国内学会

岡本邦彦, 小橋明人, 朝倉麻衣, 井澤優, 小森初美, 角田由美子, 水上平祐, 白石眞, 山野嘉久.
パーキンソン病患者に対する誤嚥性肺炎の予防 ~嚥下スクリーニング表を多職種で作成して~.
第15回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 2021年7月2日 <ポスター発表> 仙台国際センター ハイブリッド開催

諸澤由利子, 白石眞, 吉田あゆみ, 高橋麻紀, 武石香織, 佐藤義典, 伊佐早健司, 佐々木直, 秋山久尚, 山野嘉久.
Levodopa-carbidopa intestinal gel (LCIG) 療法における外来看護師の介入方法の検討.
第15回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 2021年7月2日 <ポスター発表> 仙台国際センター ハイブリッド開催

日野栄絵, 水上平祐, 萩原悠太, 眞木二葉, 鏑木真弓, 松本博文, 白石眞, 山野嘉久.
パーキンソン病患者での経頭蓋超音波検査による黒質評価の有用性.
第15回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 2021年7月2日 <ポスター発表> 仙台国際センター ハイブリッド開催

松本博文, 白石眞, 水上平祐, 日野栄絵, 鏑木真弓, 小野順也, 中川涼 藁科希和, 水野紗里江, 朽本しのぶ, 山野嘉久.
パーキンソン病(PD)における起立動作中の頸部、体幹の傾きの定量化について.
第15回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 2021年7月2日 <ポスター発表> 仙台国際センター ハイブリッド開催

本吉愛, 右田王介, 小澤南, 高橋由妃, 杉下陽堂, 久我亜沙美, 大原樹, 古屋直樹, 小島康幸, 大橋洋之, 山本博幸, 井本清美, 砂川優, 山野嘉久, 津川浩一郎.
当院におけるがん遺伝子パネル検査の二次的所見に関する検討.
第27回日本遺伝性腫瘍学会学術集会, 2021年6月18日 <ポスター発表> web開催.

桒田千尋, 秋山久尚, 山野嘉久.
当院におけるThree Territory Sign陽性例の臨床的検討.
第63回日本老年医学会学術集会, 2021年6月11日 オンデマンド配信.

赤須友香利, 今井健, 清水高広, 土橋瑶子, 萩原悠太, 原大祐, 山内淳司, 秋山久尚, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
活動性癌合併脳梗塞患者における死亡リスク評価候補マーカーとしてのDVT検査の有用性.
第40回日本脳神経超音波学会総会, 2021年6月5日 web開催

会田真衣, 片岡智佳, 櫻井謙三, 伊佐早健司, 山野嘉久.
COVID19パンデミック前後での「オンライン診察」に対する意識調査.
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月22日 国立京都国際会館 <ポスター発表> ハイブリッド開催

片岡智佳, 会田真衣, 伊佐早健司, 櫻井謙三, 山野嘉久.
オンライン診察に対する意識調査~どのような患者に活用できるか~.
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月22日 国立京都国際会館 <ポスター発表> ハイブリッド開催

鏑木真弓, 水上平祐, 松本博文, 菱田吉明, 清水紗智, 緒方聖友, 韓蔚, 伊澤直樹, 砂川優 白石眞, 山野嘉久.
免疫チェックポイント阻害薬による中枢神経領域の免疫関連有害事象に関する検討.
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月22日 国立京都国際会館 <口頭・一般> ハイブリッド開催

飯島直樹, 山内淳司, 八木下尚子, 新谷奈津美, 荒谷聡子, 田辺健一郎, 佐藤知雄, 高田礼子, 山野嘉久.
リアルワールドデータにより示されたHAMの排尿障害に対するミラベグロンの有用性.
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月22日 国立京都国際会館 <口頭・一般> ハイブリッド開催

秋山久尚, 山野嘉久.
片頭痛患者における睡眠時無呼吸症候群の合併についての検討.
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月22日 国立京都国際会館 <口頭・一般> ハイブリッド開催

原大祐, 眞木二葉, 赤松真志, 鹿島悟, 貫井咲希, 大島淳, 山野嘉久.
パーキンソン病におけるHb、血清鉄、vitaminB12、葉酸、ホモシステインに関する検討.
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月20日 国立京都国際会館 <ポスター発表> ハイブリッド開催

櫻井謙三, 鏑木圭, 土橋瑶子, 鷹尾直誠, 日野栄絵, 伊佐早健司, 山野嘉久.
多発性硬化症における脳梁インデックスと注意障害の関連に関する検討.
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月20日 国立京都国際会館 <ポスター発表> ハイブリッド開催

伊佐早健司, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
院内発症脳卒中とinhospital stroke action team(iSAT)の形成.
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月20日 国立京都国際会館 <口頭・シンポジウム指名> ハイブリッド開催

伊佐早健司, 土橋瑶子, 鈴木祐, 星野俊, 清水高弘, 伊藤英道, 内田将司, 木村慶子, 伊藤杏子, 山下雄輔, 深野崇之, 萩原悠太, 秋山久尚, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
院内発症脳卒中対策チーム(in –hospital stroke action team:iSAT)構築2年後の効果.
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月19日 国立京都国際会館 <ポスター発表> ハイブリッド開催

鏑木真弓, 山徳雅人, 秋山久尚, 山野嘉久.
左手の不随意運動を来した右頭頂葉梗塞の一例.
第428回神奈川神経談話会, 2021年4月15日 Web開催

白石眞, 山野嘉久, 三上恭平, 加茂力.
パーキンソン病における姿勢異常の評価.
第1回メトロポリタンPDカンファレンス, 2021年3月19日 東京

秋山久尚, 桒田千尋, 萩原悠太, 清水高広, 山野嘉久, 鈴木知美, 桒田慎吾, 出雲昌樹, 田邉康宏, 明石嘉浩.
当院での卵円孔開存に対する経皮的カテーテルPFO閉鎖機器(Amplazer PFO オクルーダー)治療.
STROKE2021, 2021年3月11日 ハイブリッド開催

鏑木圭, 清水高弘, 秋山久尚, 萩原悠太, 飯島直樹, 曽我海馬, 鷹尾直誠, 柴田宗一郎, 桒田千尋, 佐々木直, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
急性期脳梗塞における頸部血管エコーによる主幹動脈病変の診断についての検討.
STROKE2021, 2021年3月11日 ハイブリッド開催

飯島直樹, 清水高弘, 土橋瑶子, 曽我海馬, 鷹尾直誠, 柴田宗一郎, 萩原悠太, 桒田千尋, 秋山久尚, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
担癌患者の脳梗塞発症後の予後予測因子に関する検討:拡散協調画像所見(Three territory sign)の有用性.
STROKE2021, 2021年3月11日 ハイブリッド開催

伊佐早健司, 土橋瑶子, 鈴木祐, 星野俊, 鏑木圭, 清水高弘, 伊藤英道, 内田将司, 木村慶子, 伊藤杏子, 山下雄輔, 秋山久尚, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
院内発症脳卒中症例におけるtPA静注療法の効果.
STROKE2021, 2021年3月11日 ハイブリッド開催

赤須友香利, 伊佐早健司, 曽我海馬, 桒田千尋, 小池春樹, 勝野雅央, 山野嘉久.
両下肢疼痛、左下垂足より発症しシクロフォスファミドパルス療法(IVCY)が有効であった非全身性血管炎性ニューロパチー(NSVN)の一例.
第236回日本神経学会関東・甲信越地方会, 2021年3月6日 web開催

内野賢治, 大熊壮尚, 篠原健介, 今井健, 山野嘉久.
長時間にわたり診断し得なかったParamyotonia congenitaの30歳女性例.
第236回日本神経学会関東・甲信越地方会, 2021年3月6日 web開催

鷹尾直誠, 秋山久尚, 赤須友香利, 飯島直樹, 桒田千尋, 深野崇之, 萩原悠太, 清水高広, 山野嘉久.
One-and-a-half症候群呈した両側延髄内側梗塞の一例.
第83回神奈川県内科医学会集談会, 2021年3月6日 ハイブリッド開催

秋山久尚, 山野嘉久.
片頭痛例における睡眠時無呼吸症候群(SAS)の合併に関する検討.
第83回神奈川県内科医学会集談会, 2021年3月6日 ハイブリッド開催

山野嘉久.
HAMならびに類縁疾患の患者レジストリを介した診療連携モデルの構築によるガイドラインの活用促進と医療水準の均てん化に関する研究.
HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2021年2月13日 Web開催

山野嘉久.
HAM・HTLV-1陽性難治性疾患の診察ガイドラインに資する統合的レジストリの構築によるエビデンスの創出.
HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2021年2月13日 Web開催

山野嘉久.
新規HTLV-1感染モデルを用いたHAMの発症予防法・治療法の開発.
HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2021年2月13日 Web開催

山野嘉久.
HAMの治療薬開発を促進する代替エンドポイントとしてのバイオマーカーの実用化研究.
HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2021年2月13日 Web開催

山野嘉久.
HAMの革新的治療となる抗CCR4抗体製剤のコンパッショネートユースによる長期的投与試験.
HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2021年2月13日 Web開催

