最新ニュース

2013年3月

2013年3月の記事一覧です。

平成25年度第1回難治研大学院セミナー(2013年4月12日)

平成25年度第1回難治研大学院セミナー

日時: 平成25年4月12日(金曜日)18:00~19:00
場所: 医学部本館3階 大学院講義室1
講演: 骨系統細胞における細胞周期分子Cdk6の役割について
演者: 小笠原 徹 先生(東京大学医学部附属病院 顎口腔外科・歯科矯正歯科 講師)

抄録: 細胞周期研究は酵母を重要な実験モデルとして、主に細胞増殖制御という観点から発展し、2001年のノーベル医学・生理学賞の対象となりました。近年では、さまざまな細胞において、その増殖機構だけではなく分化調節機構にも関与していることが分かっています。また、細胞が分化するためには細胞周期からの逸脱あるいはG1期における細胞周期の停止が必要であるため、細胞分化においてはG1期における細胞周期分子が重要な働きを担っていると考えられています。そこで、われわれの研究グループはG1期に機能する細胞周期分子に着目して研究を進め、Cdk6が骨系統細胞分化において重要な機能を有することを報告してきました。本講義ではそれらの知見を中心に、細胞周期分子による骨系統細胞ならび
に骨格系制御機構について概説したいと思います。

※この講演会は大学院特別講義に認定されております。