慢性炎症を増幅させる機構を解析して、HAMの病態の主軸を明らかにする研究を行っています。さらに、この病原性T細胞や炎症増幅因子を標的とした発症予防法、治療法および診断法を開発し、新規の革新的な医療技術の創出を目指しています。

疾患モデル動物の提供で遺伝子研究の明日を拓く

医薬品開発はゲノム創薬の時代に突入しました。こうした変化により、疾患モデル動物の重要性はいままでになく高まっています。すなわち遺伝子の作用メカニズムに基づく論理的な創薬開発が次代の要請となり、有効性・安全性面からもより効果的な創薬開発の展開が活発化してきたのです。こうした時代を先取りし、私たちは実験動物、特に遺伝子改変動物(トランスジェニックマウス、ノックアウトマウス)を用いて、難治性疾患の原因解明へとアプローチします。

これまでに私たちは、関節リウマチより単離した新規遺伝子「シノビオリン」のトランスジェニックマウスやノックアウトマウスを作成し、これらのマウスを解析することでシノビオリンが関節リウマチの原因分子の1つであることを解明してきました。また、シノビオリンが関節リウマチだけでなく肝線維症の原因分子の1つとなることも最近明らかとしました。このシノビオリンの機能を標的とした創薬開発は、すでに現実化しつつあります。

このように私たちは、「疾患モデル動物の作出とそのモデル動物を用いた難治性疾患の画期的治療法の探索」を主軸に掲げ、関節リウマチやHAMなど様々な難治性疾患の原因を解明し治療法を開発することを使命とし、日々研究に取り組んでいます。