飯島直樹, 高田礼子, 八木下尚子, 田辺健一郎, 井上永介, 新谷奈津美, 山内淳司, 佐藤知雄, 山野嘉久.
リアルワールドデータにより示されたHAMの排尿障害に対するミラベクロンの有用性.
合同班会議】厚生労働省難治性疾患政策研究班(神経免疫班)、AMED難治性疾患実用化研究班 令和2年度合同班会議, 2021年1月15日 ステーションコンファレンス東京

山野嘉久, 八木下尚子, 古澤嘉彦, 丹澤和雅, 山口泉, 川口喬久, 松田文彦.
難病プラットフォーム(Rare Disease Data Registry of Japan : RADDAR-J)について.
【合同班会議】厚生労働省難治性疾患政策研究班(神経免疫班)、AMED難治性疾患実用化研究班 令和2年度合同班会議, 2021年1月15日 ステーションコンファレンス東京

山岸誠, 長阪美沙子, 鈴木穣, 久世裕太, 八木下尚子, 新谷奈津美, 山内淳司, 渡邉俊樹, 佐藤知雄, 山野嘉久, 内丸薫.
HAM患者のゲノム異常とクローン構造の高感度解析によるATL発症リスクの評価.
【合同班会議】厚生労働省難治性疾患政策研究班(神経免疫班)、AMED難治性疾患実用化研究班 令和2年度合同班会議, 2021年1月15日 ステーションコンファレンス東京

深野崇之, 萩原悠太, 清水高弘, 内田将司, 伊藤英道, 秋山久尚, 山野嘉久.
血管内治療医から見た急性期脳血管障害治療の最前線.
第79回内科合同勉強会, 2020年12月9日 川崎〔聖マリアンナ医科大学医学部大学院講義室2〕

曽我海馬, 清水高弘, 小倉英, 萩原悠太 秋山久尚, 榛沢和彦, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
急性期脳卒中患者における下肢深部静脈血栓症とヒラメ静脈径の検討.
第39回日本脳神経超音波学会, 2020年12月8日 web開催 <抄録のみ>

鏑木真弓, 水上平祐, 松本博文, 白石眞, 山野嘉久, 菱田吉明, 韓蔚, 緒方聖友.
免疫チェックポイント阻害剤のペムブロリズマブによりParkinsonismを認めた一例.
第235回日本神経学会関東・甲信越地方会, 2020年12月5日 Web開催

秋山久尚, 山野嘉久.
頭痛を呈し他院へ入院した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の1例.
第48回日本頭痛学会総会, 2020年11月7日 Web開催

秋山久尚, 萩原悠太, 山野嘉久.
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の頭痛に関する検討.
第48回日本頭痛学会総会, 2020年11月7日 Web開催

伊佐早健司, 秋山久尚, 赤須友香里, 貫井咲希, 柳澤俊之, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
右眼痛にて発症し、右内外転障害を呈した64歳男性例.
第58回日本神経眼科学会総会, 2020年11月6日 Web開催

松本博文, 菊池崇之, 柴田宗一郎, 土橋瑶子, 曽我海馬, 桒田千尋, 萩原悠太, 清水高弘、秋山久尚, 長谷川泰弘, 山野嘉久, 葛西亨, 吉田篤弘, 飯沼雅央, 上野純, 鳥居良昭, 赤澤努, 仁木久照, 中村尚生, 三村秀文.
頸動脈エコーで診察し得た、胸部大動脈瘤を伴う頭蓋外感染性頸動脈瘤の一例.
第23回日本栓子検出と治療学会, 2020年11月4日~オンデマンド配信  Web開催

鏑木圭, 伊佐早健司, 鈴木祐, 佐々木直, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
脳梗塞、末梢神経障害を伴った顕微鏡的多発血管炎に対し、リツキシマブで寛解導入した72歳女性例.
第38回日本神経治療学会学術集会, 2020年10月29日Web開催

鷹尾直誠, 櫻井謙三, 日野栄絵, 山野嘉久.
多量の鼻汁を契機に鼻性髄液漏の診断に至った再発性細菌性髄膜炎の一例.
第38回日本神経治療学会学術集会, 2020年10月29日 Web開催

菊池崇之, 伊佐早健司, 佐々木直, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
小脳失調と一過性構音障害を呈しパーキンソン症候群・ラクナ塞栓を疑った神経サルコイドーシスの59歳男性例.
第38回日本神経治療学会学術集会, 2020年10月28日 Web開催

伊佐早健司, 菊池崇之, 佐々木直, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
異常姿勢で発症し卵巣腫瘍による傍腫瘍性運動ニューロン疾患に対し卵巣腫瘍摘出術が著効した85歳女性例.
第38回日本神経治療学会学術集会, 2020年10月28日 Web開催

佐藤知雄, 山内淳司, 新谷奈津美, 高橋克典, 國友康夫, 八木下尚子, 山野嘉久.
HAM診察ガイドラインの活用実態および内容の評価に関する全国調査.
第32回日本神経免疫学会学術集会, 2020年10月1日~2日 Web開催

伊佐早健司, 菊池崇之, 佐々木直, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
パーキンソン症状、一過性脳虚血発作症状を呈した神経サルコイドーシスの一例.
第32回日本神経免疫学会学術集会, 2020年10月1日~2日 Web開催 〈ポスター〉

櫻井謙三, 柴田宗一郎, 鷹尾直誠, 日野栄絵, 山野嘉久.
多発性硬化症における当院での脳萎縮と高次脳機能障害の検討.
第32回日本神経免疫学会学術大会, 2020年10月1日~2日 Web開催 〈ポスター〉

有馬佑策, 伊佐早健司, 櫻井謙三, 秋山久尚, 高橋利幸, 金子仁彦, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
髄液中抗体測定が診断に有用であった抗MOG抗体関連疾患の52歳女性例. 第32回日本神経免疫学会学術大会, 2020年10月1日~2日 Web開催 〈ポスター〉

玉木慶子, 米良英和, 竹下翔, 藤岡伸助, 山野嘉久, 坪井義夫.
急速進行を呈したHTLV-1関連脊髄症(HAM)3症例の検討.
第61回日本神経学会学術大会, 2020年8月31日~9月2日, 岡山国際交流センター(岡山県岡山市) 国内ハイブリッド開催 <ポスター>

山内淳司, 八木下尚子, 佐藤知雄, 山野嘉久, 湯沢賢治.
臓器移植候補者のHTLV-1感染診療アルゴリズムの普及・啓発.
第53回日本臨床腎移植学会, 2020年2月19~20日, 東京〔浜松町コンベンションホール〕

山野嘉久.
HAMならびに類縁疾患の患者レジストリを介した診療連携モデルの構築によるガイドラインの活用促進と医療水準の均てん化に関する研究.
令和元年度厚生労働省&AMED支援課題HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2020年2月15日, 東京〔東京大学医学研究所附属病院〕

山野嘉久.
HAM・HTLV-1陽性難治性疾患の診療ガイドラインに資する統合的レジストリの構築によるエビデンスの創出.
令和元年度厚生労働省&AMED支援課題HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2020年2月15日, 東京〔東京大学医学研究所附属病院〕

山野嘉久.
HAMの治療薬開発を促進する代替エンドポイントとしてのバイオマーカーの実用化研究.
令和元年度厚生労働省&AMED支援課題HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2020年2月15日, 東京〔東京大学医学研究所附属病院〕

山野嘉久.
HAMの革新的治療となる抗CCR4抗体製剤のコンパッショネートユースによる長期投与試験.
令和元年度厚生労働省&AMED支援課題HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2020年2月15日, 東京〔東京大学医学研究所附属病院〕

山野嘉久.
HAMの治療薬開発を促進する代替エンドポイントとしてのバイオマーカーの実用化研究.
AMED難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患実用化研究事業 2019年度合同成果報告会, 2020年2月7日, 東京〔大手町プレイスカンファレンスセンター〕<ポスター>

山野嘉久.
HAM・HTLV-1陽性難治性疾患の診療ガイドラインに資する統合的レジストリの構築によるエビデンスの創出.
AMED難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患実用化研究事業 2019年度合同成果報告会, 2020年2月7日, 東京〔大手町プレイスカンファレンスセンター〕<ポスター>

山野嘉久.
HAMの革新的治療となる抗CCR4抗体製剤のコンパッショネートユースによる長期投与試験.
AMED難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患実用化研究事業 2019年度合同成果報告会, 2020年2月7日, 東京〔大手町プレイスカンファレンスセンター〕<ポスター>

山岸誠, 鈴木穣, 藤澤順一, 小林誠一郎, 中島誠, 窪川美雪, 水池潤, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 八木下尚子, 中村龍文, 渡邉俊樹, 山野嘉久, 内丸薫.
HAM患者及びHTLV-1感染モデルの多層的オミックス解析によるHAMの分子病態解析.
令和元年度神経免疫疾患研究班合同班会議, 2020年1月17日, 東京〔都市センターホテル〕

