最新ニュース

  • HOME
  • > 最新ニュース
  • > 研究成果が米国リウマチ学会のPlenary Session(Discovery 2013)での発表に選ばれました

研究成果が米国リウマチ学会のPlenary Session(Discovery 2013)での発表に選ばれました

診断治療法開発創薬部門 唐澤講師の難治性血管炎の病因病態に関する研究成果が、2013年度米国リウマチ学会(American College of Rheumatology, ACR)のPlenary Session(Discovery 2013)での発表(口演)に選ばれました。

Session Title:ACR Plenary Session III: Discovery 2013
Talk Title:Pathological Roles Of The Anti-Oxidative Enzyme Peroxiredoxin 2 In Patients With Kawasaki Disease.
Date and Time:Tuesday, October 29, 2013, from 11:00 AM to 12:30 PM