HAM・キャリア外来

  • HOME
  • > HAM・HTLV-1キャリア外来

HAM・HTLV-1キャリア外来について

受診案内

場所:聖マリアンナ医科大学病院内科外来
日時:毎週月曜日午前中・木曜日午前中(平成23年8月から木曜日に変更になりました)

  • 事前のご予約が必要です。
  • 当日の受付は11時までとなっております。
予約に関するお問い合わせ
メディカルサポートセンター難病相談
電話:044-977-8111
E-mail:ims.soudan●marianna-u.ac.jp
スパムメール対策のため、お手数ですが●を@に変換の上ご利用ください。

HAM・HTLV-1キャリア外来について

HTLV-1(human T-cell leukemia virus type 1)というウイルスは、主に血液の中のTリンパ球という細胞に感染して、一度感染が成立すると体の中に潜んでしまうウイルスです。日本人には縄文時代より前からHTLV-1の感染があったことが知られており、現在でも感染者が100万人以上います。HTLV-1に感染しても約95%の方は特にこのウイルスが原因で病気を発病しません。このように感染していても症状のない状態を「キャリア」とよんでいます。

感染者のごく一部に、成人T細胞白血病(adult T-cell leukemia, ATL)やHTLV-1関連脊髄症(HTLV-1-associated myelopathy, HAM)という病気を発症します。最近、このHTLV-1や関連する病気について詳しく情報を掲載しているウェブサイトが出来ましたので、詳細はこちらをご参照ください。

当院のHTLV-1キャリア外来では、

  • 「HTLV-1に感染していることが最近判明して詳しく説明を聞きたい」
  • 「HTLV-1の抗体検査で“偽陽性”とか“判定保留”などと説明されたがよくわからないので詳しく検査をして欲しい」
  • 「HTLV-1キャリアとしての健康状態をチェックして欲しい」

など、HTLV-1キャリアのみなさまの様々な要望や悩みに答えるために、研究室レベルでしか出来ない検査方法なども駆使して診療に取り組んでいます。ぜひ、気軽にご相談下さい。

また当院のHAM外来では、HAMの診断はもちろんのこと、病気の活動性を把握する為の研究室レベルでしか出来ない最新の検査を行っています。HAMの治療は、病気の活動性や、年齢、性別、合併症など、様々な角度から一人一人の患者さんに最も適切な治療法を選択するように努めています。また、HAMは眼の炎症(ぶどう膜炎)や肺の病変、口や目の渇き、排尿の問題や便秘、褥創、など多く合併症を伴うことがあります。当院では大学病院という利点を活かして、他科と綿密に連携してきめ細かな診療を心がけています。セカンドオピニオンも受け付けておりますので、気軽にご相談下さい。

HAMの各種検査をご希望される先生方へ

当研究室では、下表の項目の測定が可能です。
検査をご希望される場合は以下の連絡先までお問い合わせください。

  測定項目 必要検体量
血液
HTLV-1プロウイルス量 ヘパリン加採血管(10 mL)2本
髄液 ネオプテリン濃度(SRLに委託) 液性成分0.5 mL
CXCL10濃度 液性成分0.2 mL
抗HTLV-1抗体価(PA法)(SRLに委託) 液性成分0.5 mL
HTLV-1プロウイルス量 細胞成分
<検査依頼に関するお問い合わせ>
聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 病因・病態解析部門(山野研究室)
担当 高橋・八木下
〒216-8512 川崎市宮前区菅生2-16-1
TEL 044-977-8111(内線4007)
FAX 044-977-9772
E-mail yagi●marianna-u.ac.jp
   (●を@に変換して送信してください)

関連リンク

HTLV-1や関連する病気についてのサイト
患者会やNPO法人活動に関するサイト