佐藤賢文, ベンジー・タン・ジェック・ヤン, 山野嘉久.
HAM病態解明に向けた感染者末梢血および脳脊髄液細胞のシングルセルトランスクリプトーム解析.
令和元年度神経免疫疾患研究班合同班会議, 2020年1月17日, 東京〔都市センターホテル〕

松浦英治, 松元陸, 眞弓芳子, 古園麻衣, 田代雄一, 荒田仁, 山野嘉久, 田中正和, 久保田龍二, 高嶋博.
HAMの初発症状は疾患進行の予測因子である.
令和元年度神経免疫疾患研究班合同班会議, 2020年1月17日, 東京〔都市センターホテル〕

山内淳司, 佐藤知雄, 八木下尚子, 新谷奈津美, 井上永介, 高田礼子, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
ステロイド治療中HAM患者における歩行機能予後予測マーカーの検討. 令和元年度神経免疫疾患研究班合同班会議, 2020年1月17日, 東京〔都市センターホテル〕

佐藤知雄, 八木下尚子, 山内淳司, 堤俊太郎, 新谷奈津美, 井上永介, 高田礼子, 山野嘉久.
HAM患者レジストリより得られたHAMのリアルワールドデータ.
令和元年度神経免疫疾患研究班合同班会議, 2020年1月17日, 東京〔都市センターホテル〕

【班会議】令和元年度AMED・厚労科研費HAM関連研究班合同班会議,
2019年12月24日, 東京〔TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター〕
・AMED難治性疾患実用化研究事業「HAMの革新的治療となる抗CCR4抗体製剤のコンパッショネートユースによる長期投与試験」
・AMED難治性疾患実用化研究事業「HAM・HTLV-1陽性難治性疾患の診療ガイドラインに資する統合的レジストリの構築によるエビデンスの創出」
・AMED難治性疾患実用化研究事業「HAMの治療薬開発を促進する代替エンドポイントとしてのバイオマーカーの実用化研究」
・厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業「HAMならびに類縁疾患の患者レジストリを介した診療連携モデルの構築によるガイドラインの活用促進と医療水準の均てん化に関する研究」

山野嘉久.
難病プラットフォームについて.
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業「自己免疫疾患に関する調査研究」令和元年度全体班会議,
2019年12月6日, 東京(東京都千代田区丸の内)〔ステーションコンファレンス東京〕

山野嘉久.
リアルワールドエビデンスを活用した希少難病の診療ガイドライン作成~HTLV-1関連脊髄症(HAM)を例に~.
第37回 愛媛大学創薬・育薬セミナー, 2019年11月28日, 松山(愛媛県松山市)〔愛媛大学〕

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症の病態と治療法の開発.
第47回日本臨床免疫学会総会, 2019年10月18日, 札幌(北海道札幌市)〔ロイトン札幌〕

山野嘉久.
患者レジストリを活用したHTLV-1関連脊髄症(HAM)の新薬開発.
第31回日本神経免疫学会学術集会, 2019年9月26日, 幕張(千葉県千葉市)〔幕張メッセ国際会議場〕

山内淳司, 佐藤知雄, 八木下尚子, 新谷奈津美, 井上永介, 山野嘉久.
HAM患者における短期の歩行機能変化の指標としての髄液CXCL10およびネオプテリンの有用性.
第6回日本HTLV-1学会学術集会, 2019年8月23日~25日, 宮崎(宮崎県宮崎市)〔ニューウェルシティ宮崎〕

八木下尚子, 高橋克典, 山内淳司, 佐藤知雄, 山野嘉久.
HAM診療ガイドライン2019策定のための患者の関心・価値観にかかわる調査.
第6回日本HTLV-1学会学術集会, 2019年8月23日~25日, 宮崎(宮崎県宮崎市)〔ニューウェルシティ宮崎〕

山野嘉久.
新ガイドラインを踏まえたHTLV-1関連脊髄症(HAM)の診断と治療.
第6回日本HTLV-1学会学術集会, 2019年8月23日~25日, 宮崎(宮崎県宮崎市)〔ニューウェルシティ宮崎〕

山野嘉久.
希少難病HTLV-1関連脊髄症(HAM)の患者参加型の研究と創薬.
第26回HAB研究機構学術年会, 2019年6月20日~22日〔21日〕, 東京(品川区旗の台)

Nakamura H, Takeuchi F, Furusawa Y, Yamaguchi I, Yamano Y, Matsuda F.
The current situation and needs of rare disease registries in Japan.
第60回日本神経学会学術大会(60th ANNUAL MEETING OF THE JAPANESE SOCIETY OF NEUROLOGY), 2019年5月22日~25日〔22日〕, 大阪(大阪府大阪市北区中之島)

Furusawa Y, Yamaguchi I, Yagishita N, Tanzawa K, Kamatani Y, Natsukawa M, Takahashi Y, Kosugi S, Yamano Y, Matsuda F.
An Integarative Platform for Rare Diseases Research of Japan.
第60回日本神経学会学術大会, 2019年5月22日~25日〔23日〕, 大阪(大阪府大阪市北区中之島)

山野嘉久.
HAMの病態と治療.
第60回日本神経学会学術大会, 2019年5月22日~25日〔23日〕, 大阪(大阪府大阪市北区中之島)

山野嘉久.
HAMを対象としたマルチオミクス解析によるATL発症リスク因子の同定・新規標的分子をターゲットとしたHAM治療法の開発.
AMED感染症実用化研究事業(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業)「ATL/HAMの発症基盤の解明と発症ハイリスクグループの同定」研究班 平成30年度第2回班会議, 2019年3月26日, 東京(東京都港区白金台) ≪内丸班≫

山野嘉久.
神経難病HTLV-1関連脊髄症(HAM)の患者が支える研究と創薬.
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月14~16日〔16日〕, 大阪(大阪府大阪市北区中之島)

山野嘉久.
HAMの革新的治療となる抗CCR4抗体製剤のコンパッショネートユースによる長期投与試験.
平成30年度厚生労働省&AMED支援課題「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会, 2019年2月9日, 東京(港区白金台)

山野嘉久.
HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成.
平成30年度厚生労働省&AMED支援課題「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会, 2019年2月9日, 東京(港区白金台)

山野嘉久.
HAM・HTLV-1陽性難治性疾患の診療ガイドラインに資する統合的レジストリの構築によるエビデンスの創出.
平成30年度厚生労働省&AMED支援課題「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会, 2019年2月9日, 東京(港区白金台)

山野嘉久.
HAMの治療薬開発を促進する代替エンドポイントとしてのバイオマーカーの実用化研究.
平成30年度厚生労働省&AMED支援課題「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会, 2019年2月9日, 東京(港区白金台)

山野嘉久.
HAMの治療薬開発を促進する代替エンドポイントとしてのバイオマーカーの実用化研究.
2018年度AMED6事業合同成果報告会, 2019年2月7・8日〔8日〕, 東京(千代田区丸の内)

山野嘉久.
HAMの革新的治療となる抗CCR4抗体製剤のコンパッショネートユースによる長期投与試験.
2018年度AMED6事業合同成果報告会, 2019年2月7・8日, 東京(千代田区丸の内)

山岸誠, 鈴木穣, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 八木下尚子, 山内淳司, 中村龍文, 渡邉俊樹, 山野嘉久, 内丸薫.
HTLV-1感染細胞の多層オミクスデータから見るHAMの分子病態解析.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成30年度合同班会議, 2019年1月17・18日〔18日〕, 東京(千代田区平河町)

佐藤賢文, 宮里パオラ, 勝屋弘雄, 宇都宮與, 山岸誠, 内丸薫, 新谷奈津美, 山内淳司, 八木下尚子, 佐藤知雄, 山野嘉久.
HTLV-1感染者末梢血中プロウイルス配列の網羅的解析.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成30年度合同班会議, 2019年1月17・18日〔18日〕, 東京(千代田区平河町)

八木下尚子, 佐藤知雄, 山内淳司, 高田礼子, 山野嘉久.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」を用いたHAMの疫学的解析.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成30年度合同班会議, 2019年1月17・18日〔18日〕, 東京(千代田区平河町)

佐藤知雄, 八木下尚子, 新谷奈津美, 井上永介, 松本直樹, 長谷川泰弘, 山野嘉久.
HAM患者に対する抗CCR4抗体長期投与試験の中間報告.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成30年度合同班会議, 2019年1月17・18日〔18日〕, 東京(千代田区平河町)

山内淳司, 山野嘉久, 湯沢賢治.
腎移植におけるHTLV-1感染リスクに関する全国疫学調査.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成30年度合同班会議, 2019年1月17・18日〔18日〕, 東京(千代田区平河町)

山野嘉久.
HAM関連研究班合同班会議, 2018年12月2日, 東京(千代田区)≪山野班CCR4・山野班エビデンス・HTLVガイドライン班≫

佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、井上永介、古田梨愛、渡邉俊樹、内丸薫、松岡雅雄、松本直樹、長谷川泰弘、山野嘉久.
HAM治療薬としての抗CCR4抗体製剤(モガムリズマブ).
第23回日本神経感染症学会総会・学術大会, 2018年10月19日~20日,東京(東京都江戸川区)

