臨床研究の情報公開

  • HOME
  • > 臨床研究の情報公開

臨床研究に関する情報公開について(オプトアウト)

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。

ただし、臨床研究のうち、研究対象者への侵襲や介入もなく過去に得られた試料や情報を利用する研究や通常の診療で得られた記録を利用する研究については、国が定めた指針に基づき、研究対象者等のお一人ずつから、直接同意を頂く代わりに、研究の目的を含め研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」といいます。 

オプトアウトを用いた臨床研究は下記をご覧ください。
研究のためにご自身のデータや検体が使用されることを望まない方は、研究課題名のリンク先にありますPDFファイルに掲載されている連絡先までお知らせください。

承認番号 研究課題名 研究責任者・所属
1646
(遺74

HTLV-1関連疾患の病態解明と治療法・予防法の開発に関する
研究
(PDFファイルはこちら»»»
HTLV-1関連疾患の病態解明と治療法・予防法の開発に関する研究.pdf

山野嘉久・
先端医療開発学
2560
(遺123

HTLV-1関連脊髄症(HAM)の有効性評価指標に関する
前向き多施設共同臨床研究
(PDFファイルはこちら»»»
前向き多施設共同臨床研究.pdf)

山野嘉久・
先端医療開発学