山内淳司、山野嘉久、佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、松岡雅雄、市丸直嗣、錦戸雅春、柴垣有吾、杉谷 篤、中村信之、三重野牧子、湯沢賢治.
腎移植患者のHTLV-1関連疾患発症に関する全国調査.
第23回日本神経感染症学会総会・学術大会, 2018年10月19日~20日,東京(東京都江戸川区)

山内淳司、山野嘉久、佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、松岡雅雄、市丸直嗣、錦戸雅春、柴垣有吾、杉谷 篤、中村信之、三重野牧子、湯沢賢治.
HTLV-1陽性臓器移植患者レジストリの構築.
第54回日本移植学会, 2018年10月3日~5日, 東京都(東京都港区)

佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、井上永介、古田梨愛、渡邉俊樹、内丸薫、松岡雅雄、松本直樹、長谷川 泰弘、山野 嘉久.
HTLV-1関連脊髄症に対する抗CCR4抗体製剤(モガムリズマブ)の医師主導治験.
第30回日本神経免疫学会, 2018年9月20日~21日, 福島(福島県郡山市)

八木下尚子、山内淳司、佐藤知雄、山野嘉久.
希少疾患HAMに対する患者レジストリの活用.
第30回日本神経免疫学会, 2018年9月20日~21日, 福島(福島県郡山市)

山内淳司、山野嘉久、佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、松岡雅雄、市丸直嗣、錦戸雅春、柴垣有吾、杉谷 篤、中村信之、三重野牧子、湯沢賢治.
腎移植後HTLV-1関連疾患の発症に関する全国調査.
第30回日本神経免疫学会, 2018年9月20日~21日, 福島(福島県郡山市)

佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、井上永介、古田梨愛、渡邉俊樹、内丸薫、松岡雅雄、松本直樹、長谷川泰弘、山野嘉久.
HAM患者に対する抗CCR4抗体製剤(モガムリズマブ)の安全性と有効性.
第5回日本HTLV-1学会学術集会, 2018年8月31日~9月2日, 東京(東京都千代田区)

八木下尚子、高橋克典、山内淳司、佐藤知雄、山野嘉久.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」の運営.
第5回日本HTLV-1学会学術集会, 2018年8月31日~9月2日, 東京(東京都千代田区)

山内淳司、山野嘉久、佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、松岡雅雄、市丸直嗣、錦戸雅春、柴垣有吾、杉谷 篤、中村信之、三重野牧子、湯沢賢治.
腎移植におけるHTLV-1感染症の危険性.
第5回日本HTLV-1学会学術集会, 2018年8月31日~9月2日, 東京(東京都千代田区)

山野嘉久.
希少難病HAMに対する新規治療薬の開発.
第75回聖マリアンナ医科大学医学会学術集会, 2018年7月14日, 川崎市(神奈川県川崎市宮前区菅生)

山野嘉久
・本研究班の概要について
・難病プラットフォームについて
AMED平成30年度 日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)「HAM・HTLV-1陽性難治性疾患の診療ガイドラインに資する統合的レジストリの構築によるエビデンスの創出」(山野班エビデンス)平成30年度第1回班会議, 2018年6月17日, 鹿児島(鹿児島県姶良市蒲生町久末)

山野嘉久.
患者レジストリが支えるHTLV-1関連脊髄症(HAM)研究の最近の進歩Recent Progress in the research for HTLV-1-associated Myelopathy (HAM) brought by patient registry.
第59回日本神経学会学術大会, 2018年5月23日~26日, 札幌(北海道札幌市中央区)

山野嘉久.
HAM患者悉皆登録システムと連動した臨床ゲノム情報基盤の構築.
HAM&HTLV-1診療ガイドライン班(山野班)・「ヒトとウイルスのゲノム情報と臨床情報の統合による HTLV-1関連疾患の診療支援全国ネットワークの確立」班(松田班)平成29年度合同班会議. 2018年2月27日, 京都(京都府京都市上京区河原町)

山野嘉久.
HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成.
平成29年度厚生労働省&AMED委託研究開発費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会. 2018年2月24日, 東京(港区白金台)

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
平成29年度厚生労働省&AMED委託研究開発費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会. 2018年2月24日, 東京(港区白金台)

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
難治性疾患実用化研究事業及び免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)2017年度合同成果報告会, 2018年2月9日, 神奈川(神奈川県横浜市西区)

山岸誠、新谷奈津美、石崎伊純、佐藤知雄、八木下尚子、中村龍文、渡邉俊樹、山野嘉久、内丸薫.
HAM発症に至る遺伝子発現異常の推移とATL発症リスク因子の同定の試み.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議, 2018年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)

佐藤賢文、宮里パオラ、勝屋弘雄、稲田優紀、宇都宮與、佐藤和雄、山野嘉久.
HTLV-1感染者末梢血中プロウイルス配列の網羅的解析.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議, 2018年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)

佐藤知雄、八木下尚子、玉木慶子、井上永介、長谷川大輔、新谷奈津美、長谷川泰弘、坪井義夫、高田礼子、山野嘉久.
HAMの新しい疾患活動性分類基準の提案.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議, 2018年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)

山野嘉久、佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、井上永介、古田梨愛、渡邉俊樹、内丸薫、松岡雅雄、松本直樹、長谷川泰弘.
HAM患者に対するヒト化抗CCR4抗体の第1/2a相試験.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議, 2018年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)

山野嘉久.
HAMに対する新規治療薬の開発.
第22回日本神経感染症学会, 10月13・14日〔14日〕, 福岡(北九州市)

山野嘉久.
・HAMに対する抗CCR4抗体の第1/2a相試験の結果ならびに開発進捗報告
・HAMに対するステロイドの医師主導治験の背景と進捗報告
・難病プラットフォーム(RADDAR-J)研究班の活動内容について
・診療ガイドラインの作成方針と役割分担、進捗状況について
・HAM患者の生命予後、ATL発症リスクについて
HAM関連研究班合同班会議, 2017年10月9日, 東京(千代田区)

山野嘉久.
希少難病HAMの患者レジストリを活用した治療薬開発への取り組みと展望.
第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017, 2017年9月2・3日〔2日〕, 愛知(名古屋市)

佐藤知雄, 井上永介, 八木下尚子, 新谷奈津美, 長谷川大輔, 高田礼子, 山野嘉久.
HAM患者レジストリを活用した低用量経口プレドニゾロン維持療法の有効性と安全性に関する検討.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日, 大阪府(枚方市)〔関西医科大学〕

八木下尚子, 佐藤知雄, 長谷川大輔, 新谷奈津美, 井上永介, 高田礼子, 山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の新たな運動障害重症度評価指標の提案.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日, 大阪府(枚方市)

Sawada L, Nagano Y, Hasegawa A, Ito S, Sato T, Yamano Y, Tanaka Y, Masuda T, Kannagi M.
Potential contribution of IL-10-mediated STAT3 signals to push HTLV-1-infected cells towards proliferation by enhancing survivin and IRF4 expression.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日〔19日〕, 大阪府(枚方市)

平野光人, 今井陽一, 神保光児, 小川弥穂, 越智清純, 川俣豊隆, 横山和明, 大野伸広, 山野嘉久, 福田隆浩, 内丸薫, 東條有伸.
ATL患者の同種造血幹細胞移植後に慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーを発症した3症例の解析.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日〔20日〕, 大阪府(枚方市)

長谷川大輔, 八木下尚子, 井上永介, 新谷奈津美, 髙田 礼子, 長谷川泰弘, 佐藤知雄, 山野嘉久.
臨床経過とバイオマーカーに基づくHAMの疾患活動性分類基準の提案.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日〔19日〕, 大阪府(枚方市)

宮地恵子, 東久世裕太, 小野達也, 永井豪, 篠田達也, 関野久邦, 井上恵, 三浦清徳, 小林誠一郎, 内丸薫, 山野嘉久.
HTLV-1 プロウイルスDNA検出キットの臨床的有用性の検討.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日(20日), 大阪府(枚方市)

山野嘉久.
HAMの患者レジストリによるリアルワールドデータを活用した治療薬開発の展望.
第4回日本HTLV-1学会学術集会, 2017年8月18~20日〔20日〕, 大阪府(枚方市)

夛田まや子、佐々木光穂、平田誠、樋野村亜希子、坂手龍一、山野嘉久、吉良潤一、小島裕人、小原有弘、松山晃文.
難病バンクにおける遺伝子探索導入による難病研究推進.
日本薬学会第137年会, 2017年3月24日~27日, 宮城県(仙台市)

山野嘉久.
・重要臨床課題とCQについて
・HAMねっとの概要とその疫学情報の活用について
・スコープ案について
・重要臨床課題とCQの再考
HAM関連研究班合同班会議, 2017年3月6日, 東京(千代田区)

山野嘉久.
・HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
・HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
HAM関連研究班合同班会議 活動報告, 2017年3月6日, 東京(千代田区)

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 2016年度合同成果報告会, 2017年2月10日, 東京(千代田区内幸町)

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 2016年度合同成果報告会, 2017年2月10日, 東京(千代田区内幸町)

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 2016年度合同成果報告会, 2017年2月10日, 東京(千代田区内幸町)

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
HTLV-1関連疾患研究領域 研究班合同発表会, 2017年2月4日, 東京(港区白金台)

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
HTLV-1関連疾患研究領域 研究班合同発表会, 2017年2月4日, 東京(港区白金台)

山野嘉久.
HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成.
HTLV-1関連疾患研究領域 研究班合同発表会, 2017年2月4日, 東京(港区白金台)〕

山野嘉久.
・重要臨床課題とCQについて
・HAMねっとの概要とその疫学情報の活用について
・スコープ案について
・重要臨床課題とCQの再考
平成28年度第3回HTLVガイドライン班班会議, 2017年1月20日, 東京(千代田区)

山川 奈津子, 天野佐亞哉, 川上仁美, 山下瞳, 八木下尚子, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 松尾朋博, 山野嘉久.
HAMの新しい排尿障害重症度評価指標の提案.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議, 2017年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)

新谷奈津美, 佐藤知雄, 八木下尚子, 渡邉俊樹, 内丸薫, 山野嘉久.
HAMにおけるATLの合併率、発症率および高リスク群に関する解析.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議, 2017年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)

山岸誠, 新谷奈津美, 中野和民, 佐藤知雄, 八木下尚子, 渡邉俊樹, 山野嘉久, 内丸薫.
HAMとATLの発症機構と病態の解明に向けた遺伝子発現の網羅的比較解析.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議, 2017年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)

佐藤賢文, 宮里パオラ, 山野嘉久.
DNAプローブと次世代シークエンスを活用した高精度HTLV-1プロウイルス解析法の開発.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議, 2017年1月18・19日〔19日〕, 東京(千代田区平河町)

山野嘉久.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」による難病医療の向上を目指して.
AMED連携シンポジウム, 2017年1月6日, 東京(千代田区大手町)

山野嘉久.
HAMにおけるATLの発症率および高リスク群の解析.
高嶋班班会議 12月16日, 日本医療研究開発機構難治性疾患実用化研究事業「神経筋疾患の原因究明および革新的治療法開発に関する研究」(高嶋班)平成28年度研究班会議, 2016年12月16日, 鹿児島

山野嘉久.
生体腎移植におけるHTLV-1感染リスクについて.
第53回大阪腎移植病理組織研究会, 2016年11月11日, 大阪(大阪市北区)

Sawada L, 永野佳子, 長谷川温彦, 金井光, 佐藤知雄, 山野嘉久, 田中勇悦, 神奈木真理.
IL-10はsurvivinとIRF4の誘導を介してHTLV-1感染細胞の増殖を促進する.
第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月6日~8日〔7日〕, 神奈川(横浜市西区)

山野嘉久.
HAMのCCR4モノクローナル抗体療法.
第34回日本神経治療学会総会, 2016年11月3日~5日〔4日〕, 鳥取(米子市)

山野嘉久.
・ガイドラインのスコープについて
・HTLV-1 PCR検査(定性試験)について
・HAMにおけるATL発症リスクの頻度とHAS-Flow法を用いた予測
平成28年度厚生労働科学研究費「HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成」(山野班)「HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築「(岡山班)合同班会議, 2016年10月30日, 東京都(港区)

藤田英俊、荒谷聡子、八木下尚子、山野嘉久、須藤カツ子、内野博之、西岡久寿樹、中島利博.
リウマチ発症因子シノビオリンによる新規エネルギー代謝機構の解明.
第3回JCRベーシックリサーチカンファレンス, 2016年10月14-15日, 東京.

荒谷聡子、藤田英俊、八木下尚子、山野嘉久、西岡久寿樹、中島利博.
関節リウマチにおける転写後修飾による多重化シグナル調節機構の解析.
第3回JCRベーシックリサーチカンファレンス, 2016年10月14-15日, 東京.

山野嘉久.
希少難病HAMの分子病態解明による治療薬開発の新展開.
第1回日本臨床薬理学会関東・甲信越地方会, 2016年9月3日, 神奈川(横浜)

津川浩一郎、山野嘉久、中島貴子、上野隆彦、牛谷真由美、桑原理恵、藤原佐百合、小林理々子.
聖マリアンナ医科大学臨床研究データセンターの現状.
第1回日本臨床薬理学会関東・甲信越地方会, 2016年9月3日, 神奈川(横浜)

山野嘉久.
HAMの分子病態解明による治療薬開発の新展開.
第3回日本HTLV-1学会学術集会, 2016年8月26日~28日, 鹿児島

新谷奈津美、佐藤知雄、八木下尚子、高橋克典、内丸薫、山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)におけるHAS-Flow法を用いたATL発症高危険度患者の予測.
第3回日本HTLV-1学会学術集会, 2016年8月26日~28日, 鹿児島

井上永介、Ariella Coler-Reilly、新谷奈津美、八木下尚子、佐藤知雄、高田礼子、山野嘉久.
HAM発症から診断までの期間における納の運動障害重症度の経時推移の解析.
第3回日本HTLV-1学会学術集会, 2016年8月26日~28日, 鹿児島

佐藤知雄、Ariella Coler-Reilly、新谷奈津美、八木下尚子、中村龍文、永井将弘、新野正明、竹ノ内徳博、中川正法、松崎敏男、山野嘉久.
HAM患者に対する経口ステロイド維持療法の長期的効果.
第3回日本HTLV-1学会学術集会, 2016年8月26日~28日, 鹿児島

玉木慶子、佐藤知雄、津川潤、山野嘉久、坪井義夫.
HAM患者における治療効果を予測するバイオマーカーの検討.
第3回日本HTLV-1学会学術集会, 2016年8月26日~28日, 鹿児島

山野嘉久.
腎移植患者のHTLV-1感染とHAM発症.
第49回日本臨床腎移植学会, 2016年3月25日, 鳥取(米子市)

山野嘉久, 長谷川泰弘, 松本直樹, 井上永介3、松岡雅雄4、内丸薫, 髙田礼子, 中島孝, 森豊隆志.
HAMに対するヒト化抗CCR4抗体の医師主導治験.
2015年度AMED 6事業合同成果報告会, 2016年2月12日, 東京

山野嘉久, 長谷川泰弘, 新野正明, 藤原一男, 中川正法, 竹之内徳博, 永井将弘, 吉良潤一, 中村龍文, 髙嶋博, 渡嘉敷崇, 米澤久司, 坪井義夫, 髙田礼子, 齊藤峰輝, 外丸詩野, 植田幸嗣、松田文彦, 井上永介.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
2015年度AMED 6事業合同成果報告会, 2016年2月12日, 東京

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
平成27年度厚生労働科学研究費&日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発費 HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2016年2月6日, 東京

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品の開発促進に関する研究.
平成27年度厚生労働科学研究費&日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発費 HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会, 2016年2月6日, 東京

佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、山野嘉久.
HAMの進行度の特徴と関連バイオマーカーの検討.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成27年度合同班会議, 2016年1月21日, 東京

玉木慶子, 津川潤, 佐藤知雄, 山野嘉久, 坪井義夫.
HAMにおける治療効果を予想するバイオマーカーの検討.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成27年度合同班会議, 2016年1月21日, 東京

山野嘉久、山内淳司、佐藤知雄、八木下尚子、新谷奈津美、大勝秀樹、長谷川泰弘、湯沢賢治.
HTLV-1陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植によるHAMの特徴.
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成27年度合同班会議, 2016年1月21日, 東京

山野嘉久.
HTLV-1陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植によるHAMの特徴について.
日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)「神経筋疾患の原因究明および革新的治療法開発に関する研究」平成27年度班会議, 2015年12月18日, 鹿児島

山野嘉久.
HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究.
革新的医療技術創出拠点プロジェクト統合戦略会議, 2015年11月10日, 東京(東京都千代田区)

山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)に対する抗CCR4抗体療法の開発.
第43回日本臨床免疫学会総会, 2015年10月22日~24日, 兵庫(神戸市中央区)

石原誠人, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 藤井理沙, 最知直美, 宇都宮與, 山野嘉久, 植田幸嗣.
定量膜プロテオーム解析による成人 T 細胞性白血病に対する治療標的の探索,
第74回日本癌学会学術集会, 2015年10月9日, 名古屋(名古屋市熱田区)

山野嘉久.
臓器移植後に伴うHTLV-1関連疾患発症の実態について.
第9回HTLV-1対策推進協議会, 2015年9月30日, 東京(東京都千代田区)

山野嘉久.
HAMの治療展望.
第27回日本神経免疫学会学術集会, 2015年9月15~16日〔15日〕, 岐阜(岐阜市)

山野嘉久.
希少難病HAM患者レジストリー「HAMねっと」の臨床研究・治験への応用 ~運営事務局の立場から~.
第15回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2015 inKOBE. 2015年9月12日, 兵庫(神戸市中央区)

夛田まや子, 佐々木光穂, 平田誠, 樋野村亜希子, 坂手龍一, 西下直希, 山野嘉久, 吉良潤一, 小原有弘, 松山晃文.
難病バンクにおけるHLAタイピング導入による難病研究推進.
第24回日本組織適合性学会, 2015年9月10日~12日, 茨城(水戸市)

倉光球, 大隈和, 矢持忠徳, 山野嘉久, 長谷川寛雄, 上平憲, 岡山昭彦, 久保田龍二, 出雲周二, 成瀬功, 相良康子, 佐竹正博, 渡邉俊樹, 山口一成, 浜口功.
HTLV-1核酸検査の標準化および検出感度の検討:多施設共同研究.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

石原誠人, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 藤井理沙, 最知直美, 宇都宮與, 山野嘉久, 植田幸嗣.
末梢血CD4陽性T細胞を用いた膜プロテオーム解析によるHTLV-1関連疾患に対する新規治療標的の探索.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

山内淳司, 佐藤知雄, 八木下尚子, 新谷奈津美, 大勝秀樹, 長谷川泰弘, 力石辰也, 柴垣有吾, 湯沢賢治, 山野嘉久.
HTLV-1陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植によるHAMの特徴.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

佐藤知雄, 安藤仁, 高橋克典, 國友康夫, Ariella Coler-Reilly, 新谷奈津美, 八木下尚子, 山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)における髄液細胞のケモカイン受容体解析.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

鈴木弘子, 石川美穂, 小池美佳子, 齊藤祐美, 八木下尚子, 山野嘉久.
HAM患者の思いを知る?SEIQoL-DW(個人の生活の質評価法)を用いた関わりを通して?.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

八木下尚子, 鈴木弘子, 石川美穂, 小池美佳子, 齊藤祐美, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 高田礼子, 山野嘉久. HAM患者レジストリ
「HAMねっと」の経年的患者満足度調査.
第2回日本HTLV-1学会学術集会, 2015年8月22日~23日, 東京都(港区)

山野嘉久.
希少難病を知る-再発性多発軟骨炎の病態-.
第20回日本難病看護学会学術集会, 2015年7月25日, 東京(大田区)

石原誠人, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 藤井理沙, 最知直美, 宇都宮與, 山野嘉久, 植田幸嗣.
定量膜プロテオーム解析によるヒト T 細胞性白血病ウイルス1型(HTLV-1)関連疾患に対する新規治療標的の探索.
日本プロテオーム学会2015年会(JHUPO 第13会大会), 2015年7月23日~24日, 熊本

山内淳司, 柴垣有吾, 佐藤知雄, 八木下尚子, 新谷奈津美, 山野嘉久, 力石辰也.
HTLV-1陽性ドナーからの生体腎移植によりレシピエントに発症するHAMの特徴.
第60回日本透析医学会学術集会・総会, 2015年6月26日~28日, 横浜

山野嘉久, 山内淳司, 大勝秀樹, 佐藤知雄, 八木下尚子, 新谷奈津美, 長谷川泰弘, 力石辰也, 柴垣有吾.
HTLV-1陽性ドナーからの生体腎移植によるHAMの発症率と特徴.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟(新潟市中央区)

野妻 智嗣, 松浦 英治,  久保田 龍二, 児玉 大介 松崎 敏男, 渡邊 修, 三井 純, 石浦 浩之, 山野 嘉久, 辻 省次, 出雲 周二, 髙嶋 博.
エクソーム関連解析によるHAM疾患感受性遺伝子の探索.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟(新潟市中央区)

佐藤健太郎, 菊池崇之, 木村未祐奈, 込田みどり, 島田奏, 関来未, 橘茉莉花, 八木下尚子, 佐藤知雄, 新谷奈津美, 石川美穂, 小池美佳子, 齋藤祐美, 鈴木弘子, 高田礼子, 山野嘉久.
患者レジストリへの介入方法と患者満足度の変化.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟

木村未祐奈, 佐藤健太郎, 菊池崇之, 八木下尚子, 新谷奈津美, 石川美穂, 小池美佳子, 齋藤祐美, 佐藤知雄, 鈴木弘子, 木村美也子, 高田礼子, 山野嘉久.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」を活用した経年的前向き調査.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟(新潟市中央区)

沢辺愛加, 根岸由衣, 野田和里, 平井祐士, 井上永介, 新谷奈津美, 八木下尚子, 佐藤知雄, 山野嘉久.
希少難病HAMの臨床的有効性評価指標の検討.
第56回日本神経学会学術大会, 2015年5月20日~23日, 新潟(新潟市中央区)〔朱鷺メッセ

山野嘉久.
・山野班(HAM治験研究班/HAM病態研究班)の概要について(山野班)
・HAM多施設共同前向き臨床研究の概要(山野班)
・HAMに対するステロイド医師主導治験について(岡山班)
日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)「HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築」「HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究」「HAMに対する日本発の革新的治療となる抗CCR4抗体の実用化研究」
平成27年度第1回岡山班/山野班合同班会議, 平成27年5月17日, 東京都(千代田区)

山野嘉久.
HAMに対するヒト化抗CCR4抗体の医師主導治験/Investigator-initiated clinical trial of humanized anti-CCR4 antibody in HAM.
平成26年度厚生労働科学特別研究事業 進捗管理班 成果報告会, 2015年3月13日, 東京都(中央区)

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
平成26年度厚生労働科学特別研究事業 進捗管理班 成果報告会, 2015年3月13日, 東京都(中央区)

山野嘉久.
HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発.
平成26年度厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会, 2015年2月7日, 東京都(港区)

山野嘉久.
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究.
平成26年度厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会, 2015年2月7日, 東京都(港区)

山野嘉久.
HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発班およびHAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究班 概要説明.
平成26年度厚生労働科学研究費難病政策および実用化研究班合同班会議, 2015年1月21日~22日, 東京都(千代田区)

新谷奈津美, 山野嘉久.
HAMにおけるTh1-like CD4+CCR4+ T細胞の発生機構と病態形成への関わり.
平成26年度厚生労働科学研究費難病政策および実用化研究班合同班会議, 2015年1月21日~22日, 東京都(千代田区)

佐藤知雄, 山内淳司, アリエラ・コラーライリー, 新谷奈津美, 八木下尚子, 安藤仁, 齊藤祐美, 國友康夫, 高橋克典, 山野嘉久.
HAMに対する抗CCR4抗体の有用性およびCCR4+CD8+T細胞の病的意義に関する検討.
平成26年度厚生労働科学研究費難病政策および実用化研究班合同班会議, 2015年1月21日~22日, 東京都(千代田区)

八木下尚子, 鈴木弘子, 石川美穂, 小池美佳子, 齊藤祐美, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 木村美也子, 山野嘉久, 高田礼子.
HAM患者レジストリ「HAMねっと」を活用した経年的前向き調査の概要報告.
平成26年度厚生労働科学研究費難病政策および実用化研究班合同班会議, 2015年1月21日~22日, 東京都(千代田区)

山野嘉久.
希少な神経難病:HTLV-1関連脊髄症(HAM)の新薬開発への挑戦,
第35回日本臨床薬理学会学術総会 シンポジウム24, 2014年12月4日, 愛媛県(松山市)

Kawamata T, Ohno N, Sato K, Kobayashi M, Jo N, Yuji K, Tanosaki R, Yamano Y, Uchimaru K and Tojo A.
Differential diagnosis of by flowcytometric analysis of post allo-SCT myelopathy; a case report.
第76回日本血液学会学術集会 , 2014年10月31日~11月2日(11月1日), 大阪府(大阪市北区)

山野嘉久.
重症な慢性疲労症候群患者の日常生活困難度に関する調査の紹介.
厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(障害者対策総合研究開発事業(神経・筋疾患分野))慢性疲労症候群の病因病態の解明と画期的診断・治療法の開発研究班, 平成26年度第2回班会議, 2014年10月12日, 大阪府(大阪市北区)

夛田まや子, 平田誠, 佐々木光穂, 樋野村亜希子, 前畑みどり, 高橋一朗, 増井徹, 山野嘉久, 吉良潤一, 米田悦啓, 坂手龍一.
難病研究資源バンクにおける収集試料のHLAタイピング実施による難病研究の推進.
第23回日本組織適合性学会大会, 2014年9月13日~15日, 長崎県(長崎市)

佐藤知雄、新谷奈津美、安藤仁、山内淳司、國友康夫、高橋克典、斎藤祐美、石川美穂、八木下尚子、山野嘉久.
HAMにおけるTh1様異常T細胞の発生機構および病態への関与,
第19回日本神経感染症学会総会学術集会・第26回日本神経免疫学会学術集会合同学術集会, 2014年9月4日~6日, 石川県(金沢市)

山内淳司, 新谷奈津美, 安藤仁, Ariella Coler-Reilly, 國友康夫, 高橋克典, 八木下尚子, 佐藤知雄, 宇都宮與, 山野嘉久.
HAMにおける抗CCR4抗体療法の有用性およびCCR4+CD8+T細胞の異常に関する検討.
第19回日本神経感染症学会総会学術集会・第26回日本神経免疫学会学術集会合同学術集会, 2014年9月4日~6日, 石川県(金沢市)

余郷麻希子,大本周作,向井泰司,安部宏,相澤良夫,高橋利幸,山野嘉久,鈴木正彦. 慢性C型肝炎に対するインターフェロン療法後に、抗アクアポリン4抗体及び抗HTLV-1抗体陽性の脊髄長大病変を呈した49歳女性例.
第210回日本神経学会関東・甲信越地方会, 2014年9月6日, 東京都(千代田区)

山野嘉久, 木村美也子, 八木下尚子, 鈴木弘子, 石川美穂, 小池美佳子, 齊藤 祐美, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 高田礼子.
HAM患者登録システム「HAMねっと」を用いた疫学的解析.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

佐藤知雄, 井上永介, 新谷奈津美, 高橋克典, 國友康夫, Ariella Coler-Reilly, 山内淳司, 八木下尚子, 山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の臨床的評価指標の有用性に関する検討.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

新谷奈津美, 佐藤知雄, 安藤仁, 外丸詩野, Ariella Coler-Reilly, 八木下尚子, 山内淳司, 長谷川温彦, 神奈木真理, 田中勇悦, 宇都宮與, 山野嘉久.
HTLV-1によるHTLV-1関連脊髄症(HAM)病原性T細胞の発生機構の解析.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

八木下尚子, 有福厚孝, 菊池崇之, 木村未祐奈, 佐藤健太郎, 石川美穂, 鈴木弘子, 小池美佳子, 齊藤祐美, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 木村美也子, 高田礼子, 山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)患者登録システム「HAMねっと」の患者満足度調査.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

山内淳司, 新谷奈津美, 安藤仁, 國友康夫, 高橋克典, Ariella Coler-Reilly, 八木下尚子, 佐藤知雄, 宇都宮與, 山野嘉久.
HAMにおける抗CCR4抗体療法の有用性およびCCR4+CD8+T細胞の異常に関する検討.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

遠藤寿子, 中島孝, 池田哲彦, 大田健太郎, 會田泉, 米持洋介, 山野嘉久.
HAMの歩行不安定症に対する歩行改善プログラムに関する検討.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

寺田裕紀子, 鴨居功樹, 山野ちなみ, 山野嘉久.
HTLV-1キャリアに合併した関節リウマチに対する生物学的製剤の使用でHTLV-1ぶどう膜炎とHTLV-1関連脊髄症が悪化した1例.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

石原誠人, 新谷奈津美, 佐藤知雄, 藤井理沙, 最知直美, 宇都宮與, 山野嘉久, 菅野純夫, 植田幸嗣.
CD4陽性T細胞を用いた膜プロテオーム解析によるHTLV-1関連脊髄症に対する新規治療標的分子の探索.
第1回日本HTLV-1学会学術集会, 2014年8月22日~24日, 東京都(港区)

山野嘉久.
HAMに対する標準治療の確立に資する臨床試験実施を目指した研究. 厚生労働科学研究委託業務 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾患実用化研究事業))「HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築」班,
平成26年度第1回班会議, 2014年8月 東京

山野嘉久.
・研究班活動の全体像について
・HAMに対するKW-0761第I/IIa相臨床試験(医師主導治験)の進捗状況
・HAMの有効性評価指標に関する前向き多施設共同臨床試験について~主旨と概要~
・HAMねっとの進捗状況と平成25年度疫学調査結果について
・HAMに対するステロイドの国際共同臨床試験について~背景について~
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾患実用化研究事業)「HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発」班・厚生労働科学研究委託業務 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾患実用化研究事業))「HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究」班,
平成26年度第1回合同班会議, 2014年7月 東京

菊池崇之, 有福厚孝, 木村未祐奈, 佐藤健太郎, 本橋隆子, 木村美也子, 網中雅仁, 高田礼子, 八木下尚子, 山野嘉久.
患者QOLの改善に向けた患者レジストリの満足度調査. 第55回日本神経学会学術大会,
2014年5月 福岡

山野嘉久.
HAMの炎症慢性化におけるastrocyteを介した炎症悪性ループの重要性.
第55回日本神経学会学術大会,
2014年5月 福岡

菊池崇之, 有福厚孝, 木村未祐奈, 佐藤健太郎, 本橋隆子, 木村美也子, 網中雅仁, 高田礼子, 八木下尚子, 山野嘉久.
患者QOLの改善に向けた患者レジストリの満足度調査.
第55回日本神経学会学術大会,
2014年5月 福岡

Yagishita N, Aratani S, Fujita H, Yamano Y, Nishioka K, Nakajima T.
The role of E3 ubiquitin ligase Synoviolin in bone destruction of rheumatoid arthritis.
第58回日本リウマチ学会総会・学術集会,
2014年4月 東京

山野嘉久.
HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発.
平成25年度厚生労働科学研究費「HTLV-1関連疾患研究領域」研究班合同発表会,
2014年2月 東京

山野嘉久.
FM患者における抗電位依存性K+チャネル(VGKC)複合体抗体の高い陽性率.
平成25年度厚生労働科学研究費補助金慢性の痛み対策研究事業「線維筋痛症をモデルとした慢性疼痛機序の解明と治療法の確立に関する研究」班総括班会議,
2014年2月 三重

山野嘉久.
HAMの治験にむけて.(座長)
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「希少性難治性疾患-神経・筋難病疾患の進行抑制治療効果を得るための新たな医療機器、生体電位等で随意コントロールされた下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)に関する医師主導治験の実施研究」平成25年度第2回班員会議,
2014年1月 東京

山野嘉久.
HAMの炎症慢性化におけるアストロサイトを介した炎症増幅ループの重要性.
平成25年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「免疫性神経疾患に関する調査研究」班平成25年度班会議,
2014年1月 東京

山野嘉久.
HAMの炎症慢性化におけるアストロサイトを介した炎症増幅ループの重要性.
厚生労働科学研究費補助金 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業「次世代遺伝子解析技術を用いた希少難治性疾患の原因究明及び病態解明に関する研究」班平成25年度班会議,
2013年12月 鹿児島

山野嘉久, Ariella Coler-Reilly, 八木下尚子, 佐藤知雄, 新谷奈津美, 橋本充代, 木村美也子, 高田礼子.
HAM患者登録システム(HAMねっと)の構築による疫学調査と満足度調査の概要報告,
第34回日本臨床薬理学会学術総会,
2013年12月 東京

山野嘉久.
HAMにおけるバイオマーカーと炎症慢性化機構,
厚生労働省科学研究費補助金障害者対策総合研究事業「慢性疲労症候群の病因病態の解明と画期的診断・治療法の開発」班 平成25年度第2回班会議,
2013年12月 大阪

山野嘉久, 山内淳司, 新谷奈津美, 安藤仁, Ariella Color-Reilly, 八木下尚子, 宇都宮與, 佐藤知雄.
HAMにおける抗CCR4抗体製剤の有用性に関する検討,
第25回日本神経免疫学会学術集会,
2013年11月 山口

山野嘉久.
HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発,
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発」 班 平成25年度第1回班会議,
2013年11月 東京

石原誠人、新谷奈津美、佐藤知雄、宇都宮與、中川英刀、山野嘉久、植田幸嗣.
成人T細胞白血病ウイルス関連疾患における新規治療標的同定を目的とした定量膜プロテオームプロファイリング.
第72回日本癌学会学術総会,
2013年10月 神奈川

Hasegawa A, Tamai Y, Takamori A, Sasada A, Tanosaki R, Choi I, Utsunomiya A, Suehiro Y, Maeda Y, Yamano Y, Uike N, Kannagi M.
同種造血幹細胞移植後ATL患者からの新規HTLV-1特異的CD4エピトープの同定(Identification of novel HTLV-1-specific CD4 epitopes in ATL patients after hematopoietic stem cell transplantation.)
第72回日本癌学会学術総会,
2013年10 神奈川

山野嘉久、渡邊修、西岡健弥、臼井千恵、長田賢一、荒谷聡子、藤田英俊、八木下尚子、伊藤健司、中村郁朗、岡寛、中島利博、西岡久寿樹.
FM患者における抗電位依存性K+チャネル(VGKC)複合体抗体の高い陽性率.
日本線維筋痛症学会第5回学術集会,
2013年10月 神奈川

山野嘉久.
HAMについての総論,
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「希少性難治性疾患-神経・筋難病疾患の進行抑制治療効果を得るための新たな医療機器、生体電位等で随意コントロールされた下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)に関する医師主導治験の実施研究」平成25年度第1回班員会議,
2013年9月 茨城

Yamano Y.
Development of novel molecular targeted therapies for HAM/TSP.
第6回HTLV-1研究会・シンポジウム/第3回HTLV-1国際シンポジウム
2013年8月 東京

佐藤知雄、新谷奈津美、安藤仁、Ariella Coler-Reilly、山内淳司、八木下尚子、山野嘉久.
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の治療標的としてのCCR4+CD4+T細胞.
第6回HTLV-1研究会・シンポジウム
2013年8月 東京

Coler-Reilly A, Hashimoto M, Yagishita N, Sato T, Ando H, Yamauchi J, Araya N, Kimura M, Yamano Y, and Takata A.
The “HAM-net” HAM/TSP Patient Registration System and its Applications: A Sampling of Epidemiological Findings in Japan.
第6回HTLV-1研究会・シンポジウム
2013年8月 東京

石原 誠人、新谷奈津美、佐藤知雄、山野嘉久、中川英刀、植田幸嗣.
脳脊髄液プロテオーム解析によるヒトTリンパ好性ウイルス関連脊髄症(HAM/TSP)に対する重症度診断アルゴリズムの構築.
第6回HTLV-1研究会・シンポジウム
2013年8月 東京

山野嘉久、橋本充代、佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、高田礼子.
HAM患者登録システム(HAMねっと)の構築および登録患者の調査概要報告.
第54回日本神経学会学術大会,
2013年5月 東京

山野 嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の新規医薬品開発に関する研究
平成24年度厚生労働科学研究費HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会
2013年2月 東京

山野嘉久
線維筋痛症患者における抗VGKC複合体抗体の測定
厚生労働科学研究費補助金慢性の痛み対策研究事業「線維筋痛症をモデルとした慢性疼痛機序の解明と治療法の確立に関する研究」班平成24年度第2回班会議
2013年2月 三重

高田礼子、橋本充代、佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、山野嘉久
HAM患者登録システム(HAMねっと)の構築および登録患者の調査概要報告
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「免疫性神経疾患に関する調査研究」班平成24年度班会議
2013年1月 東京

佐藤知雄、新谷奈津美、安藤仁、山内淳司、八木下尚子、山野嘉久
HAMにおけるCCR4+CD4+T細胞の異常
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「免疫性神経疾患に関する調査研究」班平成24年度班会議
2013年1月 東京

山野嘉久
HAMにおける免疫異常ならびに家族内発症について
厚生労働科学研究費補助金 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業(難病関係研究分野)「次世代遺伝子解析技術を用いた希少難治性疾患の原因究明及び病態解明に関する研究」班平成24年度班会議
2012年12月 鹿児島

山野嘉久
HAMの新規バイオマーカー候補分子髄液CXCL10の病態における重要性
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)出雲班班会議「重症度別治療指針作成に資すHAMの新規バイオマーカー同定と病因細胞を標的とする新規治療法の開発」平成24年度第2回班会議
2012年11月 鹿児島

山内淳司、安藤仁、新谷奈津美、佐藤知雄、八木下尚子、山野嘉久.
ステロイドのHAM患者血中HTLV-1プロウイルス量に対する影響と免疫抑制によるHTLV-1関連疾患発症リスクに関する検討
第17回日本神経感染症学会
2012年10月 京都

佐藤知雄、安藤仁、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、出雲周二、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の進行度に関連するバイオマーカーの同定
第17回日本神経感染症学会
2012年10月 京都

山野嘉久 座長:レトロウイルス:HIV,HTLV-1
第17回日本神経感染症学会
2012年10月 京都

安藤仁、佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、山内淳司、アリエラ・コラーライリー、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の炎症慢性化に果たすCXCL10の役割と治療応用への解析
第17回日本神経感染症学会 2012年10月 京都
【2012年度最優秀口演賞受賞】

山野嘉久、安藤仁、佐藤知雄、外丸詩野、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、吉田眞理、宇都宮與
HAMにおけるCXCL10の炎症慢性化機構における重要性と治療標的としての可能性
第24回日本神経免疫学会学術集会
2012年9月 長野

中島利博、荒谷聡子、臼井千恵、八木下尚子、西岡健弥、山野嘉久、藤田英俊、伊藤健司、長田賢一、中村郁朗、岡寛、西岡久寿樹
線維筋痛症研究プラットフォームの確立と疼痛シグナル解析モデルの構築
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎

山野嘉久、渡邉修、荒谷聡子、八木下尚子、藤田英俊、臼井千恵、西岡健弥、伊藤健司、長田賢一、中村郁朗、岡寛、中島利博、西岡久寿樹
線維筋痛症患者における抗VGKC複合体抗体の測定
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎

西岡健弥、中村郁朗、臼井千恵、山野嘉久、長田賢一、西岡久寿樹
FAS-31を用いた線維筋痛症の治療評価
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎

中村郁朗、西岡健弥、臼井千恵、長田賢一、山野嘉久、友利新、一林久雄、石田光裕、松本美富士、西岡久寿樹
本邦における線維筋痛症のインターネットによる疫学調査
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎

西岡健弥、臼井千恵、岡寛、長田賢一、山野嘉久、西岡久寿樹
線維筋痛症におけるRestless legs syndromeの合併と治療について
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎

荒谷聡子、臼井千恵、八木下尚子、西岡健弥、山野嘉久、藤田英俊、伊藤健司、長田賢一、中村郁朗、岡寛、西岡久寿樹、中島利博
線維筋痛症における疼痛シグナル解析モデルの構築
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎

岡寛、臼井千恵、西岡健弥、山野嘉久、中村郁朗、荒谷聡子、中島利博、西岡久寿樹
線維筋痛症におけるプレガバリンとCPKの上昇について-臨床例からの解析-
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎

山野嘉久 座長:教育講演「小児期の線維筋痛症の特徴と問題点」
日本線維筋痛症学会第4回学術集会
2012年9月 長崎

佐藤知雄、安藤仁、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、出雲周二、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の進行度に関連する新規バイオマーカーとしての髄液CXCL10の重要性
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京

齊藤祐美 高田礼子、菊地誠志、藤原一男、中川正法、竹之内徳博、永井将弘、吉良潤一、中村龍文、髙嶋博、齊藤峰輝、渡嘉敷崇、法化図陽一、松崎敏男、出雲周二、山野嘉久
HAM患者登録システム(HAMねっと)の構築
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京

安藤仁、佐藤知雄、新谷奈津美、八木下尚子、山内淳司、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の炎症慢性化に果たすCXCL10の役割と治療応用への解析
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京

石原誠人、新谷奈津美、佐藤知雄、山野嘉久、中村祐輔、中川英刀、植田幸嗣
脳脊髄液プロテオームプロファイリングによるHAM/TSP重症度指針マーカーの同定
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京

山内淳司、安藤仁、新谷奈津美、佐藤知雄、八木下尚子、山野嘉久
ステロイドの血中HTLV-1プロウイルス量に対する影響と免疫抑制によるHTLV-1関連疾患発症リスクに関する検討
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京

長谷川温彦、高森絢子、宇都宮與、前田裕弘、山野嘉久、増田昌人、清水由紀子、玉井洋太郎、笹田亜麻子、崔日承、鵜池直邦、岡村純、渡邉俊樹、神奈木真理
HTLV-1感染者におけるTax特異的T細胞応答およびATL発症予防
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京

山野嘉久
HAMにおけるHTLV-1感染T細胞の異常
第5回HTLV-1研究会・第1回ATLシンポジウム・HTLV-1国際シンポジウム
2012年8月 東京

山野嘉久
・HAMに対する抗CCR4抗体を用いた医師主導治験の背景と概要
・急速進行の経過を示したHAM患者の症例提示
・国際共同臨床試験の背景と概要・生物統計学的背景
平成24年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「HAMの新規医薬品開発に関する研究」平成24年度第1回班会議
2012年8月 東京

山野嘉久
HAM(HTLV-1関連脊髄症)対策に関する現状と課題 第3回HTLV-1対策推進協議会
2012年6月 東京

山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の臨床経過と関連する疾患活動性マーカーの同定
第53回日本神経学会学術大会
2012年5月 東京

山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の新規医薬品開発に関する研究 HTLV-1関連疾患研究領域研究班合同発表会
2012年3月 東京

山野嘉久
線維筋痛症患者における抗VGKC抗体の測定 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 慢性の痛み対策研究事業「線維筋痛症をモデルとした慢性疼痛機序の解明と治療法の確立に関する研究」研究報告会
2012年2月 三重

山野嘉久
CFS実態調査の結果および患者会との交流 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業「自律神経機能異常を伴い慢性的な疲労を訴える患者に対する客観的な疲労診断法の確立と慢性疲労診断指針の作成」研究班 班会議
2012年1月 東京

安藤仁、佐藤知雄、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の慢性炎症におけるCXCL10の重要性に関する解析 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難知性疾患克服研究事業 「免疫性神経疾患に関する調査研究」班会議
2012年1月 東京

佐藤知雄、 安藤仁、新谷奈津美、山内淳司、八木下尚子、出雲周二、山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)の疾患活動性バイオマーカーに関する解析 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難知性疾患克服研究事業 「免疫性神経疾患に関する調査研究」班会議
2012年1月 東京

山野嘉久 基調演説および議事進行
(1)HAM患者ウェブ登録システムの内容とコホート研究の進め方について
(2) サンプルセンターの内容と連携体制の構築について
(3) 治療実態調査の結果ご報告と今後の課題
(4) 国際共同臨床試験の内容
(5) 新規医薬品開発研究の進展状況
平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難知性疾患克服研究事業「HAMの新規医薬品開発に関する研究」平成23年度第1回班会議
2012年1月 東京

山野嘉久
HTLV-1関連脊髄症(HAM)患者生体資料の収集保存と難病研究資源バンクとの連携の確立 平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 難知性疾患克服研究事業「難治性疾患克服のための難病研究資源バンク開発研究」平成23年度班会議
2012年1月 大阪

2011年以前の国内学会 はこちら 過去の国内学会.pdf